更新情報

17/03/30
山口県防府市
鋳物師車塚古墳最新画像追加
鋳物師大師塚古墳最新画像追加

17/03/23
山口県防府市
多々良寺山古墳群

17/03/16
山口県防府市
向山古墳群最新画像追加
二六台古墳

17/03/09
山口県山口市
才谷古墳
広沢寺古墳最新画像追加


各県別青森
秋田岩手
山形宮城
佐賀福岡山口島根鳥取福井石川新潟栃木福島
長崎大分広島岡山兵庫京都滋賀富山群馬埼玉茨城
熊本宮崎愛媛香川大阪奈良岐阜長野山梨東京千葉
鹿児島高知徳島和歌山三重愛知静岡神奈川

ブログのURL http://kofunoheya.blog.fc2.com/
に直接アクセスすると画像が大量に表示されるため重くなります。
この記事のURL http://kofunoheya.blog.fc2.com/blog-entry-2726.html
に直接アクセスすると画像が無いためその分表示が早くなります。

#リンクは自由ですがブログでなくホームページの方でお願いします。
#古墳の経緯度は全て日本測地系です、使用する地図によって測地系が異なるので注意してください。
 googlemapでそのまま使うと位置が南東にずれるので世界測地系に変換してからお使いください。
[ 2017年03月30日 18:41 ] カテゴリ:未分類 | TB(-) | CM(-)

鋳物師車塚古墳

山口県防府市 2002年4月訪問、2016年1月再訪

前方後円墳、TL58,R31.5,FW48、6C前半
複室石室2
位置:34°02′55″N 131°34′35″E

(2016年)
墳丘石室図(説明板より)


市街地の中、墳丘が神社の森となっている


右赤い社殿背後が後円部、本殿左側が前方部


社殿でくびれ部が大きく削られる


前方部から後円部


後円部から前方部


前方部石室正面


右側の石垣は後世のだろうけど左はどうでしょう


前室玄門


長い前室


前室左側、割石積み


右も同様だが上部にやや大型の石


後室はかなり危険な状態


天井、左側壁が傾いている、これでよく崩壊しなかったな


奥壁も小型石材割石積み、手前の石材は崩壊した右側壁のようです


後円部、社殿背後に開口


細かな網があって内部は殆ど写りません


墳頂に露出した巨石天井石、上に被っているのは補強の為のセメント


(2002年)
南側、右側が後円部、赤い社の背後に石室が開口


後円部石室、複室構造が何とか分かる、植物の根が内部に進入している


前方部石室正面、羨道は殆ど破壊


やや長い前室


玄室、かなり崩壊、奥にあるのは石槨だろうか


(見学記)
(2016年)
防府市車塚町、こちらも市街地の中にある古墳で天御中主神社境内にあります。東西を主軸とする前方後円墳で墳形は割と残っていますがくびれ部が本殿で大きく抉られています。後円部と前方部それぞれに複室石室があります。後円部のは前に社殿があり金網越しに内部を見学できますが網目が細かくて撮影困難、奥にも祠があるようで石室そのものが社殿として使われているようです。頂部に天井石の一部が露出していますがかなりの巨石です。前方部のは開口していますが玄室はやはり金網越しに見学、内部は天井石や側壁が傾き一部崩壊しているなどかなり危険な状態です。ここは鋳物師町ではないし普通に車塚古墳で良さそう、実際説明板では車塚古墳となっています。神社に駐車場はなさそうです。

(2002年)
防府駅東400m、市街地のど真ん中にある前方後円墳です。くびれ部南側に神社がありそのおかげで保存されたのでしょうが墳丘もかなり改変されている。西側が前方部でしょうか石室が開口、羨道はかなり壊失していますが複室石室のようです。玄室天井石がかなり傾いていて危険な状態、直上の墳丘も囲いがして立入禁止になってます。東側にも社殿があり奥に金網がはっている。なんだろうと覗いてみると石室があった。複室構造の石室で植物の根がかなり進入しているがこちらの方が状態もよく立派みたいだ。市史跡。
[ 2017年03月30日 18:40 ] カテゴリ:山口県 | TB(-) | CM(0)

鋳物師大師塚古墳

山口県防府市 2002年4月訪問、16年1月再訪

円墳

複室石室
位置:34°02′49″N 131°34′50″E

(2016年)
市街地の中に残る古墳、墳丘左側は残るが右側はかなり削られ石材露出


羨道左側壁は傾き危うい状態、小型石材は後世のだろうな


前室、後室玄門


前室左側、2段積み


右も同様、殆ど引っ込んでいない


天井は高い


玄室は石仏が祀られている、奥壁は多分巨石1枚だろうな


左側壁、巨石2段積み


右も同様の巨石


天井は巨石1枚石


奥から外、柱状袖石を立てた両袖式、石仏があるのであまり下がれません


奥から左方向、袖石・前室


奥から右方向


前室奥から


(2002年)
墳丘、石室正面


墳丘東側、周囲がかなり削られ石室が露出している


石室正面、羨道はかなり破壊


前室


玄室、奥壁は1枚石のようだ


奥から外、両袖式


(見学記)
(2016年)
防府市鋳物師町、市街地の中に保存されている古墳です。鋳物師会館の背後なのでこの建物が目印になるのですがこれがまた地味な建物ですからね。カーナビで案内してもらうなら問題無いですが問題は駐車場所、会館敷地内に3,4台分の駐車場所がありますが番号を書いた札があったからひょっとして契約駐車場かも。なので一度訪問していることもあり超特急で写真を撮って撤退しました。

(2002年)
車塚南東400m、鋳物師会館の裏にあるというのですぐ分かるだろうと思ったがなかなか見つからない。やっと見つけた会館はなんと平屋建ての建物、ビルかと思ってたんだよ。裏に墳丘があるが墓地や駐車場ですっかり浸食され東側で石室が露出している。南側に石室が開口、背の高い複室石室ですが羨道はかなり破壊されている。玄室には石仏が祭られ今でも近所の人が花を添えるなどしっかり守られている。写真を撮るには少々邪魔になるけど。 このおかげで保存されたかと思うと致し方ないですね。市史跡。
[ 2017年03月30日 18:38 ] カテゴリ:山口県 | TB(-) | CM(0)

多々良寺山古墳群

山口県防府市2016年1月訪問

14基

その1
横穴式石室
位置:34°03′53″N 131°34′59″E
駐車場に島状に残された墳丘


頂部に石室露出、天井石2枚残存


奥壁は鏡石+平石、それ程大きくはない


右側壁、割石積み


その2
横穴式石室
位置:34°03′53″N 131°34′57″E
林に入って最初に見かけた石室


石室後部しか残っていないが割と背が高い


奥壁はほぼ1枚石


割石積みの側壁、その1よりやや大きい


〃反対側


その3
石材散乱状態、初めは石室とは思わず


正面から見ると細長い石室が分かる


その4
これも石室と分かりづらい状態


ここも正面から見ると側壁の様子がわかる


谷川から見ると割と墳丘が分かる


その5
手前の巨石が多分羨道天井石、画面左から奥に向かって窪んだ石室が推定できる


奥の方で細長い石室が残る


天井は最後部だけ残存


奥壁は3段積み、高さはせいぜい1m程度


奥から外、左(谷側)に傾いている


見学記
防府市東佐波令、防府競輪場北側丘陵上にある14基からなる古墳群です。駐車場の中に古墳が保存されているということなので行ってみました。衛星写真で見てみると北側駐車場にあるような感じなので行ってみましたが全然違ってた。下の駐車場で車の整理をしている人に聞いてみたが知らないとのこと、もう一人の方に聞いてみたらそう言えばそれらしいのがあるなと言うので行ってみたら確かにありました。東側の2号駐車場でその中に島状に残されていました。衛星写真で見た時は南側Pは見たけどこちらまでは見てなかったな(後で見てみたら確かに写ってる)。一番奥まった場所で知らないとまず辿りつけないような駐車場なんですよ。それはともかく周りは擁壁に囲まれていますが一部見学用の階段が付いています。上部に石室露出、良好に残っているのは後部だけで天井石2枚残存、奥壁は鏡石+平石です。1基でも見つかれば当然周辺の捜索、東側では見つかりませんでしたが西側で1基見つけました。これも後部しか残っていませんが背が高く奥壁は巨石1枚石、天井石1枚残存です。更に上の方で3基、2基は残骸状態ですが1基は細長い石室で前部は崩れ気味ですが奥壁が何とか見えています。岩がゴロゴロしていて墳丘を思わせる高まりがあったりして探すのは難しいです。駐車場は無料。
ここは前から知ってはいたが競輪場駐車場というのは敷居が高い(笑)、のでつい後回しにしていました。でも駐車場の1基だけでなく他にも見つかったから良しとしよう。
[ 2017年03月23日 19:14 ] カテゴリ:山口県 | TB(-) | CM(0)

向山古墳群

山口県防府市 2002年4月訪問、16年1月再訪

9基、2ー6号現存

(2016年)
分布図(説明板より)


2号
横穴式石室
位置:34°03′12″N 131°31′47″E
上部を失った石室、新しく説明板が設置


床面には全面に敷石


後方から


奥壁は四角い石を据えている

柱状袖石を立てた両袖式


3号
複室横穴式石室
林の中にはっきりした墳丘


頂部が盗掘で窪む


僅かに隙間開口


天井石が見えているが内部埋没


4号
複室横穴式石室
石室上部一部露出、手前の石が玄門辺りでしょうか


手前の石は側壁材だけど細長い


手前は奥壁、左は側壁


石室図、殆ど埋まっているようだ


5号
横穴式石室
位置:34°03′11″N 131°39′14″E
墳丘脇に案内板


墳丘脇に石材露出、羨道でしょうか


墳頂に玄室天井石露出


4枚の内1枚が抜かれ鉄網が架けられている


一見竪穴っぽい横穴、全般に平石を摘んでいる、側壁より奥壁の方が石材が小さい


玄門、両袖式


石室図、複室だそうですが


6号
案内板の奥に墳丘が見えている


頂部は広く平ら、主体部不明


(2002年)
2号
横穴式石室
位置:34°03′13″N 131°31′47″E

上部を失った玄室


横から、袖石を立てた両袖式


4号
石組みが僅かに残る程度、側の林の中に3号墳丘がある


(見学記)
(2016年)
防府市佐野、玉祖小学校西側丘陵南側斜面に分布する9基からなる古墳群で4基消滅、2-6号が現存しています。明照寺前の登り口の所に説明板があり分布図も載っていますが案内があるのでこれを見なくても訪問できます。一番上の墓地を過ぎた辺りに5,6号の案内板があるので(前回は無かったような)林の中に50m程入って行くと5,6号の墳丘があります。5号は尾根状の地形を整形して造ったようで下から見ると大きいが上から見ると低い墳丘に見えます。頂部は平坦で天井石が露出、1枚外されていてそこに柵を設けて閉じられています。持ち上げると内部を見ることが出来ますが背が高く持ち送りのある石室なので入るのは無理、玄室自体は保存状態はよさそうで両袖式の玄門も見えています。複室石室だそうです。本来の羨道入り口は石材が転がっている程度で完全に埋没。すぐ下にあるのが6号で5号と同規模の墳丘、ここも頂部は平坦ですが石材は全く見られません。元の道路に戻って少し登ると3号の案内板、林の中を20m程行くと古墳が見えます。墳丘自体はよく残っていますが墳頂部が盗掘で大きく凹んでいるが石材は全く見られず。狸の巣穴と思われる穴内部に僅かに石材が見えています。ここも複室石室だそうです。2,4号は道路沿いにある石室で下部しか残っていません。これは共に単室石室です。
14年ぶりの再訪、前回はフィルムの時代だったのでデジカメで撮り直してきました。前回見られなかった5,6号も見られて再訪にも意義があるな。山上に駐車場あり。3号だけ市史跡。

(2002年)
頂上に広場があり(ここにも古式の箱式石棺があったそうだ)車で上っていける。頂上近くの道路沿いの2,4号の石室があるがかなり破壊されている。側の林の中に3号墳があり墳丘が良好に残っているが石室は見えない。3号が市史跡。
[ 2017年03月16日 18:51 ] カテゴリ:山口県 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋ブログ館
へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です
カウンター
プルダウンリスト
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります