古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  あさぎり町

鬼の釜古墳

熊本県あさぎり町(旧免田町)2014年3月訪問

円墳、R11,H4.5(現状)
横穴式石室、玄室長2.4,幅1.9m
位置:32°14′40″N 130°54′21″E

県道脇に保存されている、南向きに開口


墳丘は石室をやっと覆う程度に残る


石室正面、羨道は元々短いようです、手前に扉石が倒れている


刳抜式玄門、扉があるが壊れている


玄門下部は階段状、手前も一段下がっていて中央が高くなっているもよう


石棚のある玄室、石棚は板石状に加工されている


〃縦位置、石棚の上と下で石積みが随分異なる


上部の石は内刳がされている、石棚の上に乗せるための空間確保でしょうか


斜め下から見上げた様子、同じ場所がひび割れしているのは偶然か


狭い天井、画面下が奥壁側


右側壁、下部が内刳され鏨の跡も残っている


反対側はそれ程の加工はなし、右上が石棚を嵌め込むよう加工されている


奥から外、見事な刳抜式玄門


見学記
あさぎり町免田東、国道219号免田東交差点から北に曲がって県道186号を真直ぐ行くと川の手前に墳丘があリます。広い田園地帯で道路脇にあるからすぐわかります。北下がりの緩斜面ですが南西向きに開口、羨道は殆ど失われているのか初めから短かったのか、でも玄室完存です。玄門は見事な刳抜式、通路部分が階段状にした細やかな細工、手前に倒れているのは閉塞扉でしょうか。玄室は左右の側壁は基部に巨石を据えていますが左側はその上も大型石材なのに右側は基部の石に軽い内刳がありその上は小型石材と大分違いがある。奥壁は2段積みで石棚があります。その上の石は奥壁とも天井石ともつかないが内刳されていて空間を確保しているのかな。右側の側壁もやや内刳がありますね。石棚と上部の石に同じ箇所にヒビが入っているのを見ると同時にひび割れしたんでしょうか。石室上部はやや持ち送りされたドーム状、天井石は普通奥方向に並べられますがここは横方向に小型の石材を並べるなどずいぶん変わっています。精緻な所もあれば荒っぽい所もあるし巨石もあれば小型石材もあるというチグハグ感のある石室でした。県史跡。
[ 2015年07月16日 08:01 ] カテゴリ:あさぎり町 | TB(-) | CM(0)

才園古墳(才園2号)

熊本県あさぎり町(旧免田町)2014年3月訪問

横穴式石室、玄室長2.22,幅1.22,高1.20m
位置:32°13′31″N 130°52′13″E

公園の一角に保存されている


完全露出した石室を覆い屋で保護


玄門には板石を使った扉石が残存


奥壁外側


側壁東側、基部は1枚石巨石、左側は袖石と羨道側壁


側壁西側、一部補強の石材なのかな


天井を失った玄室、赤い色がはっきり残る


玄門奥から、こちらは初めから色がなかったのかな、左側の石は立柱石?


玄室斜め前上から、基部が巨石上に平石、こちら側からだと側壁は2枚に見えてるな


〃反対側、こちらは1枚石


見学記
あさぎり町免田西、国道219号からおかどめ幸福駅方向に北に曲がると踏切の手前で案内表示があるので左に曲がっていきます。道が細いので踏切を渡ってから左折し600m程行ってから左に曲がって登って行くほうが楽かも。小さな公園内にありますが石室完全露出覆い屋で保護、柵に囲まれていますが特に鍵はかかっていません。巨石を使った石室で玄門には板石の扉石も残っています。なので中には入れないけど天井を失っているので中は覗けます。奥壁や側壁に赤い色がはっきり残っています。当時は内部は真っ赤だったんでしょうか。すぐ近くの藪の中に3号があるそうですがよく分からず。地図にも載っていましたが東側200m程ずれている。多分役所の資料が間違っているんだろうな。県史跡。
[ 2015年07月16日 08:00 ] カテゴリ:あさぎり町 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR