鵜の鼻古墳群

島根県益田市 1994年4月訪問、2008年4月再訪

前方後円墳4を含む約50基、現存30基(前方後円墳2)
うち19基が県史跡
(17号以外は仮番号)

(1994年)

分布図:日本海に張り出した高さ20m程の岬上に分布、住宅建設でかなり消滅、現在西側の小岬辺りに集中している


西側小岬全景:東側の岬とは溝状の谷で隔てられている、狭い範囲内に約10基程集中している、中央は広場のように開いている、2基を除いて崖際に並び石室は海側に開く


10号
全景写真右端子の墳丘、唯一墳丘、石室が良好に残る


海岸の丸みを帯びた石材を使った玄室


左片袖式


11号
露出した石室、海側を向く


15号
箱式石棺?岬のほぼ中央、全景写真の説明板側にある


17号
前方後円墳
横穴式石室、石室全長7.7m,玄室長5.2,幅2,高1.9m
位置:34°43′07″N 131°51′30″E

石室開口部、小岬東側にある


玄室、やはり海岸の石材を使用


右片袖式


2号
玄室


両袖式


(2008年)

17号
背の高い後円部、反対側の前方部はよく分からず


後円部南側に石室開口


石室開口部


良好に残る玄室


奥壁


奥から外、片袖式


その1(17号南東)
墳丘


南側に石材露出、内部はかなり埋没


奥壁、三角持ち送りがある


その2(1西側)
墳丘


入り口から内部


奥壁辺り


その3(2西側)
墳丘


開口部、かなり狭い


奥壁


その4(3西側)
墳丘


頂部に石室露出


その5(17号西側鞍部)
大きな墳丘が残るが頂部が大きく盗掘


その7(西側小岬平坦面以下同じ)
墳丘


北の海側に開口


天井部を失った玄室


その8
墳丘


僅かに石材露出


その9
94年仮称10号と同じ


石室正面


やや丸みを帯びた石材を使った玄室


奥壁、積み方が17号とよく似てる


奥から外、無袖式かな


その10
墳丘、盗掘を受けているよう


その11
ざっくり盗掘を受けている


その12
古墳群説明板と墳丘


石材露出


その13
盗掘を受けて窪んでいる


その15
石室かな


(見学記)

(1994年)
山陰本線石見津田駅西方700m、日本海に突き出た小さな岬上にある前方後円墳4を含む総数50基程、横穴石室を主体部とする古墳群ですが住宅開発でかなり消滅して現存30基(もっと少ないような気もするが)その大半が西側の小さな岬辺りに19基が集中していて県史跡となっています。小さな岬(鵜の鼻)は高さ40m程の岬ですが周囲は断崖絶壁この上のわずかな平坦部に古墳が10基程集中、大半が崖際に立地していて中央部は広場のように開いていてわずかに露出した箱式石棺と円墳が1基あるだけ。ただこの円墳が墳丘、石室とも一番保存状況がよく南向きに片袖式石室が開口、丸みを帯びた海岸の石をそのままかわずかに加工して使われています。他の崖際の古墳は墳丘がかなり流れ去り石室が露出、向きが皆外向きでまるで海を監視しているようです。広場の中央に説明板が立っていますが風化していて殆ど読めません。更に東側の谷状の窪みから斜面にかけて10基程分布、この内17号墳が前方後円墳ですが藪に覆われていて形はよく分かりません。後円部(多分)に石室が開口、全長7.7mの片袖式、割石に近いやや丸みのある石で構成されています。その他石室に入れるほど保存状況のいいのは2基程度。

(2008年)
石見方面に行く際はこの側を通るのでデジカメで撮り直すため再訪してみました。古墳群自体は殆ど変わりはないけど西側の小さな岬上の平坦面は松などが育ってきていて見通しが悪くなり中央部にあった箱式石棺も分からなくなっていました。この古墳群で最初に見つけた仮称2号の石室や海岸近くの石室も見逃しているしまた行かなくては。

スクモ塚古墳

島根県益田市 1988年4月訪問、2008年4月再訪

造出付き円墳、R56,H7、5C
位置:34°41′53″N131°51′02″E

(1994年)
墳丘後円部


前方部から後円部、帆立貝式の前方部端に方墳が隣接という説もある、とすれば手前の溝あたりが本来の前方部端?


後円部から前方部、やはり別の墳丘のようにも見える


後円部側から前方部


(2008年)
側面パノラマ写真、画面左端辺りに方墳


巨大な墳丘、反対側に造出


後円部から見た造出、遠方に方墳


一辺10m程の方墳


方墳から見た墳丘


西側にある陪墳


(見学記)

(1988年)
市役所北方2.5km海岸近くの低丘陵上にある古墳です。全長100m石見最大の柄鏡式前方後円墳といわれていますが、帆立貝式の古墳に陪墳が付随したものという説もあります。現地で見る限り後者の方が素直に受け止められるような気がしますがどうでしょうか。すぐ西側にも小円墳あり。国史跡。

(2008年)
益田市久城町、15年ぶりに再訪してみると樹木が伐採されてすっかり見やすくなっていました。裸の状態で見るとやはり大きいな。前方後円墳かと思われていたのも造出付き円墳と方墳の組み合わせと確認されたようです。さすがにあの前方部は不自然だったよね。それでも円墳としてもR56H7と大型です。東西に陪墳があったが今は西側のしか残っていない。くびれ部両側に陪墳がある前方後円墳はままあることでこの存在も前方後円墳と思われた理由かもね。国史跡。西側に駐車場有り。

白上古墳

島根県益田市 2008年4月訪問

円墳、R15
横穴式石室、全長7.8m、玄室長5.3,幅2.2,高1.3m
位置:34°38′41″N 131°46′39″E

遠望


背の高い墳丘が残る


石室正面、前部天井部壊失


割石積みの玄室、天井石にヒビが入っている


奥壁より側壁の方が石材が大きそう


小型石材を積んだ奥壁


奥から外


(見学記)

益田市白上町、中西小学校西側に背の高い墳丘が良好に残っています。南側に石室開口、羨道前部が少し破壊されているようだが玄室完存、長さ5.3m奥壁側壁とも割石積みで側壁は少し持ち送りされています。天井石にヒビが入っていたりしている、今のところ問題ないですが。無袖式のようですが玄門辺りに小さな袖石風の石がある。前の道路に駐車スペースがある。市史跡。

三谷古墳群

島根県益田市(旧美都町)2008年4月訪問

2基
遠望
説明板からの遠望


左側屋根の上に見えているのが1号、2号はその右側民家の後


1号
横穴式石室
位置:34°41′15″N 131°56′31″E

墳丘はすっかり流失


開口部、石室前部の天井壊失


開口部から


やや胴張りの石室


鏡石を据え上と左に石を詰めている


奥から外


2号
横穴式石室

民家裏崖際に開口、前部の天井壊失


小型の石室


小型ながら鏡石1枚の奥壁


奥から外


(見学記)

現益田市美都町三谷下、国道191号から県道309号に曲がり川を渡ってすぐ右折、谷の中を走る市道を約1km程行くと説明板が立っています。そこから北側丘陵麓にある2基からなる古墳群です。民家の背後にあるので挨拶して見学させて貰おうとしたら朝露に濡れるだろうからと長靴を貸してくれました、感謝感謝。1号は墳丘はすっかりなくなり丘陵斜面にぽっかり穴が開いている状態、全部天井部を失っているがそこそこ良好に残っている。やや胴張り残存長4m程の小型石室です。奥壁は鏡石に上と左に石材を詰めています。2号はやや左下民家の背後で現状では崖っぷちに開口、こちらも墳丘はすっかり流失、残存長3m程、こちらの奥壁は1枚石です。帰りがけに説明板の所からもう一度見てみると1号が見えていますが初めてではまず分からないだろうな。町史跡。

小丸山古墳

島根県益田市 2008年4月訪問

前方後円墳、TL52、6C初
位置:34°40′47″N 131°51′00″E

復元された墳丘、手前が外堤


南東側から


前方部から後円部


後円部から前方部


墳丘上から見た外堤


(見学記)

益田市乙吉町、丘陵上にある全長52m6C初の前方後円墳で現在復元されて公園となっています。周囲に外堤が巡っているけど墳丘との間はあまりありません。外堤を持つ前方後円墳としては県内唯一だそうな。特に案内表示はないけど北側を通る国道9号に雪舟の郷記念館の案内がありそれに従って行き記念館の100m程南側です。駐車場はないが東側の道路が行き止まりで幅も広く駐車可能。
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

ブログ内検索
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR