妻山古墳群

佐賀県白石町 2014年3月訪問

横穴石室を主体とする古墳群、幾つかで線刻壁画

(見学順に並べてます)

その1
道を外れて林に入った途端にぶち当たった石室


割と墳丘が残るが頂部に石室露出


天井を失った石室、斜面下方に開口


奥壁側壁とも石材に違いはなさそう


その2
墳丘残るも荒れ果てている


天井石と側壁片側壊失


右奥が奥壁側かな


その3
南からの眺め、はっきりした墳丘が残る


北側に石材露出、何故か北側に開口


開口部は狭くて入室不可、上がまぐさ石、その上が天井石でしょうか


カメラを突っ込んで撮影、山側側壁が大きく傾き何時崩れてもおかしくない状態


小型石材を積んだ奥壁


頂部に天井石一部露出、隙間開口


隙間から入口側


その4
僅かに高まりが残る


頂部に石材露出、石室でしょうね


6号
位置:33°11′09″N 130°05′49″E (日本測地系)
    33.18915824 130.09464896(世界測地系)
東側斜面から見た墳丘、肉眼ではもっと大きく高く見えた


南東方向から見た墳丘、道で少し削られている


開口部正面、樹木で半分隠れているのが残念、右側の石列はなんでしょう、石室や墳丘関連ではなさそうだが


羨道奥、玄門、凄く背が高い


玄室完存、幅の割に背が高い、奥壁は下部だけ巨石を据えている


〃縦位置


幅の狭い天井、石は4枚かな


奥から外、両袖式だが柱状の袖石ではない


〃縦位置


線刻壁画、模様は何でしょう


7号
玄室長1.4,幅3.5,高2.8m
6号西側に隣接、開口部は埋没


頂部に天井石露出、間の石材が外されて開口


東西に長く南北に狭いT字型石室


玄門が西に偏っている、T字型でなくL字型かも


西側側壁、どう見ても奥壁的積み方ですね


東側側壁、西と比べて下部に巨石がない、床面に敷石らしき石材もある


東側側壁下部の線刻壁画、かなり画像処理して何とか分かる


玄門上部の線刻、格子紋と斜格子文の組み合わせかな


その5
緩やかな高まりが残る


頂部に石材露出、かなり破壊されているが石室だと分かる


斜め前から、手前が側壁


その6
こちらも高まりが残る


石材露出、かなり破壊


見学記
白石町馬洗、東から歌垣公園に登っていく県道245号沿いに妻山神社がありそこから200m程行った右手に果樹園、中の曲がりくねった道を登って行くと一番上に6、7号があります。でも6,7号はピンポイントで位置が分かっていなかったので途中で林の中に入っていったらそれが正解芋づる式に4基の古墳を見つけました。3基は石室大きく破壊、1基も石室は残っていますが入室不可、隙間から覗く程度です。石室自体は入り口から奥壁までよく残っていますが山側の側壁が大きく孕みかなり危険な状態です。そこから見る6号墳丘の巨大なこと、南側果樹園に出ると前面が削られていて石室が開口しています。開口部が樹木が覆いかぶさって見えにくくなっているのが残念。羨道上部はかなり失われていますが玄門前はこれが羨道かと思えるような高さです。狭い玄門を抜けると巨大な玄室完存、背が高く上部は持ち送り天井部は細長く4枚からなっています。石材は特に巨石が使われているわけではありませんが奥壁下部の石だけがやや巨石、上部が丸く鏡石らいいですが丸みが左に偏ってやや整びさにかけるのが残念。一部線刻が見られます。すぐ西隣には7号、もう墳丘は6号と一体化していて区別がつきません。開口部は見当たりませんが頂部で天井が露出、天井石中央の石が外され開口、T字型石室ですが極端に幅が(実際は奥行きだけど)狭くなっています。西側側壁は下部に表面が平滑な四角い石を据えこちらの方が余程奥壁らしい雰囲気。玄門が極端に東に偏っていることを考えるとこれはT字型石室というより東側に副室の付いたL字型石室と考えるほうが妥当でしょうか。上部がやや持ち送りされ入ると脱出困難そうなので入らなかったけど内部に線刻があるそうです(後で写真を見て何とか2ヶ所確認)。ここから西の林に入り尾根上に2,3号があります。ともに低い墳丘破壊された石室露出程度です。この手前に尾根先端を加工したような大きな高まりが有りますがあれは古墳ではないのかな、6号の墳丘を見たらあれが墳丘でもおかしくはない。古墳だったら未盗掘の石室がそっくり残っているかも。4号は県道沿いにあるようですが大分離れているようで見つけられず。県道に駐車スペース有り。

野柄1号

佐賀県白石町 2014年3月訪問

複室横穴式石室、全長7m、玄室長3,幅1.5,高2.5m
位置:33°10′33″N 130°05′11″E (日本測地系)
    33.17915897 130.08409442(世界測地系)

民家裏の斜面に開口、羨道上部壊失、所有者さんの許可を貰ってしっかり掃除しました


前室、玄室玄門


前室右側壁、基部に巨石を据え上に小型石材


前室左側壁、右と同様だが最上部に平石を重ねる


それ程大きくないが良好に残る玄室、いかにも鏡石らしいおむすび型の奥壁


〃縦位置、3枚の天井石の内中央が一段高くなる、ドーム状というより中高式と言っていいのかな


右側壁、前室と変わらない積み方


左側壁も同様


奥から外、袖石を立てた両袖式


〃縦位置、天井を撮るのを忘れている


玄室床面には入口側のみ敷石がある


前室、奥から外


見学記
白石町堤、溜池の嘉瀬川池西側の集落一番奥の民家背後に有りますがまずわからないので家の人に聞いたほうがよさそうです。私の場合前でウロウロしていたら家の方が出てきて案内してもらえました。南に開口した複室石室で羨道天井を失っていますがそれ以外はよく残っています。前室後室玄門とも柱状袖石を立てている。前室側壁はそれ程引っ込んではいない。後室は巨石を基部に据え上部は小型石材を小口積みにしています。奥壁はいかにも鏡石らしいおむすび型の形状。天井石は中央がやや高くなっている。何故か床面前側だけに敷石がある。町史跡。民家前まで入っていけるが100m程手前にも駐車スペース有り。

道祖谷古墳

佐賀県白石町(白石町)2013年3月訪問

前方後円墳、TL60、6C前半
位置:33°10′42″N 130°04′21″E (日本測地系)
    33.18165828 130.07020711(世界測地系)

左が後円部だが墳形は大きく変形


墳丘図(説明板より)、星印辺りが1枚目の撮影場所


(見学記)
白石町堤、かぶと塚から更に上って行くと葬祭公園があります。ここの一つ前の駐車場脇にある全長85mの前方後円墳ですが後円部に歌碑があるなど大きく変形を受け側に説明板がないと前方後円墳とは分からない状態です。それでも県史跡。

かぶと塚古墳(船野山1号)

佐賀県白石町(白石町)2013年3月訪問

円墳、R40
横穴式石室
位置:33°10′45″N 130°05′37″E (日本測地系)
    33.18249219 130.0913159(世界測地系)

尾根先端に大きな墳丘が残る


天井を失った横穴石室露出


見事なまでの板石小口積み石室


基部の石は腰石というより板囲いの為のよう


奥から外、竪穴と横穴を融合したような石室


玄門を上から見るとロート状


斜め後方から


後ろ後方から


(見学記)
白石町堤、山の上にある歌垣公園に向かっていきます。途中老人ホームを過ぎて大きく右カーブする辺りにお地蔵様が並んでいてそこに目立たない案内板があります。そこから400m程尾根筋先端の高まりに築造された古墳で大きな墳丘が残っています。天井を失った石室が露出薄い平石を小口積みにした石室は巨石とは又違った見事なものです。玄室だけでなく羨道までも小口積みにしています。基部には大型石材を据えていますが多分これも薄い板石でしょう、玄門部にも板石があり玄室を区画しているようです。現在上から見ると玄門部がロート状になっていますが説明板の石室図ではそうでもなく復元の際こうなってのでしょうか。東側の平野が見下ろせる絶好の場所です。古墳の側まで車で入って行けて駐車スペースあり。町史跡。

龍王崎古墳群

佐賀県白石町(旧有明町)2007年1月訪問

約20基、古今の森公園として保存

分布図(説明板から)画面右が北、画面下の道路が国道207号


1号
横穴式石室、玄室長2.7,幅1.8m(凡そ)
位置:33°08′01″N 130°07′28″E (日本測地系)
    33.13694209 130.1221472(世界測地系)
墳丘


石室正面、上部を失っている


玄室、奥壁に鏡石を据えている


玄室奥上から、奥が広がる羽子板状


玄室上横から


2号
横穴式石室、玄室長2.6,幅1.8m(凡そ)
3号から見た2号墳丘、右奥に1号が見えている


石室正面、手前がハの字状に広がる


玄室、基部に大型の石を据え上に平石を積み上げている


奥から外、左側の袖石が傾いている


玄室上横から


3号
横穴式石室、玄室長2.5,幅0.8-1.6m(凡そ)
墳丘


玄室上から


まぐさ石の残った玄門、入り口の幅はかなり狭い


2号と構造の似た玄室


奥から外、背が高そう、右側の側壁はかなり破壊


5号
横穴式石室、玄室長1.3,幅0.7-1.0m(凡そ)
上部が削平された墳丘


石室正面、玄門前がハの字状に開いている


基部しか残っていない玄室


玄室奥上から、羽子板状の小さな玄室


6号
複式横穴式石室
復元された墳丘


ガラス越しに石室見学、内側に水滴がついてさっぱり分からない


その他の古墳
半壊した石室が露出


(見学記)
有明町竜王(現白石町深浦竜王)、小丘陵上にある約20基からなる古墳群で現在古今の森公園として現状保存されています。東側国道207号に面した場所に駐車場有り。そことすぐ上の神社に説明板があり1-6号の古墳が載っていますが4号は殆ど古墳と分からない状態、また他にも幾つかの墳丘があります。神社から木道を上っていくとすぐ左手にあるのが5号、上部が大きく破壊され石室は基部しか残っていない。石室前はハの字状に広がり玄室も奥が広がる羽子板状、と言っても長さは1.3m程度しかありません。更に上っていくと1-3号の墳丘が集中しています。どれも径十数mの大きさ、横穴石室ですが盗掘で上部が大きく破壊されています。規模も同じくらいで長さは2.5m程度、奥が広がる羽子板状です。ただ1号は奥壁下部に鏡石を据え上に小型の石を乱石積みしていますが、2,3号は下部に大型の石を据えその上に平石積みとちょっと構造が異なっています。これらから少し離れた南西斜面にあるのが6号墳で墳丘が復元されています。群中最大の石室で複室構造、正面からガラス越しに内部を見学出来ますが内側にびっしり水滴がついて内部が殆ど見えない。袖石に家屋文様の線刻壁画があるそうなので余計に残念。しかも説明板もなし。今年はこの後でも何カ所かでガラス越しに石室を見学する機会がありましたがみな内側に水滴がついていた。冬場の方が古墳見学に適しているのにこの点は残念です。県史跡。
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

ブログ内検索
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR