鋳物師車塚古墳

山口県防府市 2002年4月訪問、2016年1月再訪

前方後円墳、TL58,R31.5,FW48、6C前半
複室石室2
位置:34°02′55″N 131°34′35″E

(2016年)
墳丘石室図(説明板より)


市街地の中、墳丘が神社の森となっている


右赤い社殿背後が後円部、本殿左側が前方部


社殿でくびれ部が大きく削られる


前方部から後円部


後円部から前方部


前方部石室正面


右側の石垣は後世のだろうけど左はどうでしょう


前室玄門


長い前室


前室左側、割石積み


右も同様だが上部にやや大型の石


後室はかなり危険な状態


天井、左側壁が傾いている、これでよく崩壊しなかったな


奥壁も小型石材割石積み、手前の石材は崩壊した右側壁のようです


後円部、社殿背後に開口


細かな網があって内部は殆ど写りません


墳頂に露出した巨石天井石、上に被っているのは補強の為のセメント


(2002年)
南側、右側が後円部、赤い社の背後に石室が開口


後円部石室、複室構造が何とか分かる、植物の根が内部に進入している


前方部石室正面、羨道は殆ど破壊


やや長い前室


玄室、かなり崩壊、奥にあるのは石槨だろうか


(見学記)
(2016年)
防府市車塚町、こちらも市街地の中にある古墳で天御中主神社境内にあります。東西を主軸とする前方後円墳で墳形は割と残っていますがくびれ部が本殿で大きく抉られています。後円部と前方部それぞれに複室石室があります。後円部のは前に社殿があり金網越しに内部を見学できますが網目が細かくて撮影困難、奥にも祠があるようで石室そのものが社殿として使われているようです。頂部に天井石の一部が露出していますがかなりの巨石です。前方部のは開口していますが玄室はやはり金網越しに見学、内部は天井石や側壁が傾き一部崩壊しているなどかなり危険な状態です。ここは鋳物師町ではないし普通に車塚古墳で良さそう、実際説明板では車塚古墳となっています。神社に駐車場はなさそうです。

(2002年)
防府駅東400m、市街地のど真ん中にある前方後円墳です。くびれ部南側に神社がありそのおかげで保存されたのでしょうが墳丘もかなり改変されている。西側が前方部でしょうか石室が開口、羨道はかなり壊失していますが複室石室のようです。玄室天井石がかなり傾いていて危険な状態、直上の墳丘も囲いがして立入禁止になってます。東側にも社殿があり奥に金網がはっている。なんだろうと覗いてみると石室があった。複室構造の石室で植物の根がかなり進入しているがこちらの方が状態もよく立派みたいだ。市史跡。
[ 2017年03月30日 18:40 ] カテゴリ:山口県 | TB(-) | CM(0)

鋳物師大師塚古墳

山口県防府市 2002年4月訪問、16年1月再訪

円墳

複室石室
位置:34°02′49″N 131°34′50″E

(2016年)
市街地の中に残る古墳、墳丘左側は残るが右側はかなり削られ石材露出


羨道左側壁は傾き危うい状態、小型石材は後世のだろうな


前室、後室玄門


前室左側、2段積み


右も同様、殆ど引っ込んでいない


天井は高い


玄室は石仏が祀られている、奥壁は多分巨石1枚だろうな


左側壁、巨石2段積み


右も同様の巨石


天井は巨石1枚石


奥から外、柱状袖石を立てた両袖式、石仏があるのであまり下がれません


奥から左方向、袖石・前室


奥から右方向


前室奥から


(2002年)
墳丘、石室正面


墳丘東側、周囲がかなり削られ石室が露出している


石室正面、羨道はかなり破壊


前室


玄室、奥壁は1枚石のようだ


奥から外、両袖式


(見学記)
(2016年)
防府市鋳物師町、市街地の中に保存されている古墳です。鋳物師会館の背後なのでこの建物が目印になるのですがこれがまた地味な建物ですからね。カーナビで案内してもらうなら問題無いですが問題は駐車場所、会館敷地内に3,4台分の駐車場所がありますが番号を書いた札があったからひょっとして契約駐車場かも。なので一度訪問していることもあり超特急で写真を撮って撤退しました。

(2002年)
車塚南東400m、鋳物師会館の裏にあるというのですぐ分かるだろうと思ったがなかなか見つからない。やっと見つけた会館はなんと平屋建ての建物、ビルかと思ってたんだよ。裏に墳丘があるが墓地や駐車場ですっかり浸食され東側で石室が露出している。南側に石室が開口、背の高い複室石室ですが羨道はかなり破壊されている。玄室には石仏が祭られ今でも近所の人が花を添えるなどしっかり守られている。写真を撮るには少々邪魔になるけど。 このおかげで保存されたかと思うと致し方ないですね。市史跡。
[ 2017年03月30日 18:38 ] カテゴリ:山口県 | TB(-) | CM(0)

多々良寺山古墳群

山口県防府市2016年1月訪問

14基

その1
横穴式石室
位置:34°03′53″N 131°34′59″E
駐車場に島状に残された墳丘


頂部に石室露出、天井石2枚残存


奥壁は鏡石+平石、それ程大きくはない


右側壁、割石積み


その2
横穴式石室
位置:34°03′53″N 131°34′57″E
林に入って最初に見かけた石室


石室後部しか残っていないが割と背が高い


奥壁はほぼ1枚石


割石積みの側壁、その1よりやや大きい


〃反対側


その3
石材散乱状態、初めは石室とは思わず


正面から見ると細長い石室が分かる


その4
これも石室と分かりづらい状態


ここも正面から見ると側壁の様子がわかる


谷川から見ると割と墳丘が分かる


その5
手前の巨石が多分羨道天井石、画面左から奥に向かって窪んだ石室が推定できる


奥の方で細長い石室が残る


天井は最後部だけ残存


奥壁は3段積み、高さはせいぜい1m程度


奥から外、左(谷側)に傾いている


見学記
防府市東佐波令、防府競輪場北側丘陵上にある14基からなる古墳群です。駐車場の中に古墳が保存されているということなので行ってみました。衛星写真で見てみると北側駐車場にあるような感じなので行ってみましたが全然違ってた。下の駐車場で車の整理をしている人に聞いてみたが知らないとのこと、もう一人の方に聞いてみたらそう言えばそれらしいのがあるなと言うので行ってみたら確かにありました。東側の2号駐車場でその中に島状に残されていました。衛星写真で見た時は南側Pは見たけどこちらまでは見てなかったな(後で見てみたら確かに写ってる)。一番奥まった場所で知らないとまず辿りつけないような駐車場なんですよ。それはともかく周りは擁壁に囲まれていますが一部見学用の階段が付いています。上部に石室露出、良好に残っているのは後部だけで天井石2枚残存、奥壁は鏡石+平石です。1基でも見つかれば当然周辺の捜索、東側では見つかりませんでしたが西側で1基見つけました。これも後部しか残っていませんが背が高く奥壁は巨石1枚石、天井石1枚残存です。更に上の方で3基、2基は残骸状態ですが1基は細長い石室で前部は崩れ気味ですが奥壁が何とか見えています。岩がゴロゴロしていて墳丘を思わせる高まりがあったりして探すのは難しいです。駐車場は無料。
ここは前から知ってはいたが競輪場駐車場というのは敷居が高い(笑)、のでつい後回しにしていました。でも駐車場の1基だけでなく他にも見つかったから良しとしよう。
[ 2017年03月23日 19:14 ] カテゴリ:山口県 | TB(-) | CM(0)

向山古墳群

山口県防府市 2002年4月訪問、16年1月再訪

9基、2ー6号現存

(2016年)
分布図(説明板より)


2号
横穴式石室
位置:34°03′12″N 131°31′47″E
上部を失った石室、新しく説明板が設置


床面には全面に敷石


後方から


奥壁は四角い石を据えている

柱状袖石を立てた両袖式


3号
複室横穴式石室
林の中にはっきりした墳丘


頂部が盗掘で窪む


僅かに隙間開口


天井石が見えているが内部埋没


4号
複室横穴式石室
石室上部一部露出、手前の石が玄門辺りでしょうか


手前の石は側壁材だけど細長い


手前は奥壁、左は側壁


石室図、殆ど埋まっているようだ


5号
横穴式石室
位置:34°03′11″N 131°39′14″E
墳丘脇に案内板


墳丘脇に石材露出、羨道でしょうか


墳頂に玄室天井石露出


4枚の内1枚が抜かれ鉄網が架けられている


一見竪穴っぽい横穴、全般に平石を摘んでいる、側壁より奥壁の方が石材が小さい


玄門、両袖式


石室図、複室だそうですが


6号
案内板の奥に墳丘が見えている


頂部は広く平ら、主体部不明


(2002年)
2号
横穴式石室
位置:34°03′13″N 131°31′47″E

上部を失った玄室


横から、袖石を立てた両袖式


4号
石組みが僅かに残る程度、側の林の中に3号墳丘がある


(見学記)
(2016年)
防府市佐野、玉祖小学校西側丘陵南側斜面に分布する9基からなる古墳群で4基消滅、2-6号が現存しています。明照寺前の登り口の所に説明板があり分布図も載っていますが案内があるのでこれを見なくても訪問できます。一番上の墓地を過ぎた辺りに5,6号の案内板があるので(前回は無かったような)林の中に50m程入って行くと5,6号の墳丘があります。5号は尾根状の地形を整形して造ったようで下から見ると大きいが上から見ると低い墳丘に見えます。頂部は平坦で天井石が露出、1枚外されていてそこに柵を設けて閉じられています。持ち上げると内部を見ることが出来ますが背が高く持ち送りのある石室なので入るのは無理、玄室自体は保存状態はよさそうで両袖式の玄門も見えています。複室石室だそうです。本来の羨道入り口は石材が転がっている程度で完全に埋没。すぐ下にあるのが6号で5号と同規模の墳丘、ここも頂部は平坦ですが石材は全く見られません。元の道路に戻って少し登ると3号の案内板、林の中を20m程行くと古墳が見えます。墳丘自体はよく残っていますが墳頂部が盗掘で大きく凹んでいるが石材は全く見られず。狸の巣穴と思われる穴内部に僅かに石材が見えています。ここも複室石室だそうです。2,4号は道路沿いにある石室で下部しか残っていません。これは共に単室石室です。
14年ぶりの再訪、前回はフィルムの時代だったのでデジカメで撮り直してきました。前回見られなかった5,6号も見られて再訪にも意義があるな。山上に駐車場あり。3号だけ市史跡。

(2002年)
頂上に広場があり(ここにも古式の箱式石棺があったそうだ)車で上っていける。頂上近くの道路沿いの2,4号の石室があるがかなり破壊されている。側の林の中に3号墳があり墳丘が良好に残っているが石室は見えない。3号が市史跡。
[ 2017年03月16日 18:51 ] カテゴリ:山口県 | TB(-) | CM(0)

二六台古墳

山口県防府市 2016年1月訪問

箱式石棺?
位置:34°03′14″N 131°31′47″E
山頂が広場になりその片隅に移築


「石版を立てて長方形に並べた石棺」(説明板より)


石列は2重になっているような、どこまで正確な移築なのかな


見学記
向山古墳群から更に登って行くと山上に広い広場があります。この東側片隅に近くで出土した箱式石棺が移築保存されています。祠があってその土台となっていますが箱式石棺と言うには違和感ムンムン、単に石棺材を使ったというだけで忠実な復元ではないかもしれません。
[ 2017年03月16日 18:48 ] カテゴリ:山口県 | TB(-) | CM(0)

才谷古墳

山口県山口市(旧徳地町) 2016年1月訪問

横穴式石室(移築)、全長6.5m、玄室長2.8,幅1.7m(現地測定値)
位置:34°11′50″N 131°40′03″E
県道脇に標柱、でも行くのは右側の道


高速道脇に移築


上部を失った石室だが羨道までよく残る


正面から


羨道途中にあるのは閉塞石でしょうか


小型石材を積み上げた玄室、直線的に構成、袖石は切石のような角柱


玄室、石材はどれも同じような大きさ


奥から外、両袖式


左後方から


後方から、右隅に謎の石積み


右後方から、やはり副室のように見えます


副室拡大


それ程大きな空間ではなさそう


内側から見た様子、石が抜けたのではなく初めからなかったような



見学記
山口市徳地堀、中国自動車道徳地インターすぐ西側にある古墳です。高速建設の際発掘され10m程移動して移築保存されました。上部を失った石室で全長6.5m,玄室長2.8m程度、丸みを帯びた河原石を使用、袖石を立てた両袖式です。羨道もよく残っていて羨道途中には閉塞石もあったようです。変わっているのは玄室左奥隅、外側に更に石組みがあります。説明板にはこの部分には何も触れられていませんがひょっとして長野県の石室などで時々見られる副室でしょうか。だとすれば副室の石積みが見られる得難いものです。高速高架下の道路脇に案内表柱がありますがそこから100m程、でもこの標柱は水路の反対側に設置して欲しかった、分かるけどね。ちなみに読みは”さいだに”です。ここは前から知っていたけど遠いし移築石室だしなかなか行けなかった、これでしょうもない石室だったらがっかりするとこだったけど案の定天井はなかったけど残り具合はよくまずまずの石室でした。高架下にゴミステーションがありそこに駐車可。移築ながら市史跡。
[ 2017年03月09日 18:55 ] カテゴリ:山口県 | TB(-) | CM(0)

広沢寺古墳

山口県山口市 1993年4月訪問、2016年1月再訪

横穴式石室
位置:34°08′00″N 131°27′32″E

(2016年)
お寺南側の緩斜面に墳丘が残る


南側に開口


羨道埋没、ここは玄門辺り


玄室は良好、左側の小石は修復かも


奥壁は1枚石


奥から左、下部に大型石材、上に平石


奥から右、こちらも同じ積み方、円文?、まさかね


奥から外、右片袖式、左側にも埋め込まれたような袖石がある


(1993年)
墳丘、石室正面、盆地内の独立丘南側麓に立地


玄室、小型だが奥壁は1枚石


羨道はすっかり埋没


見学記
(2016年)
山口市黒川、山口JCT北側広沢寺境内にある古墳です。独立丘稜の泉香寺山南側斜面に立地。23年前にも来ていますが当時の写真を見るとまだ墳丘が見えていますが現在では樹木が成長して場所が分かりにくくなっています。しかも説明板や案内板が全くない。本堂東側に墓地がありそちらに向かう右下斜面にあります。南側に開口、羨道は埋没していますが長さ4m程の玄室は一部補修があるもののほぼ完存、袖石を立てた両袖式ですが左袖は幅が僅かです。奥壁は1枚石、天井石も巨石2枚、左右の側壁も基部は2枚の巨石と玄室規模はそれ程大きくないですが巨石を使った石室です。旧山口市内で中に入れる石室は多分ここだけ。寺駐車場あり。
[ 2017年03月09日 18:54 ] カテゴリ:山口県 | TB(-) | CM(0)

大内氷上古墳

山口県山口市 2016年1月訪問

前方後円墳、TL28,R15,FW14
竪穴石室
位置:34°09′46″N 131°29′53″E

丘陵から伸びた尾根状に立地、画面ほぼ中央麓辺りから登っていく道がある


墳丘図(説明板より)


後円部に竪穴石室があるが大きく変形、大きな石材は多分竪穴石室のだと思うが


祠を設置、この全面が大きく損壊


竪穴石室側面、この辺りは元の状態か


〃東側、大きな板石も元の状態か


〃西側にも大きな板石がある


前方部側面


前方部端


前方部隅から後円部


前方部から後円部


後円部から前方部


見学記
山口市大内御堀、氷上公民館北西の丘陵上にある前方後円墳です。南側麓を通る萩往還道路に案内板がありますがそこを曲がると道路が狭くて車では通れません。歩いていけばその後も案内が出てきますが一番肝心の丘への登り口に案内がないから大分手間取りました。上り道途中にも幾つも案内がありますがほぼ1本道だからそんなにいらないんですけどね。登り口側に小さな溜池と堤があるのが目印となります。古墳は尾根先端を整形してつくった前方後円墳で全長28mと小型、墳形はよく残っていますが後円上部は削平を受けているかもしれません。竪穴石室が露出していますが祭壇として利用され祠も置かれているのでかなり改変を受けています。祠の左右背後は元の状態でしょうが墳丘規模の割には竪穴石室が長いような。祭壇に使われている石材も全て石室材の再使用と考えると多すぎるような。かといって下から全部運ぶには大変すぎるしな。これは23年前にも探しにきましたが本に載っていた地図が全く違っていて見つけられず無事リベンジを果たすことが出来ました。日曜日で誰もいなかったので公民館に車を停めさせてもらいました。
[ 2017年03月02日 09:40 ] カテゴリ:山口県 | TB(-) | CM(0)

大塚古墳群

山口県山口市 2016年1月訪問

6基、4号消滅

大塚古墳
円墳、R30
箱式石棺
位置:34°09′28″N 131°31′15″E

水田の中に大きな墳丘が残る


後方の建物が低く見えるが古墳立地場所がやや高くなっている


幅広い周溝が巡る


かっては上にお堂があった石段はその時のだろうな


箱式石棺材を使った祠


かなり大きな石棺だったようだ


溝にかかる平石、これも石棺材だったかも


2号
左が大塚、右後方が2号、周溝すぐ脇にある


これだけ残っていれば分かりやすい


3号
民家敷地内、すぐ側に6号があるはず、4号は横穴石室を持つが消滅


5号
南東100m水田の中にある


周囲が削られ三角状になっている


見学記
山口市大内長野、市民プール西方200mにある径30mの大型円墳です。丘陵から張り出す舌状尾根上に構築、周辺は田んぼですが現在でもここが高まりになっている様子がよく分かります。大塚はその先端辺りに構築、尾根をカットした様子が一部水田の段差になって残っています。墳頂は広く平坦で大きな箱式石棺が出土し現在その石材を使った祠を見ることが出来ます。それを見るとかなり大きな石棺だったようです。近くの溝にも大きな平石がありましたがこれも大塚から出土したものでしょうか。周囲に4基の古墳があるそうで古墳群を形成しています。南東水田の中にあるのは裸の状態で確実(5号)、大塚西側民家敷地内にも2基、1基は確実ですがもう1基は若干?付き。側の道路ゼブラゾーンに駐車可。
[ 2017年03月02日 09:40 ] カテゴリ:山口県 | TB(-) | CM(0)

浄福寺古墳

山口県山口市 2016年1月訪問

円墳、R40,H5、5C
位置:34°04′45″N 131°23′18″E

山口盆地の入り口辺りに立地、看板が幾つもあるが古墳のではない


墳丘は樹木に覆われよく見えず


中腹の目立たない林の中に標柱を立てられてもな


墳頂は広く平坦で如何にも前期古墳


見学記
山口市嘉川、県道335号沿いにある浄福寺境内にある古墳です。径40m,高5m県内有数の大型円墳で墳丘も良好に残っていますが全体が樹林に覆われ(これが天然記念物)墳丘はよく見えません。上に神社があり頂部が平坦になっていますが5Cの古墳なのでこれは元々のようです。中途半端な場所に標柱が立っているだけで説明板がないなと思っていたら県道に面した寺入り口にありました。帰る時に見かけて慌てて引き返す。お寺の説明と一緒に書かれていたから古墳側と言う訳にはいかなかったんだろうな。南側に小公園があり駐車可。県史跡。
[ 2017年03月02日 09:39 ] カテゴリ:山口県 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋ブログ館
へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です
カウンター
プルダウンリスト
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります