古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  広島県 >  梅木平古墳

梅木平古墳

広島県三原市(旧本郷町)1988年4月訪問、2015年4月再訪

墳形不明、7C初頭
横穴式石室、全長12.8m,玄室長7,幅3,高4.2m
位置:34°24′18″N 132°58′09″E

(2015年)
下から見た様子、お堂の下に墳丘


28年ぶり、初心者の頃でもここは真っ先に訪問


開口部、前が急斜面なので正面から撮れない


長く大きな羨道あるいは前室、説明板には特に複室とは書かれていない


袖石を建てた玄門、まぐさ石も一段下がる


巨大な玄室、広島県では最大級、左側壁が孕んできているが28年前のと比較するとそれ程変化はないような


〃縦位置、背も大変高い


奥壁は3段積み、左に詰石があるので捻れたような印象を受ける


左側壁、石材は意外と薄いかも


右側壁、4段積みで各石材の高さが揃ってる


奥から外、両袖式、まぐさ石も2段


〃縦位置


天井(ストロボ無し)


前室奥から、羨道にしては袖石やまぐさ石があるな


〃(ストロボ無し)


西側から見ると多少墳丘が分かる


2号
麓民家敷地内に2号があるそうですがこれでしょうか、見学するのは難しそう


(1988年)
分かり難いが左側に開口している、県内で最大規模の石室


羨道、前室、板石を突き出して区画している


玄室


奥から外、複室構造が分かる


奥から前室、入り口の天井石が一段下がる


(見学記)
(2015年)
実に27年振りの訪問、石室も周りの環境も殆ど変わりないですが改めて石室の巨大さを堪能してきました。以前は複室席室の可能性が言われていましたが説明板にはそれには全く言及されておらず実際前室というには大きすぎるので普通の単室石室でしょうね。内部に照明施設がありこういうのは故障しているのが多いのですがここのは大丈夫でした。入り口が大きいので無くても全く問題ないのですがストロボ無しで写真撮影するのに役立ちました。他に音声案内もあります。再訪した理由は「探訪・広島県の考古学」に2号墳が載っていたこと。下の方の民家敷地内にあるそうですがそこはお屋敷風の建物で訪問は憚られる。西端に墳丘らしきものがありましたが墳丘にしてはちときれいすぎるかな。半壊した石室があるそうですが見学は無理っぽいです。梅木平古墳東側の神社前に駐車可。県史跡。

(1988年)
本郷町役場西方約2km、丘陵南側麓近くの斜面に位置する横穴石室墳です。本郷中学校の北東に山王社の鳥居がありそこから西側に石室が見えています。墳丘は斜面が多少突き出ている程度でかなり変形していますが石室は良好,県内最大級の石室です。現存長13.25m、玄室長6.3m、幅3m、高4.2mと畿内の石室にも匹敵する大きさで中に入るとその大きさが実感でき,これくらい背が高いとさすがに奥壁も3段積みです。玄室羨道幅がほぼ同じで袖石を突き出させた両袖式の玄室ですが石室入り口部分にも袖があって複室構造とも考えられています。石棺はありませんが当然あってもおかしくない規模です。県史跡。
[ 2017年02月09日 18:53 ] カテゴリ:広島県 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋ブログ館
へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です
カウンター
プルダウンリスト
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります