古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  広島県 >  常権現古墳群

常権現古墳群

広島県福山市(旧新市町)1996年4月訪問、2015年4月再訪

13基

(2015年)

(全部ではないですが見学路が出来たので見学順に並べています)
分布図(説明板より)見学路は3,12,4-8号沿い


1号
円墳、R11,H5
横穴式石室、玄室長5.8,幅1.8,高2.3m
位置:34°35′40″N 133°15′12″E
墳丘背後から、丸い墳丘


横から、斜面に立地している様子が分かる


石室正面、前面が削られている


石室前上部が壊失も概ね良好、全国唯一メジャー付きの石室


巨石石室、背が高いと一層大きく感じる


奥から外、側壁もほぼ垂直に立ち上がる


奥から左側


奥から右側、隙間の小石もよく残る


13号
_1:良好に残る墳丘、石室見られず


2号
道路脇に案内板、古墳はフェンスに囲まれた場所


さすがにこれでは案内がないと分からない


石垣に開口、石室奥しか残っていない


鏡石らしい形の奥壁


3号
僅かな高まりがあるだけ、見学路は矢印で示されている


小さな天井石が露出、左右に側壁が見えている


内部は殆ど埋没、奥壁が僅かに見えているかな


調査中その1
石室かどうか微妙


12号
標柱がないとわからないような状態


手前が石室先端辺り


天井石らしい加工された平石


左が奥壁、右が側壁


左側側壁


4号
標柱の奥に天井石露出


左が石室先端でしょうか


6号
本格的な石室露出


でも石室内部は埋没、羨道先端まで残っているようだ


天井石も1枚抜けているかな


重量感のある天井石


7号
石室天井石が露出


斜め前から、2,3番目は動かされているようだ


何とか奥壁が見えている、2段積みかな


8号
急斜面に立地


天井石露出、隙間あり


右が側壁、天井はずり落ちかけている


調査中その2
これは石垣の可能性が高いかな


5号
6号に似た本格的石室


やはり状態はあまり良くなく


内部に土砂流入


中間の天井石壊失


玄室奥、ほぼ埋まり奥壁は見えず


9号
横穴式石室、残存長1.9,幅1,高1.1m
位置:34°35′38″N 133°15′03″E
見学路を外れて道路沿い、石垣に開口


これも石室後部しか残っていない


ほぼ1枚石の奥壁、側壁は平石形


10号
右が10号、左が11号、9号から20mくらいしか離れていないが前に竹林があって見えなかったんだろうな


石室内部に大きな木が生えている


横から


石室内部は埋没


天井石は最後部1枚しか残っていない


11号
石室正面、こちらも前部はかなり破壊


こちらも半ば埋まる


何とか奥壁が見えている


一応鏡石らしい形の奥壁


(1996年)
1号
円墳、R11,H5
横穴式石室、玄室長5.8,幅1.8,高2.3m
位置:34°35′40″N 133°15′12″E

墳丘背後から


石室正面、前面がすっかり壊失


背の高い玄室


9号
横穴式石室、残存長1.9,幅1,高1.1m
位置:34°35′38″N 133°15′03″E

玄室後部がかろうじて残っている


玄室内部


(見学記)
(2015年)
新市町大字常、案内が整備されたというので再訪してみました。こんな山の上だったかなというのが初めの印象。県道26号から入って行きましたが途中の道が狭く苦労しました。上の方はそれ程でもないんですけどね。金毘羅神社前に説明板と分布図があり分布図を載せた用紙もありますがこれらが必要ないほど案内が充実しています。まずはメインの1号を見学、墳丘背後はよく残っていますが前部が削られ石室も前部は壊失しているんでしょうね。その分石室の背の高さが強調されています。大きさを示すため石室前や床面に物指が置かれています。整備された石室は多く見てきましたが物指が置かれているのは初めてかな。奥壁はほぼ巨石1枚石です。他の古墳に比べて1号だけが墳丘石室とも突出した規模です。少し奥に入った所に13号、この古墳群の中では一番良好に墳丘が残っていますが石室は全く見られません。神社に戻って東側民家の前に2号があります。石室後部が残っているだけ。普通ならこういう民家敷地内は入って行きにくいのですがちゃんと見学路が整備されています。この北側に3,12号、神社西側に4-8号がありますが林の中で見学路は整備されていますが石室が露出するも内部は埋まるなど状態のいいのはありません。神社前の道路を西に200m程行くと9号、石垣の中に開口していて石室後部が残存。更に西側竹林の中に10,11号があります。竹林が伐採されて見学しやすくなっています。どちらも殆ど石室露出、10号は天井石を殆ど失った石室で内部埋没、11号は小型ながら比較的状態がよく内部は多少埋まるも奥壁まで見えています。前回訪問の時注意していればこれは発見できたかなと思ってしまった。古墳群が見学しやすいよう整備されるのはよくありますがここまで充実しているのはそうそうありません。関係者各位に感謝感謝です。神社前に駐車可。

(1996年)
神社脇に分布図があって13基の古墳が見えていますが,容易に見られるのは1,9号だけです。1号は民家の裏にあって墳丘前部は削られていますが玄室および背後の墳丘はよく残っています。石室は奥壁,天井石に巨石を使い長さ5.8mあります。9号はため池北側林の中にあって,小型の石室のみが残っています。
[ 2017年01月26日 18:59 ] カテゴリ:広島県 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋ブログ館
へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です
カウンター
プルダウンリスト
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります