古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  山口県 >  向山古墳群

向山古墳群

山口県防府市 2002年4月訪問、16年1月再訪

9基、2ー6号現存

(2016年)
分布図(説明板より)


2号
横穴式石室
位置:34°03′12″N 131°31′47″E
上部を失った石室、新しく説明板が設置


床面には全面に敷石


後方から


奥壁は四角い石を据えている

柱状袖石を立てた両袖式


3号
複室横穴式石室
林の中にはっきりした墳丘


頂部が盗掘で窪む


僅かに隙間開口


天井石が見えているが内部埋没


4号
複室横穴式石室
石室上部一部露出、手前の石が玄門辺りでしょうか


手前の石は側壁材だけど細長い


手前は奥壁、左は側壁


石室図、殆ど埋まっているようだ


5号
横穴式石室
位置:34°03′11″N 131°39′14″E
墳丘脇に案内板


墳丘脇に石材露出、羨道でしょうか


墳頂に玄室天井石露出


4枚の内1枚が抜かれ鉄網が架けられている


一見竪穴っぽい横穴、全般に平石を摘んでいる、側壁より奥壁の方が石材が小さい


玄門、両袖式


石室図、複室だそうですが


6号
案内板の奥に墳丘が見えている


頂部は広く平ら、主体部不明


(2002年)
2号
横穴式石室
位置:34°03′13″N 131°31′47″E

上部を失った玄室


横から、袖石を立てた両袖式


4号
石組みが僅かに残る程度、側の林の中に3号墳丘がある


(見学記)
(2016年)
防府市佐野、玉祖小学校西側丘陵南側斜面に分布する9基からなる古墳群で4基消滅、2-6号が現存しています。明照寺前の登り口の所に説明板があり分布図も載っていますが案内があるのでこれを見なくても訪問できます。一番上の墓地を過ぎた辺りに5,6号の案内板があるので(前回は無かったような)林の中に50m程入って行くと5,6号の墳丘があります。5号は尾根状の地形を整形して造ったようで下から見ると大きいが上から見ると低い墳丘に見えます。頂部は平坦で天井石が露出、1枚外されていてそこに柵を設けて閉じられています。持ち上げると内部を見ることが出来ますが背が高く持ち送りのある石室なので入るのは無理、玄室自体は保存状態はよさそうで両袖式の玄門も見えています。複室石室だそうです。本来の羨道入り口は石材が転がっている程度で完全に埋没。すぐ下にあるのが6号で5号と同規模の墳丘、ここも頂部は平坦ですが石材は全く見られません。元の道路に戻って少し登ると3号の案内板、林の中を20m程行くと古墳が見えます。墳丘自体はよく残っていますが墳頂部が盗掘で大きく凹んでいるが石材は全く見られず。狸の巣穴と思われる穴内部に僅かに石材が見えています。ここも複室石室だそうです。2,4号は道路沿いにある石室で下部しか残っていません。これは共に単室石室です。
14年ぶりの再訪、前回はフィルムの時代だったのでデジカメで撮り直してきました。前回見られなかった5,6号も見られて再訪にも意義があるな。山上に駐車場あり。3号だけ市史跡。

(2002年)
頂上に広場があり(ここにも古式の箱式石棺があったそうだ)車で上っていける。頂上近くの道路沿いの2,4号の石室があるがかなり破壊されている。側の林の中に3号墳があり墳丘が良好に残っているが石室は見えない。3号が市史跡。
[ 2017年03月16日 18:51 ] カテゴリ:山口県 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋ブログ館
へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です
カウンター
プルダウンリスト
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります