臼木古墳群

大分県中津市(旧三光村)2012年2月訪問

4基残存

1号
横穴式石室
位置:33°31′55″N 131°11′24″E

正面に開口しているようだが、そこは奥壁側壁辺り


石室内部


玄門、羨道は埋没


1枚目の反対側辺り、入り口はこちら側だが全く見られず


2号
横穴式石室

県道脇の残る墳丘、上に小さな神社


反対側から見ると大きな墳丘、石室開口


開口部正面、左側壁は板石を使用


開口部左側から、これでよく持ったなと思うレベル


やや埋まって狭い羨道


玄室、奥壁はほぼ1枚石のようだ、左右の側壁がせり出してきている


奥から外、両袖式、かなり持ち送りがある、右側の石はいかにも持ち送りに適しているよう


3号
横穴式石室、玄室長3.0,幅1.65-1.8,高1.45m
位置:33°31′51″N 131°11′14″E

県道から見た様子、墳丘完全流失


石室完全露出だが、ツタなどに覆われて見づらい


天井石は最奥1枚だけ残存、よく水平に残っているなと思えるレベル


斜め前から、ツタがなければもう少し見栄えがするんだが


石室正面、左右のは玄門袖石でしょうか


玄室最奥部


それぞれ巨石1枚石で構成


4号
横穴式石室

一見良好のようだが石室を覆う程度


巨石が露出、こちらが奥壁側のよう、構成は3号と似ているようだ


右手が入り口側、天井石が傾くなど状態は悪い


(見学記)

中津市三光臼木、県道675号沿いにある古墳群で5,60m間隔で4基の古墳が並んでいます。一番東側のが1号、背の高い墳丘が残っていますが玄室奥側が大きく破壊され中を覗くと玄門部が見えてます、羨道は埋没。2号も墳丘が残っていて上に祠が建っています。南側が大きく削られて石室開口、羨道部が露出していますが板石が使われています。中にはいるのはちょっと狭いですが玄室はやや埋まるも完存しています。3号の所に説明板があり目の前に墳丘がすっかり露出した石室が見えてます。4基の中では最大でしょうか、天井石は1枚しか残っていませんが玄室奥辺りは側壁奥壁天井石とも板状の巨石を使った見事なものです。他は比較的墳丘が残っているのにここだけ何故流失したんでしょうね。石室が大きかったので封土が少なかったとか。4号も多少墳丘が残っていますが石室奥辺りが僅かに露出内部は埋没しています。ここも板状の石材が使われています。3号の所に説明板がありに各古墳間の距離が1m単位で書かれていますが、距離が書かれているのは助かるがここまで細かな数値は必要ないんだよね。そもそも墳丘の大きさだけで1m以上あるし意味ないよ。更に古墳群なのに”臼木古墳”と書かれている。なお読みは”うすき”でなく”うすぎ”です。県史跡。3号道路向かい辺りに駐車スペースあり。
[ 2013年02月28日 08:13 ] カテゴリ:大分県 | TB(-) | CM(0)

城山古墳群

大分県中津市 2012年2月訪問

基底部が残る石室2基他(番号仮称)
位置:33°33′03″N 131°14′34″E

1号
僅かな高まりが残る


基底部が残る石室、すっかり苔むしています


基部だけど羨道も長く残っているもよう


鏡石らしい奥壁が残っている


2号
高まりが残るだけ、他にも似たようなのが数基


3号
はっきりとした高まりが残る


ここも残存は基部だけ


側壁も石室内に落下


奥壁や側壁も抜かれているようです


横上から、規模は1号より大きいが状態は悪い


(見学記)

中津市伊藤田、オンライン地図(1社のみ)に載っていたので正体不明ながら行ってみました。国道10号と212号交差点西200m北に突き出た丘陵上で登り口に三保戦没者慰霊碑の標識があり頂には石碑などがあるが古墳らしきものはない。北側雑木林の中に入っていくと4,5基の墳丘があってその内2基で石室が開口、と言っても基底部しか残っておらず状態も悪いです。史跡でも何でもないし何でこれが地図に載っていたんだというのが正直な感想でした。それでも基底部だけとはいえ石室が2基あったから無駄足にならずにすんだ。
[ 2013年02月21日 08:21 ] カテゴリ:大分県 | TB(-) | CM(0)

相原山首遺跡

大分県中津市 2012年2月訪問

5C~9C前半にかけての墳墓群
方墳7,円墳1,方形周溝墓1,土壙墓7,火葬墓17
遺跡公園として保存展示

全景
西側から


1号から


発掘写真(説明板より)
赤点が火葬墓、青点が土壙墓


1号
造出付き円墳、R18、5C
位置:33°33′45″N 131°11′45″E

中津市最大の円墳、すっかり削平されていたようです、手前に土壙墓や火葬墓


幅の狭い周溝、右側に造出


造出側から、階段があるが上には何も無し


2号
復元墳丘と周溝、手前のは排水溝でしょうか


石室は全て埋戻しレプリカ展示


奥上から、右側だけの片胴張り


3号
9C前半、墳丘を持つものの中で一番新しい、火葬墓を持つ

墳丘を持つが石室は無し


中央に火葬墓を持つ、これ以降墳丘は造られなくなる


4号
方墳、L10

方墳の中では最大、手前に長い排水溝がある


石室


奥上から、胴張りはなさそう


5号
復元墳丘、これでも方墳だそうですが、遠方に1号


復元石室、どれも羨道はなかったのでしょうか


奥上から、石室全体が丸みを帯びている


斜め背後から


6号
幅の狭い周溝長い排水溝とどれも同じ


これも似たりよったりの石室


奥上から、入り口がロート状、奥壁側壁は直線状


7号
排水溝はなかったのかな


右側袖石の石が随分大きい


規模は忠実に復元だろうけど石材自体はどこまで忠実に復元なんだろ


8号
墳丘石室ともややこじんまり


石室


奥壁側が丸くなっている


9号
群中最古4C~5C
土壙墓

3号に隣接、方形周溝墓でしょうか隣接だが両者には400年くらいの時代差がある


墳丘の一部が3号築造で削られている、石室はなく対角線上に土壙墓


(見学記)

中津市相原、4Cから9Cにかけての墳墓群で古墳8、方形周溝墓1、火葬墓17、土壙墓7からなり現在公園となって公開されています。1号は径18m市内最大の円墳で造出があり周溝が巡っています。2-8号は古墳時代の方墳で石室や周溝を持ちほぼ直線状に並んでいます。現在石室は埋め戻されその上にレプリカが表示されています。9号は方形周溝墓で対角線上に土壙墓があり群中最古の4Cから5Cの築造です。興味深いのはすぐ隣に3号がありこちらは墳丘を持つ古墳としては一番新しく9C前半(もう古墳時代じゃないな)石室は持たず中央に火葬墓があります。3号の墳丘で9号が少し削られていますが両者は時代的に400年くらいの差がありますが3号築造当時9号は認識されていたんでしょうかね。9号以降はもう墳丘は造られず火葬墓や土壙墓だけとなりこれらは穴が表示されているだけです。県史跡。公園に駐車場がありますが北側市道からの入り口が分かりにくいので風の丘葬祭場の駐車場から歩いていってもそれ程変わりません。
[ 2013年02月14日 08:06 ] カテゴリ:大分県 | TB(-) | CM(0)

凶首塚古墳

大分県宇佐市 2001年5月訪問

形不明
横穴式石室、玄室長2,幅1.8m
位置:33°31′26″N 131°21′59″E

石室が完全露出、各壁が1枚石の巨石で構成

(見学記)

国道10号に宇佐風土記の丘の案内表示がありそこを曲がるとすぐ案内表示がある。古墳は平野を望む丘陵端にあるが墳丘は流失、玄室のみが段々畑の中にポツンと残っている。玄室は各辺2m程度、1枚石の巨石を使っている。県史跡。
[ 2013年01月26日 10:19 ] カテゴリ:大分県 | TB(-) | CM(0)

葛原古墳

大分県宇佐市 2001年5月訪問

円墳、R55,H6、5C
竪穴石室
位置:33°32′14″N 131°20′19″E

水田の中の墳丘、墳頂に竪穴石室覆い屋


竪穴石室天井石


(見学記)

径55m、高6mの円墳で水田の中にポツンと存在している。完全裸の状態でよく見ることが出来るが規模の割にあまり高く見えない。墳頂に覆い屋があり竪穴石室の巨大な天井石が2枚ある。南側にも1基円墳がある。国史跡。
[ 2013年01月26日 10:17 ] カテゴリ:大分県 | TB(-) | CM(0)

久々姥古墳

大分県宇佐市 2001年5月訪問

円墳、R25,H5、6C後半
複室構造石室
位置:33°32′01″N 131°18′24″E

墳丘、石室が僅かに開口


石室内部


(見学記)

国道10号旧道に養護学校入り口の標識がありそこを入るとすぐ右手に墳丘が見えてくる。径25m、高5mの円墳でほぼ裸の状態だが土盛りされているようであまりいい感じはしない。南側に石室が開口しているが入り口が土で埋まりかろうじて隙間がある。覗いても中は見えないがカメラを突っ込んで写してみると以外と中は埋まってないようだ。複室構造の石室とのこと。西側50mに2号墳があるが農地の中で周りに柵があり中には入れない。県史跡。
[ 2013年01月26日 10:16 ] カテゴリ:大分県 | TB(-) | CM(0)

川部・高森古墳群

大分県宇佐市 2001年5月訪問

前方後円墳6基他
宇佐風土記の丘として整備



赤塚古墳
前方後円墳、TL57,R36,FW21
九州最古級の前方後円墳
位置:33°32′26″N 131°22′07″E

右手が後円部


赤塚方形周溝墓群
復元された周溝墓群、赤塚西側に密集している


16号箱式石棺、中央の窪んだ石枕がある


角房古墳
前方後円墳、TL46,R36,FW18
位置:33°32′25″N 131°21′52″E

前方部消滅、周囲に幅広い周溝が巡る


車坂古墳
前方後円墳、TL58,R36,FW21
樹木に覆われ見学困難
南側に方形周溝墓や石室墳がある

車坂東1号
竪穴系横口式石室
羨道無く前庭が広がる、玄室も奥が広がる


車坂2号
竪穴系横口式石室


車坂3号


車坂東4号
石棺と石室の要素を持つ


鶴見古墳
前方後円墳、TL31,R22,FW18、6C
群中最後の前方後円墳
位置:33°32″15N 131°21′56″E

復元墳丘、前方部が短い割に幅が広い


前方部を含めた墳丘中央に石室がある


玄室、解体復元された


全体がドーム状、天井石は1枚


福勝寺古墳
前方後円墳、TL80,R54,FW22
群中最大の前方後円墳
位置:33°32′15″N 131°21′41″E

後円部正面


前方部側面、林の中に現状保存


免ヶ平古墳
前方後円墳、TL52,R24
竪穴席石室、長5m
位置:33°32′12″N 131°21′38″E

後円部、前方部消滅


墳頂部の竪穴石室公開施設、内部は雑草が茂って見るのが困難


(見学記)

前方後円墳6基他からなる古墳群で現在宇佐風土記の丘として整備されています。中には大分県立歴史博物館(入場料200円)がありますが古墳関係の展示は少なく仏教関連の展示が多い。

赤塚古墳
全長57mの前方後円墳で博物館の北側に見えている。周囲がかなり削られているがなお前方後円墳らしい姿を見せている。3C末の古墳で群だけでなく九州でも最古級の前方後円墳です。西側に周溝を共有するように方形周溝墓が密集していてその一部が復元されています。皆薄い板石を使った箱式石棺があり中には中央の窪んだ石枕を持つのもあります。

鶴見古墳
全長31m、6Cの前方後円墳で群中最小、最後です。墳丘が復元されていますが前方部が短いにも関わらず幅の広い独特な形をしています。後円部に横穴石室がありますが後円部と言うよりは前方部を含む墳丘中央にあるようです。これも解体後復元羨道はなく前庭が広がり玄室は小型で背の高いドーム状です。入り口に柵があるが常時開放しているようだ、照明もついているがこの程度の大きさでは必要ない(点かないけど)。石室の入り口も異様でもう少し景観に配慮して欲しい。

角房古墳
全長46mの前方後円墳ですが前方部は消滅。幅の広い周溝があり今も浅い窪地となっています。この古墳を含めて以下の4基は駅館川の河岸段丘崖沿いに並んでいます。

車坂古墳
全長58mの前方後円墳ですが全体が藪に包まれ周りも草が生い茂って接近しにくく一番見学しにくい。その代わり南側に方形周溝墓や横穴石室墳が復元されている。後者は天井石を失っているが竪穴系横口式石室や羨道を持たない前庭の広がる石室など色々なタイプがある。

福勝寺古墳
全長82mの前方後円墳で群中最大です。前方部が少し削られていますが前方部の未発達な姿を横たえています。林の中に現状保存されていて一番状態が良い。

免ヶ平古墳
全長50mの前方後円墳ですが前方部は消滅、輪郭だけ表示されています。墳頂に竪穴石室と箱式石棺がありガラスの扉で保護され公開されていますが内部が温室状態で草が繁茂し極めて見にくくなっている。せめて月に一度くらい掃除して欲しい。
[ 2013年01月26日 10:14 ] カテゴリ:大分県 | TB(-) | CM(0)

丑殿古墳

大分県大分市 2001年5月訪問

円墳、6C末
横穴式石室、全長6.5m、玄室長2.5,幅2.5,高2.1m
刳抜式家形石棺 長2.3、幅1m
位置:33°12′50″N 131°34′12″E

石室入り口、丘陵麓斜面に立地


石棺


石棺蓋石、四角い縄掛け突起が4個付く


玄室奥壁


奥から見た玄門


(見学記)

蓬莱山古墳から元の道に戻り南下、踏切の手前で右に曲がり200m程行くと案内板がある。そこから小道に入っていくと公民館の前に説明板があり公民館裏に古墳がある。墳丘ははっきりしないが南側に石室が開口全長約6m、玄室長2.5,幅2.5,高2.1mの両袖式で刳抜式家形石棺がある。蓋石が一部割られているがほぼ完存、四角い縄掛け突起が付き身よりやや大きい。長さが2.3mあり奥壁に接するように置かれていて玄門から入れるとこの位置に納まりこれ以上動かせないようだ。なお「日本の古代遺跡(大分)」P161や説明板の写真は裏焼きになっている。県史跡。
[ 2013年01月26日 10:11 ] カテゴリ:大分県 | TB(-) | CM(0)

築山古墳

大分県大分市(旧佐賀関町)2001年5月訪問

前方後円墳、TL90,R40,RH10,FW45,FH8、5C中
箱式石棺2(現地埋戻し)
位置:33°14′09″N 131°48′16″E

前方部から後円部、後円部建物の中に石棺が埋め戻されている


後円部から前方部上段、くびれ部が山道で切断、他の部分は良好


(見学記)

更に国道を500m程行くと小さな案内表示が出ている。そこを入っていくと神社境内に古墳がある。全長90mの前方後円墳で丘陵麓の斜面を利用して造られていてくびれ部が山道で切断されているが全体は非常によく残っている。後円部頂に祠があり中に箱式石棺2基が御神体として埋め戻されている。昭和7年の発見でなんでも夢のお告げがあり掘ったところ石棺が出土したそうで、当時は石棺参りで大賑わいだったそうです。中から人骨を始め多数の副葬品が出土している。国史跡。
[ 2013年01月26日 10:09 ] カテゴリ:大分県 | TB(-) | CM(0)

千代丸古墳

大分県大分市 2001年5月訪問

円墳、R15,H4、7C初
横穴式石室、全長8.9m、玄室長3.3,幅1.9,高2.8m
石棚、線刻壁画
位置:33°13′01″N 131°32′44″E

石室正面


羨道、板石を使った袖部


玄室、石棚、下に二重に死床が敷かれている


両袖式、赤い顔料が良く残っている


石棚前面の線刻壁画、左に三角文、右に手を広げる人物がある、他に四角文や動物がある


(見学記)

丑殿古墳前の県道を西に3km行くと案内表示があり民家の脇に古墳がある。河岸段丘上に立地した径1 5 mの円墳で南側に石室が開口している。かなりの巨石墳で羨道側壁は巨石を立てて並べた1段積み玄門も板石の両袖となっている。玄室は3.32,1.87,2.8mの規模で背が高い。奥壁中段に石棚が架けられていて前面に線刻壁画があるが悪戯もなく大変見やすい。三角文や四角文、手を広げた人物や動物が各1がある。石棚下の床面には大小2枚の板石が重ねられ死床を造っている。玄室全体に赤色顔料がよく残っていて築造当時は真っ赤な石室だったと思われる。石室入り口に柵があるが鍵はかかっておらず壁画のある古墳で自由に入れるのも珍しい。国史跡。
[ 2013年01月26日 10:07 ] カテゴリ:大分県 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋ブログ館
へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です
カウンター
プルダウンリスト
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります