夏崎古墳

佐賀県伊万里市 2014年3月訪問

墳形不明、5C末~6C初
横穴式石室、玄室長2.1,幅1.9,高1.9m
位置:33°16′47″N 129°51′24″E

殆ど基壇しか残ってないような墳丘


上にかろうじて玄室を覆う程度の墳丘が残る


南西に開口、羨道は基部しか残っていない


板状閉塞石が二つに割れて倒れている、袖石に嵌めこむ溝が彫られているようだ


玄室完存、大型石材を据え上に平石小口積み、唐津市樋の口古墳で同様の構造が見られる


〃縦位置、持ち送りはそれ程なく天井は広い


奥から外、板状袖石を立てた両袖式、下が写っていないが床面が一段下がる


奥から左方向


〃右方向


玄室左側に屍床


薄い板石で区切っているだけ、側壁下部の石材も厚みは薄そうだ


見学記
伊万里市東山代町日尾、海岸堤防沿いの道路から見えています。現状では低い土壇状の高まりの上に小さな墳丘が乗っかっている状況で元の墳形は不明です。南西に開口する石室、羨道は基部しか残っていませんが玄室完存、玄門は板石を立てた両袖式手前には半分に折れた閉塞石も残っています。玄室は床面が一段下がり長2.1m幅1.9m高1.9m左側に板石で区画された屍床があります。壁面は基部に大型石材(多分薄い板石)を据え平石を小口積み、天井も薄い板石を架けています。九州ではあまり見かけない構造ですが近くの唐津市樋の口古墳が同様の形式です。すぐ側の道路に駐車スペース有り。市史跡。

小島古墳

佐賀県伊万里市 2014年3月訪問

前方後円墳、TL40,R22,RH5.2,FW25、6C後半
横穴式石室、羨道長6.5m、玄室高3.8m
位置:33°19′09″N 129°49′00″E

前方部端、丘陵頂部に位置し墳丘良好、小さな島に前方後円墳がある事自体珍しい


前方部から後円部


後円部から前方部


後円部南向きに石室開口、墳丘が削られ羨道上部も壊失しているようだ


長い羨道、後部がよく残る、持ち送りがあリ背の高い羨道、玄室ならともかく羨道では珍しい構造


玄室も良好に残る、基部に大型石材を据え上部は小口積み、近くの夏崎古墳と似ているといえば似ている


玄室上部、持ち送りが強いドーム状


狭い天井、一部欠損


奥から外、袖石を立てた両袖式


〃縦位置


奥から左側、袖石は板状


〃右側、こちらの袖石は切石状


羨道奥から


陪墳
前方部下方にある


古墳でしょうか


見学記
伊万里市山代町久原、かっては文字通り伊万里湾に浮かぶ小島でしたが今は陸続き国道204号から久原大踏切を渡ると案内表示が出ています。丘陵頂部に築かれた全長43mの前方後円墳で墳丘も良好に残っています。後円部南南東に石室開口こちらも極めて良好です。幅の狭い羨道ですが左はほぼ直線なのに右は手前がやや広がり玄門辺りも幅が広くなっています。意図的なのかそれとも工事が雑だったのか。玄室は背の高いドーム状天井石は2枚のようですが1枚抜かれています。基部に大型石材を据え(でも多分薄い)上部を小口積みにしています。玄門は袖石を立てた両袖式。これだけの石材をどこから運んだかと思ったけど海岸に露出している岩盤を見ると島自体が岩山のようで石材も島内で調達できたかな。前方部下方に大きな盛り土があるけど陪墳でしょうか。全体が公園になっていて駐車場あり。県史跡。

坂口古墳石棺

佐賀県伊万里市 2014年3月訪問

箱式石棺、長1.58,幅0.62-0.48,高0.6m
位置:33°16′26″N 129°52′55″E

城山公園内に移築


蓋石側板小口板も板石に加工された石材


手前が頭部側、幅が少し広くなっている


石棺内部


見学記
伊万里市松島町、城山公園に移築された箱式石棺です。板石で構成され長さは1.58m頭部の方がやや幅広くなっています。そちら側に装飾用の扁平な石が並べられていたそうな。公園には駐車場がありません、ナビの指示通りに走ったら上の方まで入って行きましたがそこで作業していた人の話によると一般車は本来入ってはいけないそうな(汗)。市文化財。
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR