若宮八幡古墳(若水神社古墳)

埼玉県東松山市 1999年3月訪問

円墳、R30,H4
複室構造横穴式石室、全長8.65m
位置:36°01′22″N 139°22′23″E

石室正面、上に神社が乗る


両袖式複室構造胴張りの石室、砂岩質泥岩切石を使用


(見学記)

これは「さいたま古墳めぐり」には載っていない、歴史資料館での唯一の収穫。時間があったので館内のビデオを全部見ていたらこの古墳が紹介されていた。しかも石室がある、これは是非行かなくちゃと言うわけで来てみたが、神社という目標があったので割と簡単に見つけることが出来た。下唐子地区の県道172号沿いにある径30m、高4m、6C終末~7C初の円墳です。南側に両袖式複室胴張り式の横穴石室が開口、全長8.65m、入り口に柵があって中には入れず玄室の方は薄暗くてよく見えません。一応側の説明板を参考に、石室は砂岩質泥岩の切石で構成、玄室はやや持ち送り、奥兵は切石4枚からなっています。県史跡。
[ 2013年02月19日 10:18 ] カテゴリ:松山市 | TB(-) | CM(0)

諏訪山古墳群

埼玉県東松山市 1995年2月訪問

前方後円墳2,前方後方墳1,円50基

浅間神社古墳
前方後円墳、R27
位置:36°00′23″N 139°23′47″E

前方部消滅


高坂諏訪山古墳
前方後円墳、TL75
位置:36°00′18″N 139°23′55″E

後円部正面、墳丘は大変良好、墳頂平坦部は狭く、背が高い


後円部側から前方部、後円部に比べてかなり小さい


(見学記)

将軍塚南西2km、西本宿の老人福祉センター東側の林の中にある全長61m、高5.8mの前方後円墳です。保存状況は大変よく載頭円錐型の高い後円部、前方部も細長く端に行くに従って少しずつ高くなる様子が見てとれます。すぐ西側に前方後円墳の29号がありますが、藪の中でよく分からず。さらに西側の神社も古墳の上に立っているようです。
[ 2013年02月19日 10:17 ] カテゴリ:松山市 | TB(-) | CM(0)

雷電山古墳

埼玉県東松山市 1995年2月訪問

帆立貝式、TL76,RH7
位置:36°05′02″N 139°23′28″E

前方部隅から後円部、上に神社があるが墳丘良好


後円部側から前方部


他:前方部側、ゴルフ場内


(見学記)

県道に三千塚古墳群の標識がありそこから古墳まで市道(殆どゴルフ場のための道路)が通っています。全長80m、高8mの帆立貝式の古墳です。墳頂部に神社がありますが墳丘の保存状況はよいようです。すぐ側のゴルフ場入り口に円墳らしき物が1基ありますが三千塚古墳群は何処。
[ 2013年02月18日 10:44 ] カテゴリ:松山市 | TB(-) | CM(0)

野本古墳群

埼玉県東松山市 1995年2月訪問

前方後円墳1、円7

野本将軍塚古墳
前方後円墳、TL115,RH12.5,FH7
位置:36°00′54″N 139°24′55″E

後円部、斜面が急、比較的良好だが墳丘は見づらい


6号
円墳、R17
位置:7号すぐ西側
石室の一部?


7号
円墳、R21
位置:36°00′25″N 139°26′26″E

周囲を発掘中、1年後GSが出来ていた




(見学記)

県道に案内標識があってすぐの所です。全長125m、 後円部高12m、前方部高7mと大型の前方後円墳で県内2位の規模です。後円部に神社があり前方部端も削られているとのことですが墳丘はおおむね良好、でも杉林や灌木に覆われていて全体像は見にくい。後円部の斜面が大変急で殆ど崖といっていいくらいなのが印象的でした。県史跡。
[ 2013年02月18日 10:43 ] カテゴリ:松山市 | TB(-) | CM(0)

柏崎古墳群

埼玉県東松山市 1995年2月訪問

前方後円墳1,前方後方墳1、円20基

熊野山古墳(おくま山古墳)
前方後円墳、TL62,R41,RH7,FH2
位置:36°00′57″N 139°25′59″E

右手に低い前方部


墳丘は良好


後円部正面


天神山古墳
前方後円墳、TL63
位置:36°01′06″N 139°25′54″E

右手前が前方部、かなり削平されている、場所を知っていないと見つけるのは困難


3号
畑の中にひっそりと


11号
道路で半壊、石室?の一部が見えている


(見学記)

将軍塚東方2km、柏東地区に分布する柏崎古墳群の中の1基です。工場の南側にあり全長62m、径41m、後円部高7m前方部高2mの帆立貝式古墳です。墳丘は疎林となっていますが保存状況もよく大変見やすいです。前方部に説明板と標柱がありますが一方はおくま山、もう一方は熊野山古墳となっています。同じ市の教育委員会が立てた物ですから名前は統一して欲しいですね。ちなみに「古墳辞典」ではおこま山となっています。市史跡。工場北側にも全長63mの前方後円墳天神山古墳がありますが墳丘が低い上に東半分が住宅となっていますからその気になってみないと分かりにくいでしょう。周辺にもいくつか円墳が分布しています。南側の古凍(ふるごおり)地区にも幾つか古墳が分布しています。
[ 2013年02月18日 10:41 ] カテゴリ:松山市 | TB(-) | CM(0)

川上神社古墳

愛媛県東温市(旧川内町)2007年2月訪問

長形墳又は長円墳、40×20,H5
横穴式石室(双室)
東石室、全長7m、玄室長2.65,幅2.1,高2.1m
西石室、閉鎖
位置:33°47′49″N 132°55′00″E

東石室入り口


羨道


玄室、奥壁側壁天井石も殆ど1枚石の巨石からなる


奥から外、両袖式、奥行きがあまりないのでこれで精一杯


(見学記)

町役場(現東温市川内支所)北側200mにある川内神社境内にある古墳です。本殿背後に東西に細長い墳丘が残っていて石室が2基ありますが西石室は閉鎖、東石室だけが開口しています。入り口辺りには閉塞石が残っていて開口部はかなり狭いが埋まっているのはこの辺りだけで中はそれ程でもありません。玄室は奥壁側壁天井石とも巨石の1枚石を使った見事なものです(東側の側壁は一部平石使用)。構造的には素晴らしいですが写真を撮ると変化が無くてちょっとつまらない。市史跡。
[ 2013年02月16日 10:53 ] カテゴリ:東温市 | TB(-) | CM(0)

大下田古墳群

愛媛県砥部町 2007年2月訪問

県立総合運動公園内に十数基

1号
円墳、6C
横穴式石室、玄室長3.3,幅2.3,高2.6m
位置:33°45′44″N 132°47′41″E

丘陵頂部に立地、羨道前部は改変されているようだ


羨道、左右の側壁は元のままのようだ


小型の石材を使った玄室


奥から外、両袖式、床面が一段下がっている


3号から見た1号


2号
円墳、6C
双室墳
1号石室(西側)、玄室長3.2,幅1.7,高2.3m
2号石室(東側)、玄室長4.8,幅2.1,高2.3m
位置:33°45′50″N 132°47′38″E

1号付近から見た墳丘


墳丘南側、東西に石室開口


1号石室正面


羨道


保存状態のよい玄室


玄室奥壁


奥から外、両袖式、玄室床面が一段下がる、羨道入り口にも閉塞石が残る


2号石室正面、前面が広がっている


羨道


玄室、非常に状態がよい


奥から外、両袖式、1号石室と構造が似る


3号
前方後円墳
双室墳
位置:33°45′52″N 132°47′45″E

1号から見た墳丘


墳丘南側、左が前方部


後円部石室開口部、中は真っ暗で殆ど見えない


石室内部、隙間から無理矢理撮影


前方部石室正面、こちらも柵越しに見学(一応)


背の高い玄室、玄室中央床面に仕切り石があり更にその奥に不思議な立石がある


奥から外、両袖式


その他の古墳(番号は仮称)
2B号
2号すぐ南側、割と大きな墳丘、これも双室墳のようだ


東石室、石室は小型みたい


西石室、奥は2号


4号
3号西側尾根筋に数基の古墳が並ぶ、右奥が3号


5号
僅かな高まりが残るだけ、古墳でないかもしれない


7号
急斜面際にある墳丘


露出した天井石


(見学記)

松山市と砥部町にまたがる総合公園内にある古墳群です。砥部町側にある動物園駐車場西側に1号の案内表示があり丘を登っていくと頂辺りに大きな墳丘があり西側に石室が開口、羨道は大分改変されているようだが側壁は途中で積み方が変わっている感じで奥の方は元の側壁が残っているかも。玄室は床面が一段下がっている。背が高いがその割に奥行きはあまりない。奥壁も側壁も小型の石を積み上げていて持ち送りがある。側壁が少しはらんできているようだ。1号から降りていくと駐車場西側に2号の墳丘が見えている。こちらは南側に石室が開口、東西に石室を持つ双室墳で共に大変良好です。石材が小型、床面が一段下がるなど構造は1号と共通だが奥行きがかなりある。東側石室の方が西側より奥行きがあって少し大きい。その分残っている墳丘も大きくて現状では瓢箪型の双円墳のように見えてます。このすぐ南側にも割と大きな墳丘があり石室が一部露出しています。こちらも双室墳のようだが石室はかなり小型のようだ。3号は1号の駐車場を挟んだ北側丘の上にあります。前方後円墳だが現状では細長い墳丘が残る。こちらも南側に石室が開口する双室墳です。東側後円部の石室は柵があり隙間から覗けるけど中は真っ暗で殆ど分かりません。西側前方部の石室も柵越しに見学することになりますがこちらは割と明るくて内部が見えている。床面に仕切り石がありその奥に立石が2枚立っている。初めて見た構造物だけどなんだろう、石障でも石槨でもなさそうだしな。西側の尾根筋に幾つか古墳があり2基で石室石材が露出しています。県史跡。
車で見学するには駐車料金が必要ですがそれだけの価値のある古墳群でした
[ 2013年02月16日 10:52 ] カテゴリ:砥部町 | TB(-) | CM(0)

水満田西古墳群

愛媛県砥部町 2007年2月訪問

20数基、古墳公園として保存

分布図(説明板より)


全景:谷に面した南向き斜面に分布


2号
円墳、R17,H3.4
横穴式石室、全長8.8m、玄室長4.5,幅1.7m
位置:33°58′22″N 132°48′23″E

復元墳丘かな


ガラス越しに玄室見学、内側に水滴がついて殆ど分からず


3号
円墳、R20
横穴式石室

墳丘


石室正面


背の高い玄室、奥壁側壁とも小型の石材使用


4号
墳丘


墳頂に露出した石室石材


10号
斜面に立地、割とよく残っている方


21号
急斜面に立地、墳丘背後の溝がよく残っている


(箱式石棺)
3基の箱式石棺を移築展示


釈迦面山古墳出土




大下田古墳群出土


(見学記)

砥部町麻生、国道33号運動公園交差点から北へ約1km、信号のある小さな交差点を西に曲がって小さな道に入ると案内表示が出ているので後はそれに従って行くとちょっと不釣り合いなくらい広い駐車場があります。そこからため池の堤を渡ると正面の斜面が古墳公園となっています。二十数基からなる古墳群ですが墳丘が比較的残っているのは数基だけ表示板が立っていても古墳と分からないようなのもあります。石室が見られるのは上の方にある2,3号だけ。3号は玄室を柵越しに見学、奥壁側壁とも小型の石を積み上げています。2号は墳丘復元されたのだろうか周りを列石が取り囲んでいます。こちらはガラス越しに玄室を見学することになるが内側に露がついて殆ど分からなかった。こういうのは今年はこれで2回目(この後もう一回あった)ワイパーが欲しいぞ。園内に他の古墳から出土した箱式石棺が3基展示されています。
[ 2013年02月16日 10:49 ] カテゴリ:砥部町 | TB(-) | CM(0)

山口古墳群

愛媛県四国中央市(旧川之江市)2002年4月訪問、2007年3月訪問

1号
横穴式石室、石棚
位置:33°58′33″N 133°34′57″E

水田の中に残る墳丘(西側)


南側から、石室を覆う程度に墳丘が残る


開口部、右側の白い石が奥壁


石棚のある玄室


奥から外、羨道埋没


4号
墳丘、上に箱式石棺の石材を使ったらしい祠があった


(見学記)

(2002年)
IC東側、丘陵麓近くの緩傾斜面に立地する4基からなる古墳群です。1号は高速側の水田の中にすっかり小さくなった墳丘がある。東側に開口部があるがこちらが奥側、内部は多少埋まっているがそれより笹が密生していて入るのは困難でした。川之江市の古墳を紹介しているHPを見るとなんと石棚があるではないですか。開口部から覗いたすぐ頭の上にあったんではないですか。全く気づかなかったよ、大ショック。このHPは事前に見ていたはずなのに忘れていたのかな~、知らなければよかった。4号墳は150m程南、団地脇の水田の中にあります。墳丘の上に板石を使った祠がありますが箱式石棺の石材を使用したのでしょうか。2,3号は痕跡しか残っていないようで見つけることは出来ませんでした。

(2007年)
前回石棚を目の前にして悔しい悔しい思いをしたので再訪してきました。古墳の方は相変わらず開口部から中を覗くとやはり細竹が密生していました。1年前OBITOさんが掃除しているはずなのに成長が早いですね。周りは水田墳丘上だけ竹が生えている状態で竹も一生懸命なんだな。と言ってもこれを取り除かないと撮影できないので愛媛でここが最後と言うこともありしっかり掃除させて貰いました。そうやってじっくり見ると石棚はおろか石室自体が割と良好に残っているのが奇跡としか言いようがない状況ですね。
[ 2013年02月16日 10:47 ] カテゴリ:四国中央市 | TB(-) | CM(0)

東宮山古墳

愛媛県四国中央市(旧川之江市)2002年4月訪問

円墳、R14,H3、6C前半
横穴式石室
位置:33°58′40″N 133°34′51″E

中央の独立丘稜頂にある、手前の水田に山口古墳群が分布


正面奥が古墳、手前に箱式石棺、陵墓参考地


(見学記)

三島川之江IC北側の独立丘頂にある。丘は小さいが下から登る石段は長~い。頂に小さな広場に箱式石棺があり古墳はその右手にある。径15m程の小さな円墳で横穴石室を持ち鏡や玉類など豊富な遺物が出土したが現在は陵墓参考地となっている。
[ 2013年02月16日 10:45 ] カテゴリ:四国中央市 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR