脇ノ谷古墳

和歌山県白浜町 2008年3月訪問

近くで出土した箱式石棺を安久川古墳の側に移築保存

火雨塚古墳

和歌山県白浜町 2008年3月訪問

円墳、R8、6C後半
横穴式石室、全長4.6m、玄室長2.3,幅1.9、高3m
位置:33°40′55″N 135°20′45″E

神社境内に保存


石室正面


羨道


平石を積んだ背の高い玄室


玄室中央にある箱式石棺


天井石、割れたのか組み合わせたのか


奥から外、両袖式


(見学記)

町中心部西側の権現崎にある熊野三所神社境内にある古墳です。東側から入っていくと本殿やや手前に柵に囲まれた墳丘があり南側に石室開口、羨道玄室ともよく残っています。玄室は奥壁側壁とも腰石を据え上に平石を積み重ねています。側壁はかなり持ち送りがあり天井石は1枚、と思うけどひび割れが入っているにしては不自然な割れ方だし初めから割れていたのでは割れ目がぴったり合うしどうなんだろう。玄室中央には組合式箱式石棺が安置されています。町史跡。
付近に車を止める場所がないので歩道に車を止めて超特急で撮影。古墳はすぐ見つかってよかったけど中に箱式石棺があって少々慌てた。

安久川古墳

和歌山県白浜町 2008年3月訪問

円墳、R8,H3
横穴式石室、玄室長2.1,幅1.8,高1.4m
位置:33°39′00″N 135°22′55″E

石室正面、羨道上部は壊失


玄門辺り、貝が穴を開けた石材使用


平石を積み重ねた玄室、左奥の石材が玄室内に落下


奥壁


奥から外、両袖式


(見学記)

白浜町才野安久川、安久川河口に橋から50m程更に南に行き東側にある住宅街の背後にあります。墳丘はかなり流失し南側に石室開口、羨道は下部しか残っていないが玄室はほぼ完存、玄室奥隅が開いているが玄室内に落下している石がその部分だろうか。ここも全体に平石を積み重ねています。一部の石に穿孔貝が開けている穴があるので海岸の石を使用したのでしょうか。やや埋まっているが床面も一段下がっているようだ。町史跡。
側に近くから出土した脇ノ谷古墳の箱式石棺が移築されています。板石を使った割と大きな物だが半ば埋めた状態で安置されている。
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR