古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  岡山県 >  七つぐろ古墳群

七つぐろ古墳群

岡山県岡山市北区 1994年4月訪問

前方後方墳2,他5基
位置:34°41′00″N 133°54′25″E

古墳群のある尾根筋、墳丘は高まりが多少分かる程度、遠方の山が津倉古墳のある京山


(見学記)
半田山の西側に3基の古墳からなるのが都月坂古墳群です。津島小学校から上っていくと鞍部がありその西の小さな畑の中にあるのが全長33mの前方後方墳1号墳でしょうか(ちょっと小さい感じですが)。更に西に行くと山道の途中で小さく盛り上がった部分がありこれが方墳の2号墳でしょうか。ともに竪穴式石室を主体とし、特殊器台から発達した円筒埴輪の破片が出土していて発生期の古墳ではないかといわれています。更に西に行くと神社がありここに全長30mの前方後円墳があるはずですがはっきりとは確認できませんでした。更に西に行くと鳥山の頂上に至り、尾根に沿って南に下っていくとやや平坦な場所辺りに七つぐろ古墳群がありますが山道沿いに幾つか起伏がある程度でここもはっきり確認できませんでした。しかし見晴らしはとてもいいですよ(ということは下からも良く見えると言うことで)。発生期の重要な古墳群ですが墳丘の確認は?だらけでした。
(”ぐろ”は”土編に丸”)
[ 2013年04月23日 10:11 ] カテゴリ:岡山県 | TB(-) | CM(2)
九鬼さんへ
自転車通勤ですか、自動車では気がつかない風景が楽しめるかもしれませんね。
初めの頃は前方後円墳に興味があったのでこんな所にも行ってみましたが
当時でも藪状態で墳丘は殆どわかりませんでしたね。
案内板も説明板もなかったし殆ど訪れる人はいないんじゃないんでしょうか。
研究者にとっては初期古墳の重要な場所でしょうが素人にとっては視覚的にいまいち。
冬場に訪れたらまた報告してみてください。
[ 2013/09/30 08:33 ] [ 編集 ]
通勤途上で注目
こんにちは。
にわかに自転車通勤を始めまして、都月坂型特殊器台で知られる笹ヶ瀬の尾根を眺めながら、通勤途上で暫しの時間旅行をしております。
七つぐろは弥生末期から古墳時代初期の古い時代のものだとうかがいました。旧津山街道には特に上り口等の案内がないので、冬場になったら地元の古老にでも伺おうと思います。
京山が望めるんですね。楽しみです。
[ 2013/09/29 22:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋ブログ館
へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です
カウンター
プルダウンリスト
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります