古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  山口県 >  女山古墳群

女山古墳群

山口県防府市 2002年4月訪問、16年2月再訪

女山東側に4,5基残存

(2016年)
横穴式石室
位置:34°01′43″N 131°32′01″E
丘陵中腹にある墓地内に保存


石室前部はかなり破壊


墳丘の様子は殆どわからない


天井石2枚残存


良好に残るのは後部2m程度


石室の中に古い墓石、江戸時代の物でしょうか、奥壁は1枚石


奥から外、殆ど墓石しか写りませんが


奥から左側


〃右側


4号
横穴式石室
3号西側、こちらは多少墳丘が残る


石室正面、前部破壊


奥壁は1枚+平石、側壁は上部が僅かに持ち送り


〃縦位置


奥から外、両袖かな


(2002年)
3号
横穴式石室
位置:34°01′43″N 131°32′01″E

石室正面


玄室内部、石仏が祭られている


4号
横穴式石室

石室正面、3号と同じ共同墓地内


玄室、2-3mと小型ながら整っている、近くの黒山古墳群と比べて小型


おまけ、同じ丘陵西側の墓地にあった、すっかり石室と勘違い


(見学記)
(2016年)
防府市西浦、独立丘陵女山に分布する古墳群です。東側麓近く華西中学校北側に墓地がありその中に2基あります。墓地に入るとすぐ目に入るのが3号、前部は大きく破壊され後部が残っている。奥壁は小型ながらも1枚石。内部には江戸時代かと思われる古い墓石が幾つも入っています。もう一つの4号は何処だと少々探しまわる、南側50mの所にありました。こちら小型の石室が残っている。側壁の厚みがそのまま袖になっているところを見ると残っているのはほぼ玄室でかなり小型のようです。他にもあるかなと周辺の山林を探してみましたが見つからず。この辺の山では普通ですが石材がゴロゴロしていてややこしい。墓地の登り口は東側にあり石仏が立っている。

(2002年)
女山東側、華西中学校北側の共同墓地内に残っていると言うことだがこの墓地が分からずおかげで山を半周して西側まで行ってしまい、こちらの墓地内でとんでもない物を見つけてしまった。てっきり石室かと思いしっかり掃除をして4枚も写真を撮ってしまったがどうも構造が変だ、後で地元の方に聞いたら墓掃除をする道具を入れておく為に作ったとのことでした。黒山5号の所有者の方から詳しい資料を見せてもらってなんとかたどり着くことができたけど仙台からこんなとこまで来ているのと少々あきれられてしまった。
[ 2017年04月20日 18:29 ] カテゴリ:山口県 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋ブログ館
へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です
カウンター
プルダウンリスト
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります