七双子古墳

大分県杵築市 2016年2月訪問

横穴式石室
位置:33°25′10″N 131°35′23″E
溜池堤奥にある、標柱があるので何とか分かる


溜池奥から見た様子、堤の一部となっている


墳丘は割と残っているようだ


狭い開口部


羨道はかなり埋まる、匍匐前進する程ではない


奥行きのあまりない玄室、腰石を据え上部は平石積み


奥壁上部、ドーム状だがそれ程高くはない


1枚石の天井


奥から外、両袖式だが左右の幅が違う


奥から左側側壁、右の石がまるで袖石のよう


反対側、巨石1枚石を据える


羨道奥から、入り口の石が一段下がる


おまけ
溜池奥に見えた巨石、古墳群をなすそうで別古墳の天井石かと思って近寄ってみたがただの露岩だった


(見学記)
杵築市本庄、溜池の堤の一部となって保存されている古墳です。南南東池側に開口する石室で羨道玄室ともよく残っています。羨道はかなり埋まっていますが匍匐前進することなくなんとか入れます。玄室は幅広の袖石を立てた両袖式、奥壁側壁とも基部に巨石を据え上に小型石材乱石積みです。奥壁腰石も巨石だけど左側壁基部は長い1枚石の巨石です。天井はそれ程高くないけど1枚石の天井石です。古墳群をなしているそうで溜池奥の方に巨石天井石らしきものが露出しているのが見えたので近寄ってみたらただの露岩でした、残念。ここは途中の道が狭く厳しいかなと思いましたが溜池近くで総合グランドの案内板がありならば駐車場くらいあるだろうと行ってみたら総合とは名ばかりただの広場だった(汗)。でも一応車は停められる。ここからセメント舗装の小道を辿って行くと堤の東端に出て西側端に古墳、側に石碑も立っています。溜池奥を廻って東側に出ると墓地がありここにも駐車可、このルートが一番楽かも。でも堤との間が放水路になっているので増水時だと通れない可能性あり。因みに読みは”ならぞうし”です。
[ 2017年07月06日 18:24 ] カテゴリ:杵築市 | TB(-) | CM(0)

小熊山古墳

大分県杵築市 2016年2月訪問

前方後円墳、TL120,R80,RH9,FW35-40,FH4、3C後半~4C初
位置:33°24′32″N 131°42′09″E
丘陵頂部(右上)に立地


後円部、大きすぎて全容が撮れず


後円部から見た前方部、低平


前方部から見た後円部


後円部頂、広く平坦


(見学記)
杵築市狩宿、大熊山から南東に伸びる丘陵頂部に構築された前方後円墳です。墳丘は良好に残っていて大きく背の高い後円部に対して前方部は低く対照的です。墳頂は広く平坦で片隅に石の祠がある程度。樹木は疎らに生えている程度、下草もそれ程でなく観察しやすい。西側に墓地がありそこに駐車可。県史跡だけどその手前に小さな案内がある程度で説明板無し。(追記)国史跡に昇格
[ 2017年07月06日 18:24 ] カテゴリ:杵築市 | TB(-) | CM(0)

御塔山古墳

大分県杵築市 2016年2月訪問

円墳、R75.5、5C前半
位置:33°24′15″N 131°42′02″E
道路脇に小さな案内板、出来れば上り方向に向けて欲しかった


県内最大の大型円墳、中段に築成があるようだ


葺石でしょうか


墳頂は広い平坦面、古墓があるのみ


外堤(左)でしょうか


(見学記)
杵築市狩宿、小熊山南南東400m辺り、海岸沿いの道路に案内板がありそこを曲がって登って行き急カーブ辺りにもう一つの小さな案内板があります。そこから林に入って行くとすぐ大きな墳丘の上りとなります。登って行く途中で築成や葺石の様子が見て取れます。墳丘裾には外堤が巡っていたかも。全体が林の上に低木も生えているので墳丘は写しづらい。前の道路は広いので駐車可。県史跡。(追記)国史跡に昇格
[ 2017年07月06日 18:23 ] カテゴリ:杵築市 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR