海蔵寺古墳群

福岡県岡垣町 2005年2月訪問

36基、5C前半~7C前半
位置:33°52′04″N 130°34′07″E

(番号は全て仮称)

1号
最東端辺り


3号
東側の方が全般に墳丘が大きい


7号
径20m程度。最大クラスか


9号
尾根筋平坦面にある


10号
墳丘


墳頂盗掘坑から見た石室内部、玄門辺りのようだ


11号
墳丘


石室正面、器械で掘られたような跡がある


開口部、左側が開き気味、羨道or前庭


背の高い玄室、石の各面が揃えられている


奥壁上部、天井


奥から外、床面が下がっているのか入り口を狭くしているのか


玄門上部、天井


天井部、狭く細長い


下から見上げた玄室、画面上が奥壁側、少し丸くなっている


12号
墳丘


墳頂盗掘坑から見た石室内部、右が奥壁のようだ


18号
斜面上から見た墳丘、斜面をカットした跡がよく残っている


石室正面


開口部


小型の玄室(ストロボ無し)


奥から外


19号
斜面上の墳丘


(見学記)

海蔵寺(地名であり寺の名前でもある)にあるふれあい公園内にある36基からなる古墳群です。寺側の駐車場から入っていくと古墳広場になっていますが大半はこの東側林の中、尾根筋から南側急斜面に密集しています。林の中にはいるとすぐ石室が開口、乱石積み小型の玄室だが状態は良好です。林の中は特に道はなく尾根筋を歩いていくことになります。尾根筋を下る辺りで1基の石室が開口、入り口部分は機械で掘られたような感じですが苔がついているので時期は古そう。玄門とおぼしき開口部はかなり狭く羨道もかなり開き気味で前庭かも知れない。中に入ってみると玄室は完存、乱石積みですが壁面が平面に整えられています。左右の壁は持ち送りされ天井部が狭く細長くまるで屋根の梁のようで石室全体が家のような形をなしています。この地域にあるドーム状石室とはまたちょっと違った構造ですね。他にも2基で天井盗掘穴から内部を眺められる石室があります。岡垣町はあまり期待しないで来たし、この後行った2カ所は空振りに終わりましたがこの石室を見ることが出来ただけでも大満足の一日でした。

門田古墳

福岡県岡垣町 2005年2月訪問

円墳
横穴式石室
位置:33°51′10″N 130°36′09″E

古墳群中の唯一の生き残り


上部を失った石室


石室横から


(見学記)

門田池周辺にあった古墳群ですが現存するのは門田古墳の1基だけ。池の南東隅、岬のように突き出ている元の尾根上に上部を失った石室があってミニ公園として公開されています。自然石乱石積み、床面には敷石があったようですが現在は草茫々で殆ど見ることは出来ない。
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR