石走山古墳

山口県田布施町 2013年4月訪問

横穴式石室、全長10m、玄室長6,高2.5m(概略)
位置:33°57′30″N 132°01′32″E

丘陵頂部南側の緩斜面に立地、南側に開口


羨道天井壊失もそれ以外良好、手前の石材は閉塞石か


玄室完存、上部の石はまぐさ石


やや持ち送りのある玄室


〃(縦位置)天井部はやや細長い


奥壁に相応しい巨石


奥から外、無袖式かな


〃(縦位置)


側壁に埋め込まれた袖石風の立石


背後から見た墳丘


葛岡古墳(仮称)
_1:前年捜索の過程で偶然見つけた古墳、場所は全然違いますが


(見学記)
田布施町川西、名前の通り石走山にある古墳です。でも地図に載っているような山ではないので近くまで行って地元の方に聞く。一応石走山古墳と聞いたんだけど尋ねた人は石走山と思ったらしく(よくあります)目の前の丘を教えてくれた。登っていく途中で石走山遺跡の標識もあったのでここで間違いないと思ったが古墳らしきものは何もない。その内道路に面した切り通しに出て南側にも山がある。どうやら山が道路で南北に切断されたかなと思って南側の山の方に行ってみると西側麓に案内表示がありました、ホッ。山道を登っていくと途中に又案内がありますが藪道なのでもう少し登って開けた場所から接近した方が楽です。墳丘は割と残っていて南側に開口、羨道前部が破壊されていますが他は完存、閉塞石も一部残っています。玄室は無袖式ですがまぐさ石が一段下がり幅もやや広がっていて羨道と明確に区別しています。奥壁は巨石1枚石、天井石は中央部がやや高くなっています。残存長10m、玄室長6m程度県内では大型の部類でしょうか。川を越えた東側には後井古墳、南側には国森古墳と県内の有名古墳に挟まれていますがこちらは殆ど知られていないようです。麓案内表示北側の交差点に駐車スペースあり。
実はここは前年にも訪問、山根氏宅裏山と言うことしか分からず現地で山根氏宅を聞いて行ってみたのですが山根氏違いのようで見つかりませんでした(そもそも裏山があるような場所じゃなかったし)。それでも探していたら古墳(塚?)を見つけました。でも全く開口しておらず間違いは明らか。1年経って漸くリベンジを果たしました。ちなみに川を越えた東側には県内最大級の石室を持つ後井古墳があります。あの頃は石走山古墳は名前さえ知らなかったもんな。

国森古墳

山口県田布施町 2013年4月訪問

方墳、南北27.5m、東西30m(突出部を含む)、高4m
4C初、木棺直葬
位置:33°57′19″N 132°01′31″E

尾根先端平坦部に築かれた巨大な墳丘


県内最古の方墳、頂部は広い平坦面をなす


墳丘も良好に残る、築成はなさそう


西側突出部


東側突出部


(見学記)
石走山古墳南方、丘陵頂部にある古墳でこちらも案内表示が出ています。民家の間を通って途中はロープを掴んで登るような急傾斜の山道を登っていくと頂部平坦面に大きな墳丘があります。一辺約30m高4m、4C県内最古の方墳です。木棺直葬だったようで現在埋葬施設は見られません。築成は見られず東側に突出部があるようですがはっきりしません。県史跡。

納蔵原古墳

山口県田布施町 2012年3月訪問

前方後円墳
横穴式石室、玄室長4.3,幅2.8,高2.2m
位置:33°58′19″N 132°02′22″E

尾根先端に構築、手前が前方部でしょうか


くびれ部近くの後円部に開口、羨道壊失、墓道の可能性もあるかな


開口部、玄門辺り


台形断面の玄室はよく残る


〃(縦位置)


平石を積み重ねた奥壁、上部に三角持ち送りが見られる


天井部


奥から外、両袖式


〃(縦位置)


(見学記)

田布施町大波野、丘陵から東に伸びた尾根上にある前方後円墳です(前方後円墳集成には載っていない)。近くまで行くと誓立寺の案内表示があるのでそれに従っていき寺まで行くと納蔵原古墳の案内が出てきます。寺から200m程尾根上にある墳丘は裸の状態ですが多少修復されているんでしょうか、でも前方部ははっきりしません。後円部南東向きに石室開口、羨道は殆ど壊失していますが玄室完存、両袖式で奥壁側壁とも割石積み、奥壁右上辺りに顕著な三角持ち送りがあります。寺に駐車場有り、古墳の側まで行けないことはありませんがUターン困難です。県史跡。

稲荷山古墳

山口県田布施町 2012年3月訪問

横穴式石室
位置:33°57′29″N 132°02′00″E

墳丘削られ石室前部も破壊


石室が社殿代わりに利用され入り口辺りもかなり改変されているもよう


開口部から玄室、右の立石も後世のだろうな


不自然な積み方の奥壁、石を積み直して祠を作ったのかも


側壁も何処までオリジナルでしょうか


天井は元のままか


奥から外


(見学記)

田布施町下田布施、後井古墳から東に下って行くとT字路がありそこを右に曲がって直ぐに案内表示があります。そこから上って直ぐに鳥居がありその奥にあります。墳丘は多少残っていますが大きく削られて石室開口、玄室が社殿として使われています。側壁天井石は元のままのようだけど奥壁は大きく改変中程が巌洞となっていてご神体が祀られています。奥壁に穴を開けたと言うよりは奥壁前に石を積み上げて巌洞を造ったような感じです。前回後井古墳を訪問した時この前の道路を通っているはずだが案内板が反対向きになっていて気がつかなかったようだ。

後井古墳(後井1号)

山口県田布施町 2006年2月訪問

円墳、R14,H5、6C後半
横穴式石室、全長11.4m、玄室長5.8,幅3.3,高4m
位置:33°57′31″N 132°01′44″E

丘陵頂きに並ぶ1号と2号


1,2号南側から、現地で見ると双円墳のように見える


石室正面


羨道


県内最大クラスの石室、奥壁鏡石と天井石が特に巨大


奥から外、左片袖式


後井2号
円墳
横穴式石室

墳丘南側


狭い羨道


背の高い玄室、奥行き3.5m位なのに対して、高さは4mくらいある、床面には平石の巨石が敷かれている


奥から外、こちらは両袖式、左右の袖部が随分違う


(見学記)

田布施川沿いの県道を南から行って鉄道を越えたところで案内表示があるので右折、林の中の舗装路を行くと表示があるのでそこから長い参道を上っていきます。丘陵頂に構築された2基の円墳が隣接していて双円墳状です(他に3号墳もあるそうだ)。共に墳丘は良好に残っていて石室が開口、手前の1号墳は全長11.4m、玄室長5.8m、幅3.3m、高4mと県内最大級の石室です。羨道は前部が欠損しているが左片袖式の玄室は完存、中に入ってみるとさすがに大きい、奥壁は三段積みだが下の鏡石は極めて巨大です。奥の2号墳(一応立ち入り禁止(汗))は羨道は狭いが玄室は完存、長さ凡そ3.5m、幅2.5m、高さ3.5mで奥行きに比べて大変背が高いのが特徴、また床面には巨石の平石が敷かれるなど1号と比べて随分構造が違います。説明板では1号と比べてかなり見劣りすると書かれているが、あくまでも1号墳との比較でこれだけなら十分一級品の石室です。ただ玄室に比べると羨道は随分お粗末でなんだか後からとってつけたような感じ、また奥壁下部の2枚の縦長の石が薄くて土圧でややせり出してきています。ゲジゲジが大量にいることもあって早々に出てきました。県史跡。
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

ブログ内検索
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR