積善寺古墳

広島県世羅町 2022年11月訪問

円墳、R11,H2
 横穴式石室、全長7.3m、玄室幅0.9,高1.2m
 位置:34°32′58″N,133°06′59″E(日本測地系)
    34.55268011,133.11380125(世界測地系)
お寺への道に案内板があった、寺は右なので当然左の道へ行った、行けないこともないけど間違い


お寺の手前で左に曲がる山道を行くと小屋、この小屋は下の道からも見えている


尾根先端に築かれた墳丘


東向きに開口


奥に奥壁が見えている、前部少し壊失


石室内部、ちょうど朝日が差し込んでいた


ストロボ撮影


奥壁は縦長ほぼ1枚石、右側壁が重なっているがこれが元の状態か


奥から外、前部で土砂が堆積


石室天井、奥から


(見学記)
宇津戸、積善寺東側の尾根先端に構築された古墳、墳丘もよく残っていて径11m高2m、東向きに開口、全長7.3mだそうですが玄室長は5m程度、細長い無袖式の石室です。割石積みで奥壁はほぼ1枚石です。朝8時頃訪問したら調度朝日が石室内に差し込んでいました。お寺への入り口に説明板が立っていて古墳はその上の方、左側に林道がありますがそちらに行ってはいけません(体験者談)。寺方向に行くとすぐ広いスペース(多分駐車場)、見上げると小屋があって古墳はその脇、右手側から登っていけます。

篠原東古墳群

広島県府中市(旧上下町)2022年11月訪問

7基

その1
 位置:34°39′55″N,133°11′11″E(日本測地系)
    34.66849927,133.18379306(世界測地系)
民家に向かう道路から林の中に石室が見えている


石室前を山道が通る、墳丘は殆ど見られず


石室前部は壊失か


石室正面、板状に加工された天井石


石室内部、やや埋まるが元々低いか


ストロボ撮影、長さ3m程、側壁奥壁とも下部に大型、上部に小型石材


奥壁、鏡石らしい石材、左右側壁も同様の構造


奥から外、前部壊失だが無袖か


その2
山道を更に進むとその2、前部天井壊失、手前の石材を見ると石室最前部辺りか


全長6,7mの石室がよく残る、その1に比べて小型石材が少ない


ストロボ無し


天井石2枚残存、奥の方が長大


奥壁は四角い鏡石


奥から外、ストロボ無し


奥から右側


奥から左側


その3
その2下方に墳丘が見えていた、山道は更に続いていたが古墳は見当たらず


近寄ってみると石材露出


更に下方辺りから、現地だと何とか石室だと分かる


石室後方部、天井石が原位置で残っている


石室後方から天井石の並び


最後部に隙間があった


中を覗くと石室が良好に残っていた


これは入らなくちゃで中に入って撮影


ストロボ撮影、奥壁は縦長の鏡石+平石


奥から外、右上の隙間から入る


その4
その1に戻って上の方を探しました、石材を抜かれた跡かな


その5
更に上の方、これは間違いなく石室


最後部辺りだけが何とか見られる


切石状奥壁、幅は30cm程度と狭い


(見学記)
上下町岡屋、篠原古墳群から更に東側、7基からなる古墳群です。県道から脇道に入っていくと大きな家の手前で左手林の中に開口している石室が見えました。奥行き3m程、この前を山道が通っていています。更に進むともう1基開口、これは先端まで残っているようで前部天井を壊失していますがそれ以外ほぼ完存、長6,7m程、奥壁はよくある四角い鏡石+平石、天井石は3枚ですが一番奥のが長くすこぶる巨石です。更に行くとすぐに左下に墳丘が見えています。石室も見えていますが天井石は傾き内部埋没、最奥の1.5m程度でなんとか内部が見られます。簡単に見つかるのはこの3基だけ、他は探し回ったが見つからず最初の石室の上の方で奥壁辺りが僅かに残っているのが見つかった程度でした。分布状況が全くわからない中で入れる石室が3つも見つけられたから満足。脇道手前に駐車スペースあり。脇道は私道かもしれない、そうでなかったら中に入ったところにも駐車スペースがあります。

篠原古墳群

広島県府中市(旧上下町)2022年11月訪問

林際に案内板、だが特に道はない


その1
 横穴式石室
 位置:34°39′59″N,133°10′47″E(日本測地系)
    34.66961007,133.17712703(世界測地系)
尾根筋東斜面に大きく破壊された石室、石材はかなり加工されている


右斜め前方から


最後部辺りだけが残存、かなり加工された天井石


最後部正面、後方にも石材が見えるが天井石ではなさそう


天井も1、2枚だけが原位置を保つ


かなり危険な状態の側壁


崩壊寸前


後部3m程度が良好に残存


奥壁は2段積みか、末原古墳に比べて詰石が少ない


奥から外、天井席が傾き転落


内側から見るとますます危険な状態


その2から見たその1


その2
直ぐ側にその2、更に周辺を探したが見つからず


これもその1と似たような状況


内部を見たら最後部じゃなく途中だった


後方にもまだ天井石が続いていた


横から、石室内部は埋没


_2辺りを横から


見学記
上下町岡屋、これもグーグルマップに載っていました。ここも前の道路に広い駐車スペースあり。どこから林の中に入ろうかと探していたら林の中に案内板が立っていました。それに従って矢印の方向に進む、尾根筋からやや東ずれた緩斜面に2基の石室が並んでいました。手前のがやや大きく長5,6m程度、前部は天井石が傾き石室内に落下、よく残っているのは後部くらいです。天井石2枚残存、でも手前のを支えている側壁が今にも崩れ落ちそう、これが崩れたら多分天井石も落下します。すぐ北側のはやや小型、状態も悪く半ば埋没しています。4基あるようですがこれ以外見つからず。

末原古墳

広島県府中市(旧上下町)2022年11月訪問

横穴式石室
 位置:34°40′20″N,133°09′27″E(日本測地系)
    34.67544229,133.15490691(世界測地系)
案内板じゃないけど林縁の四角い黄色い標識辺りから入っていく


尾根先端辺りに立地、墳丘は多少残る


尾根主軸方向、南側に開口


奥壁が見えています、石室後部2m程度しか残っていない


下が埋まっているけど奥壁は2段積みか


奥壁拡大、隙間の詰石もよく残っている


入るまでもないので右を撮って


左を撮って


結局中に入って側壁正面から


反対側も正面から


(見学記)
上下町井永、これはグーグルマップに載っていたので行ってみました。前の道路に駐車スペースもあったし(これが重要)。何処から林の中に入ろうと探して小さな墓地があったのでそこから入ってみました。後はグーグルマップのアイコンを頼りに探して尾根先端に古墳がありました。グーグルマップを捜索に使ったのは初めてかな、ここは正確だったけど微妙に位置が違っていたら古墳群ではあてにならない。尾根先端を整形して構築、低い墳丘が残っている。南側に開口、前部は大きく破壊、後部2mくらいしか残っていません、奥壁は2段積みか。幅は1.5mくらいあるから結構大きな石室だったようです。

南山古墳群

広島県府中市(旧上下町)1996年4月訪問、2022年11月再訪

(2022年)
1号(南山古墳)
 前方後円墳、TL23,R14,FW9,RH3、7C
 横穴式石室、全長8.4m,玄室長5,幅4.5,高2.2m
 位置:34°39′47″N,133°09′52″E (日本測地系)
    34.66627675,133.16185066(世界測地系)
樹木が伐採され美しい姿を見せている


石室真正面から撮ると電線が邪魔になるのが残念


電線が入らないギリギリのアングルで撮影


前方部側から、前方部が殆ど分からない、斜面際に立地しているのが分かる


斜め後方から


後円部から前方部、後方の林に3号がある


開口部斜めから、元々それ程伸びてなかったかも


開口部正面、幅の割に背が高い


羨道、側壁に殆ど真っすぐ立っている、左側壁はそのまま玄室側壁に連続


〃縦位置、まぐさ石はなさそう


玄室も極めて良好、側壁上部に僅かに持ち送り


天井石、一部で荒々しい加工


右側壁


左側壁、全体にブロック状の中型石材


奥壁は基本的に左右2列になっている


奥から外、左片袖式、まぐさ石がなく羨道天井が一段下がる


〃ストロボ無し縦位置


〃縦位置


天井


羨道奥から


3号
案内板は何故か平山古墳となっている、山道は途中で消えている


墳丘背後から


北東方向に開口、石室前に倒木


しゃがんで入るが特に問題なし


内部も特に荒れることはなく


奥壁は1号と同じく2列か、一応将棋の駒型の鏡石を据える


奥から外、右片袖式、袖石は側壁に食い込むことなくほぼ置いている感じ


(1996年)
(プリントをスマホでデジタルスキャン)
1号(南山古墳)
斜め後方、下側から、この頃は木が生えていた


前方部側から


斜め後方、上側から


上側から、後円部に少し凹みがあるか


後円部正面


石室正面


羨道、縦位置


玄室


奥から外


3号
墳丘背後から


石室正面側


開口部正面


玄室


奥から外


(見学記)
(2023年)
上下町水永、ここも26年ぶりの訪問、以前は林の中でしたが今はすっかり伐採され、完全裸の状態、県道から前方部が短く低い前方後円墳の様子がよくわかります。石室も県道方向を向いているし絶好の撮影ポイントだけど太い電線が邪魔になる。以前はなかった大きな説明板が立っていました。石室自体は特に変わりなし、入り口辺りが急に狭くなっている様子がわかります。北側に2号墳があるそうですが探し忘れた。水永バス停背後に駐車スペースあり。
南山古墳南東の林の中に3号があります。北側入り口に案内板がありますが何故か平山古墳となっている。山道自体は途中で消えています。県道際に古墳、高まりが残り南側に石室開口、倒木等で荒れ果てていますが石室自体は良好、4m程度でしょうか。
(追記)グーグルマップには平山古墳として載っているが明らかに位置がおかしい、3号はもっと県道寄り、まさか別の古墳なのか

(1996年)
県道脇にあり,水永バス停から墳丘を望むことが出来ます。後円部に石室の開口した前方後円墳で全長(22.5m)の割に後円部が高く(4m)寸詰まりの感じのする古墳です。石室は奥に向かって末広がり的に広くなっていて長さ8.3mです。南東側竹林の中に墳丘,石室ともよく残った3号墳があります。

二反田古墳群

広島県府中市(旧上下町)2022年11月訪問

横穴石室墳、2基

県道から見た様子、奥の林の中にある、手前の橋の脇に案内板があるが小さいので分からない


橋を渡った右側に案内板、でも反対向き、午前中ここを渡った時は”ゴミ捨てるな”とかと思って気がつかず


確かに案内板、矢印の方向もあっている、でもこの向きではね


林の前に墓地、午前中はここまで来ていたんですが、林に入って右奥、谷筋を歩いていきます


その1
 34°39′34″N,133°10′04″E(日本測地系)
 34.66266612,133.16518367(世界測地系)
尾根筋にハッキリした墳丘


上側から、左にその2が見えている


東向きに開口


石室前部はかなり破壊


最奥だけ天井が残る、天井石上下が見事に切石状


奥壁はほぼ1枚石、天井石は2枚残存、手前の落下した石も切石状


右側壁、奇妙な形だと思ったが


正面から見ると2石でした、でも左側は1枚かな、やはり変わった形


左側壁、奥の方が鏡石にも使えそうな形


〃奥から


その2から見たその1


問題はこれ、形からして天井石かな、外護列石にしては大きい


その2
その1すぐ下にその2


東側が窪んで石室大きく破壊


石室基部だけ残存


上記同じ位置から反対側、細長い石室か


(見学記)
上下町水永、南山古墳南東500m林の中にある2基からなる古墳群です。県道から案内板が見えているそうですが見当たらず、マップにプロットしていた位置も間違っていたようで見つからず一旦諦めました。近くの他の古墳を探していて案内板があるのに気づく、どれも同じような形式。ならばここにもあるかと思って午後探してみたら確かにありました。コンクリの橋を2度目に渡ったところにありました。最初の時もこれを見ていたが裏返し状態、よくある注意書きの看板かと思って見落としていました。確かに反対側に二反田古墳と矢印と他のと同じ形式、矢印の方向も正しいけどこれでは意味がないだろ。確かに県道からも見えていますが文字も見えないし気がつくことさえまず無理です。とにかく橋を渡って林縁に2基の小さなお墓(午前中もここまでは来ていた)、ここから林に入って右側浅い谷筋を入っていく(歩きやすかったから行ってみただけ)と奥に2基の古墳が並んでいました、ホッ。奥の方が大きく1号か、南側に開口、前部は天井石が傾いているなど状態は良くないが奥の方はよく残っています。奥壁は1枚石、天井石2枚残存しています。墳丘周りに石が露出、外護列石でしょうか。すぐ下に2号が隣接、こちらは細長い石室が露出、状態は悪く基部残存、側壁片側が露出程度です。案内板手前橋の袂に駐車可。
(追記)グーグルマップに載っていた、私が訪問した頃は載ってなかったから探すのに手間取った。
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。
メール連絡が必要な方は↑からお願いします

ブログ内検索
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示