中園古墳

福岡県篠栗町 2017年3月訪問

横穴式石室
位置:33°36′36″N 130°31′06″E
ここから入っていきます


民家庭先に開口、墳丘もよく残っているようだ


短い羨道を持つ単室石室


巨石鏡石を据えた奥壁、他の石材はそれ程大きくはない


縦位置、背の高いドーム状


狭い(と言うほど狭くはないが)天井、石材2枚


奥から外、左片袖式、ドーム状で片袖式は全国唯一か


縦位置、まぐさ石はなく羨道天井が兼ねている


奥から玄門右側、自然光で撮影


奥から右側側壁


〃反対側


〃縦位置、自然光で撮ると質感がよく分かる


見学記
篠栗町乙犬、長者の隈古墳西方500m、火祭り薬師がありその脇にあります、でも民家敷地側に開口。単室ですが見事なドーム状玄室、背も高く天井も狭い。ここで一番変わっているのは片袖式なこと、ドーム状石室では両袖式が普通で片袖式なのは他にあったかな。これほどの石室が今まであまり知られてなかったとはね。
[ 2018年10月04日 18:45 ] カテゴリ:篠栗町 | TB(-) | CM(0)

長者の隈古墳

福岡県篠栗町 2013年12月訪問

複室横穴式石室
位置:33°36′38″N 130°31′25″E

独立丘陵頂部の平坦面に築かれた墳丘


石室は西向き、手前の石材も石室に関連したものか


この辺りが羨道入り口かな、墳頂に露出した天井石


羨道天井部が開口


割と大きな前室


後室はほぼ完存、背が高い、奥壁は三角形の鏡石、側壁も基部に大型石材を据える、鏡石右側の石の積み方が巧み、その割に上部はそれ程でもない


〃縦位置、天井石が一部抜かれて内部は明るい


奥から外、両袖式だが袖石はない


〃縦位置


細長い天井部


前室奥から、羨道埋没


(見学記)
篠栗町若杉、細長い独立丘両頂部に位置する古墳です。東側から登って行けますがとくに道はありません。ビニール紐で区画されているんでしょうかそれにそって登って行くと頂部は細長い平坦部になっていてやや北寄りに大きな墳丘が見えてきます。西向きに開口、複室石室ですが羨道や前室天井部が開口して入ることが出来ます。羨道は半分くらい埋まっていますが前室後室はよく残っています。後室は背が高く3m程、ドーム状というには天井部が細長い。天井石が2枚抜かれていて内部は明るい。奥壁は巨石の鏡石を据え玄門は両袖式ですが特に袖石はなく何段か石材を積み重ねています。渡来系の首長墓だそうですが突然現れたような、これに続く古墳もなさそうです。東側麓の細い道が行き止まりなので農閑期なら駐車できそうです。
[ 2014年01月16日 07:02 ] カテゴリ:篠栗町 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR