大池西古墳

福岡県上毛町(旧大平村)2017年2月訪問

横穴式石室
位置:33°33′22″N 131°10′19″E
溜池周辺が公園、その中に現状保存


かっては尾根筋に立地だったが今は岬の先端


墳丘は割と残る、増水すると更に水没するようだ


背後から


開口部上から、初めは開口に気が付かず、石材の一部が溜池に落下している


開口部正面、天井石が一部露出


開口部、増水するとこの辺りまで水が来るようだ


玄室は良好、土砂が流入、かなりの胴張り石室のように見える


石室を正面から見る為に溜池を大回りしてみました、大して変わりなかった


(見学記)
上毛町下唐原、大池公園内にある古墳です。かっての谷間が溜池となっていて岬のように突き出た尾根先端に立地しています。東向きに開口していますが初めは開口部真上から下を見ても気が付かず危うく見逃すとこでした。天井石巨石が露出していますが開口部は隙間程度で入るのは無理です。カメラを挿入して撮ってみると両側に袖石が見えていて両袖式、玄室内部も土砂が大分流入していますが状態自体はよさそうです。公園に駐車場有り。
5年前に見つけていた大池東古墳(仮称)は場所が高速道路になっていて消滅でしょうか、移築されていたらいいんですが。
[ 2017年06月08日 19:14 ] カテゴリ:福岡県 | TB(-) | CM(0)

黒部古墳群

福岡県豊前市 2001年4月訪問、16年2月再訪

海を望む丘陵上に10基、3基を公園として保存

(2016年)
公園として3基保存


2号
方墳、11×14.6m、7C初
石室正面


天井石はまぐさ石と最後部の1枚のみ残存


背後から


玄室横上から


羨道も割と残っている


奥壁は2段積み、墳丘程には掃除されてないもよう


奥から外、両袖式


復元でしょうが四角い様子が分かる


3号
円墳、R23、6C末
群中最大
位置:33°36′55″N 131°05′51″E
右2号、左3号、01年と比べると傷んだ復元墳丘を修復しているようだ


6号
背後から、右後方林の中に黒峯尾古墳群


(2001年)
2号
無袖式石室、天井石が1枚残存


玄室


3号
左3号、右2号


墳丘、手前は2号石室


6号
舟や円文の線刻壁画を持つが石室は埋め戻されている


(見学記)
(2016年)
ずっと黒田古墳群だと思っていたので当然HP上でもこの名前でアップしていた。あらためて来てみて説明板を見てみたら黒部古墳群だった(大汗)。誰からも指摘されなかったというのもなんともはや。

(2001年)
海を望む丘陵上にある10基からなる古墳群で下を通る国道10号から見えています。住宅開発で7基が発掘され2,3,6号が公園として保存、他にも幾つか残っているようです。2号は豊前では珍しい長形墳で一辺11.1×14.6m、7C初で小型の無袖式石室が露出しています。3号は2号に接する径23mの円墳で群中最大規模、6C末の古墳です。6号は7C中の円墳でゴンドラ風の舟や円文などの線刻壁画がありますが石室は埋め戻されています。県史跡。
[ 2017年06月08日 19:06 ] カテゴリ:福岡県 | TB(-) | CM(0)

黒峯尾古墳群

福岡県豊前市 2001年4月訪問、16年2月再訪

30基以上、指定地内に4基保存

(2016年)
説明板
黒部古墳群の道路向かいに説明板、こんなとこにあるとやはりここから入るよね


その1
位置:33°36′49″N131°05′53″E
最大級の墳丘


ここから下は急斜面


その2
低い墳丘


石材露出、玄門辺りか


その3
頂部が大きく窪んだ墳丘


かなり盗掘されるも石材露出なし


その4
墳丘だなと分かるレベル


その5
肉眼だと多少の高まりが分かる程度


その6
はっきりした墳丘、麓に近い


その7
上部が盗掘された墳丘


巨石露出、奥壁でしょうか


(見学記)
(2016年)
豊前市松江、ここは画像をアップしていないので再訪してみました。黒部古墳群の南側でガードレール脇に説明板が立っています。あちらが県史跡なのにたいしてこちらは市史跡、でも古墳群としては区別する必要はないそうでなんで別の名前になっているんでしょうね。こちらも一応紅葉ヶ丘公園となっていて指定地内に4基保存されているそうですがざっと見たところ7基程確認できました。ほぼ墳丘だけ、1基で大きく盗掘され石材が1個露出、大きさからして奥壁でしょうか。もう1基で石材が僅かに露出していたのが見られた程度です。

(2001年)
黒部古墳群と同じ丘陵の南側麓に分布する古墳群でこちらは市の史跡です。指定地内に4基の古墳があり横穴石室を有しますがみな大きく盗掘を受けています。上の黒部古墳群との間の斜面には古墳がなく身分格差があったかも知れません。
[ 2017年06月08日 19:03 ] カテゴリ:福岡県 | TB(-) | CM(0)

呰見大塚古墳

福岡県豊前市 2016年2月訪問

円墳、R25、6C後半
装飾複室横穴式石室
位置:33°40′29″N 130°59′49″E
高速下に保存


フェンスで囲まれ鍵がかかっている、奥の説明板は中に入らないと見られないぞ


石室完全埋戻し、保存の意味があるのか、石室の様子を石列で示すが必要性が感じられない


発掘時の写真(説明板より)


石室図、左は玄室袖石、赤い対角線文がある(説明板より)


(見学記)
みやこ町呰見、九州高速道みやこ豊津IC側、高速下を県道243号が通っていて高速真下にあります。本来は破壊の予定でしたが京都平野唯一の装飾古墳ということで保存されました。とは言え石室はすっかり埋め戻され復元墳丘上に石室の輪郭が石を並べて表示されているだけです。石室への出入り口もないようで完全埋戻し、もう2度と陽の目を見ることはないのかな、こういうのを保存と言えるんでしょうかね、装飾が劣化していても確認しようもないし。しかも周囲は厳重に柵で囲まれて見学自体が難しい状態です。
[ 2017年06月08日 19:00 ] カテゴリ:福岡県 | TB(-) | CM(0)

稲童古墳群

福岡県行橋市 2016年2月訪問

海岸沿いの砂堆上に25基

分布図
(説明板より)出土品は文化財になっているが古墳群は史跡指定されていないような


6号
藪の中


7号
畑の中に大きな墳丘


半分くらい削られている


8号
住宅の間にある、表示板がなければただの残土状態


9号
道路脇に大きな墳丘


反対側から


11号
林の中にある、上部が平坦で広い、付近に10,12,13号があるはずだが全く分からず


14号
道路脇に裸の状態である


元の状態のままでしょうか


17号
林の中に良好な墳丘


円墳でも疎林の中にあるのはなかなかいい


18号
こちらは民家裏でちょっと雑然


19号
低い墳丘、笹薮だったらまずわからない


20号(石並古墳)
帆立貝式、TL68,R58,FW20、5C
位置:33°42′16″N 131°01′48″E
盟主墳、他とは隔絶した規模


右側に短い前方部


左側に前方部、2重周溝だが外側はハッキリしない


墳頂から見た前方部、帆立貝と言うより造出のような


前方部から見た内側周溝


21号
林の中に大きな墳丘が残る


(見学記)
行橋市稲童、海岸沿いの砂堆上に分布する25基からなる古墳群で老人ホーム石並園南北1kmにわたって分布しています。数は多いですが墳丘だけだし衛星写真を見ても大半は林や藪の中のようであまり気乗りせずパスしていました。でも何時までも放っておくわけにもいかず行ってみました。結論から言えば割と良好に残っている墳丘も有り事前に思っていたよりは楽しめました。一番のメインは帆立貝式の20号(石並古墳)、ここに説明板と分布図があります。他とは規模が隔絶し大きな墳丘が残っています。ほぼ裸の状態で短い前方部や葺石の様子も分かります。二重周溝を持つそうですが現状では内側のしか確認できません。前方部側に19号、北側林の中に21号、南側民家裏の林の中に18,19号、どれも墳丘がよく残っていて浅い周溝も確認できます。他に観察しやすいのは石並園側の14号、更に南側の7-9号でしょうか。石並古墳への道は行き止まりですが墳丘側に駐車可。
[ 2017年06月01日 19:12 ] カテゴリ:福岡県 | TB(-) | CM(0)

馬場代2号

福岡県行橋市 2016年2月訪問

馬場代2号
位置:33°42′17″N 131°00′50″E
墓地の中にある


復元というより石室か何かを保護しているんだろうな


不明墳
位置:33°42′06″N 131°00′34″E
近くで偶然見つけました、古墳だろうな、1号というには離れているけど


巨石が転落露出


(見学記)
行橋市馬場、正覚院東側の墓地の中にある古墳です。ここは稲童古墳群を調べている内に名前が出てきました(どうやらJR新田原駅の観光案内板に載っているようです)。検索してみるとgooglemapがマーカー付きで表示してくれる(Googleさん凄すぎ)。衛星写真で見ると墓地の中に小さな墳丘が見えていたので詳細は分かりませんでしたが行ってみました。思っていたより小さな墳丘で整いすぎているので元々の墳丘ではなく盛り土かも知れない。だとすると石室基部くらいが残っているのかな。どちらにしろわざわざ観光案内板に載せるほどのものではありません。枯れ木も山の賑わいとばかり何かの資料に載っていたのをそのまま載せたのかな。来た道を帰ろうとして間違えて途中で一つ早く曲がったら古墳に出会いました。これも神の導きか(笑)。巨石が1個転落していて多分古墳かなと思う程度ですけどね。馬場代2号とは大分離れているから1号ではないだろうな。
[ 2017年06月01日 19:12 ] カテゴリ:福岡県 | TB(-) | CM(0)

篠崎古墳群

福岡県北九州市小倉北区 2016年2月訪問

神社境内に3基、1号石室移築

入り口:鍵はかかっていませんが社務所に挨拶しましょう


1号
横穴式石室(移築)
位置:33°51′43″N 130°52′18″E
移築石室、金網で囲われ入れません


羨道側から、基部しか残っていない


奥から、両袖式


玄室上から


羨道上から、仕切り石がある


羨道入り口に1枚石の閉塞石があったんでしょうか


2号
低い墳丘


3号
かなり大きな墳丘


反対側から、社殿で大きく削られているようだ


見学記
小倉北区篠崎1丁目、北九州都市高速紫川ICすぐ南側にある篠崎八幡宮境内にある古墳群です。本殿北側に3基、入り口に柵がありますが鍵はかかっていません。でも社務所等に挨拶をして入ったほうがよさそうです。1号はIC建設で移築された石室で柵に囲まれています。基部しか残っていませんが両袖式、羨道には閉塞石や仕切り石があるように見えます。直ぐ側に2号の低い墳丘があります。現在は崖にないっていますがこのすぐ北側に1号があったそうです。3号はその南側、他とは隔絶した規模の大きな墳丘ですが本殿で半分以上削られています。多分主体部も残ってないかな。地図で見るとICすぐ南側なのでさぞかし騒がしい場所かなと思いましたが高台にあってそれ程でもなかった。神社駐車場あり。
[ 2017年05月25日 19:05 ] カテゴリ:福岡県 | TB(-) | CM(0)

東宮ノ尾古墳群

福岡県北九州市小倉北区 2016年2月訪問

十数基、公園内に5基保存
位置:33°51′35″N 130°52′24″E

公園:斜面に保存、個々の説明無し


その1,2
全て復元墳丘


下方から


その3
周溝があるようにも見えます


その4
急斜面に構築


その5
これは公園外


見学記
小倉北区篠崎2丁目、篠崎八幡宮南200m、公園内に5基保存されています(公園内は4基か)、元は十数基あったそうです。1基は単室石室ですが外の4基は機内型の竪穴石室に在地形の箱式石棺を組み合わせた石棺式石室だとか。ただ石室は全て埋め戻され復元墳丘が見られるだけです。説明板に石棺式石室と書かれていますがこの言葉からは山陰の石室を思い浮かべここの石室とは全然違うものですね。説明板の位置も悪いし個々の古墳にも標柱も何もありません。どの地図も篠崎古墳公園となっていますが現地ではそんな表示は何処にもないですね(入り口は篠崎緑地となっている)。
[ 2017年05月25日 19:04 ] カテゴリ:福岡県 | TB(-) | CM(0)

玉塚古墳

福岡県北九州市小倉南区 2016年2月訪問

円墳、R14,H4
複式横穴式石室、全長5.2、前室長1.5、幅1.85、高1.75、玄室長2.8、幅2.3、高2.8m
位置:33°49′55″N 130°52′12″E
小学校敷地内に保存、よくある移築でなく前からあったようです


石室正面、複室だが羨道消失


前室天井石巨石が露出


前室、後室玄門、床面に敷石


前室左側壁


前室右側壁


墳丘石室図(説明板より)


(見学記)
小倉南区徳力新町2丁目、徳力小学校内にある古墳です。学校内に保存されている古墳というと大抵移築石室ですがこれは元からあった古墳です。これがなかったら校舎がL字型に繋がっていたと思われよく保存してくれました。墳丘もよく残っていて南南西に開口する複室石室で羨道壊失していますが前室後室はよく残っています。学校故授業がない日の方がいいだろうと思い敢えて休日に行ってみたら先生が誰もおらず内部は見学できませんでした(泣)。柵越しに前室くらいはなんとか見られますけどね。
[ 2017年05月25日 19:02 ] カテゴリ:福岡県 | TB(-) | CM(0)

砥石山古墳群

福岡県北九州市小倉南区 2016年2月訪問

神社境内に十数基
位置:33°51′02″N 130°52′47″E

その1
高まりの上に石材露出


右側の石列は元の状態で残っているようだ


その2
低い墳丘に石材露出


元の状態は分かりにくい


その3
墳丘は一番ハッキリ残る


ここも他と同じような石材露出


石室じゃなく石槨の可能性もあるかな


(見学記)
小倉南区下城野2丁目、天疫神社境内にある古墳群です。境内全体が高台になっていて十数基の古墳があるそうですが現状ハッキリ分かるのは3基程度でしょうか。どれも低い墳丘に石材が露出、破壊されています。1基だけ石組みが分かる状態で露出していますが横穴石室というより竪穴石室のような感じです。北西隅から車で入って行けて境内に駐車可。
[ 2017年05月25日 19:00 ] カテゴリ:福岡県 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋ブログ館
へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です
カウンター
プルダウンリスト
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります