原口古墳

長崎県雲仙市(旧国見町)2014年3月訪問

横穴式石室
位置:32°50′49″N 130°18′20″E

平坦な丘陵端、急傾斜面に変わる辺りに立地


天井を殆ど失った石室露出


割と幅の広い羨道、天井石はあったんだろうか


玄門前に閉塞石が倒れている


袖石やまぐさ石に閉塞石を嵌めこむ溝が彫られている


玄門から見た玄室内部、奥壁基部は左右に石を並べる


奥から外、板状の袖石を立てた両袖式


玄室奥後方から、左右に石障がある


奥壁沿いにも石障があるが分かりにくい


玄室横上部から


羨道横上部から


見学記
雲仙市国見町多比良丁、金山古墳前の広域農道を東に行き最初の信号を左に曲がって50m程で原口公民館があります(建物は分かりにくいですがゴミステーション有り)。そこから北東300m程台地上の平坦面と急傾斜地への変換点辺りに立地しています。現状では林縁、墳丘はそこそこに残っていて天井部を失った石室が東に開口、板石を使った両袖式で手前に閉塞石が倒れています。袖石にも閉塞石を嵌めこむ溝が彫られています。玄室内には3基の石障が有りますが内側が土に埋まって分かりづらいです。直前まで車で入ってこれないことはないですがUターンするのは困難なので止めたほうがいいでしょう。とにかく場所が分かりづらい、公民館を見逃し入り口の細い道も見逃しナビが案内するままに行ってみたら台地下の道に案内されたよ。確かに直線距離ではそこが最短には違いないんだろうけどさ。ゴミの収集が終わっていれば公民館前に駐車可。教えてもらった地元の方がその辺の開いてる場所に止めても構わないんだよと言ってくれましたがさすがにそうもいかないしな。市史跡。
[ 2014年11月27日 08:01 ] カテゴリ:雲仙市 | TB(-) | CM(0)

金山古墳

長崎県雲仙市(旧国見町)2014年3月訪問

6C中
横穴式石室
位置:32°50′49″N 130°17′57″E

石室露出、奥壁と側壁の片側しか残っていない


小型石材の側壁、これでよく倒れないもんだ


奥壁も概ね小型石材、下部に鏡石らしい石がある


見学記
雲仙市国見町多比良戊、国見斎場北側果樹園(廃園かな)の中にあり道路脇に説明板が立っています。藪に包まれて分かりづらいですが石室露出、側壁片側と奥壁しか残っていません。ともに小型の石材を積み上げているので背が高いこともあってよく崩壊しないなと思われる状態です。市史跡。西側にあるコンビニに車を止めて見学したほうがよさそう。
[ 2014年11月27日 08:00 ] カテゴリ:雲仙市 | TB(-) | CM(0)

柿ノ本古墳

長崎県雲仙市(旧瑞穂町)2014年3月訪問

円墳、R12
横穴式石室、全長3.2m、玄室長2,幅1.4m
位置:32°51′15″N 130°13′22″E

西からの遠望、北に伸びる尾根上丘陵先端に立地


説明板が立っているから分かるけど古墳自体は近くに寄らないと分かりにくい


石室正面、上部はすっかり壊失、北側海の方向に開口している


基部しか残っていない小型玄室、袖石は側壁に組み込まれてないようだ


玄室斜め前から


玄室奥後方から、両袖式


見学記
雲仙市瑞穂町古部甲、北に伸びる舌状台地先端に立地、墓地となっていてそのなかにあり大きな説明板が立っています。上部を失った石室露出、羨道も残っていて北側海の方に開口しています。玄室箱形で長2m、袖石を立てた両袖式です。西側から接近すると墓地下に駐車スペース有り。市史跡。
[ 2014年11月27日 08:00 ] カテゴリ:雲仙市 | TB(-) | CM(0)

一本松古墳

長崎県雲仙市(旧愛野町)2014年3月訪問

円墳、R16,H2
複室石室、全長11.6m、前室長1.3,幅1.2m、後室長3.2,幅1.9m
位置:32°48′50″N 130°10′09″E

平坦な丘陵の縁辺に位置する


反対側は急傾斜、墳丘上部は流失


天井を失った石室露出、左右に積み重なった石が天井石でしょうか


複室石室ですがどれも天井がない


前室袖石、これがあるので何とか複室と分かる


後室、全体がやや左に傾いているような


巨石を据えた奥壁、その割に他の石材は小型


奥から外、両袖式


前室奥から、左の袖石は無かったのかな


石室後方上から


玄門前室を上から


見学記
雲仙市愛野町甲、光正寺南500m程の丘陵上にある古墳です。麓にある寺から登って行くと墓地を過ぎた辺りで一本松古墳と刻んだ石柱が立っていてそこから林に入るとすぐです。西向きに開口した複室石室ですが盗掘で墳丘上部が大きくえぐられ石室上部を失っています。前室玄門片側の袖石が残っていて何とか複室だとわかります。玄室は長3.2m幅1.9m基部に大型石材を据え上部に中型石材を積んでいます。とにかく道が狭い、寺から登ってくる道も狭いが帰りは台地上の畑の中の道を通って行きましたが軽で通るのがやっと何度か直角に曲がる際もヒヤヒヤしました。石柱辺りに1台分の駐車スペース有り。市史跡。
[ 2014年11月20日 08:01 ] カテゴリ:雲仙市 | TB(-) | CM(0)

首塚古墳

長崎県雲仙市(旧愛野町)2014年3月訪問

円墳、R10,H5
位置:32°47′43″N 130°08′53″E

端正な姿が残っている、元々の姿なんでしょうか


キリシタンの首を埋めたとも古墳の再利用とも云われている


見学記
雲仙市愛野町乙、墳丘大きさの割に背の高い墳丘が残っています。キリシタン一揆の首を埋葬したとも古墳を再利用した塚とも言われています。地図に首塚が載っていますが場所が間違っていて実際はあれより100m程西ですね。市史跡。
[ 2014年11月20日 08:00 ] カテゴリ:雲仙市 | TB(-) | CM(0)

鬼の岩屋古墳(高下古墳)

長崎県雲仙市(旧国見町)2007年1月訪問

6C中
横穴式石室、全長6.3m、玄室長3.3,幅2.8m
位置:32°51′07″N 130°18′25″E

墳丘流失、石室が露出


石室正面


巨石を使った玄室、赤い顔料が僅かに残っている


奥壁前の区画、内側に敷石が敷かれているようだ


奥から外、両袖式、天井石が危うく乗っている、左側にも区画がある


(見学記)

国見町多比良高下名、国道389号と広域農道の交差点から300m程東に行くと国見古墳群の白い標柱が立っている。そこから道を東に約1kmほど下っていくと高下公民館に小さな案内表示がある(ここでは高下古墳)。古墳は公民館隣の民家の裏、家の人にことわって見学する。墳丘はすっかり流失し巨石を使った石室が露出しているが石材も幾つか抜かれているようで2枚の天井石の内玄門上のはかなり危うい状態の乗っている。羨道と玄室はほぼ同じ幅のようで板石を使った袖石で区別している。玄室には赤い顔料が僅かに残っている。床面にも奥と右側に石で区画された場所があり敷石が敷かれていたようだ。県史跡。
近くに切石石室の八反田古墳があると言うことだが分からなかった。
[ 2013年01月23日 10:59 ] カテゴリ:雲仙市 | TB(-) | CM(0)

守山大塚古墳

長崎県雲仙市(旧吾妻町)2007年1月訪問

前方後円墳、TL70,R45,RH7,FW20,FH2.7
位置:32°50′31″N 130°12′14″E

全体が墓地になった墳丘、案内板が明後日の方向を向いている


右側が前方部


前方部隅から後円部


側にあるもう一つの墓地(右手前)これも古墳?


(見学記)

吾妻町平江名、国道251号に案内表示がありそれに従って行くと広い谷の中央部に古墳があります。全長70m程の前方後円墳ですが全体がすっかり墓地になっている。ただそのわりには前方後円墳の形はよくわかります。すぐ南側に接するようにもう一つ墓地があるがこれも古墳だろうか。大きな案内表示がある割には説明板はなし。しかも後円部側の表示板は矢印が関係ない方向を向いている。さすがに間違える人はいないと思うが正しい向きにした方が近寄ってきた時文字面も見やすいのにな。多分史跡。
[ 2013年01月23日 10:57 ] カテゴリ:雲仙市 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR