八釣マキト古墳群

奈良県明日香村 2000年3月訪問、2003年3月再訪

新発見の古墳群、尾根上に横穴式石室墳が並ぶ、1、4号の石室が移築保存

1号
玄室長3.5m、6C中頃

石室正面、墳丘はあまりなかったようだ


玄室


右片袖式、玄門に仕切り石


移築復元された石室


2号(消滅)
玄室長3.3m、6C後半

墳丘があって目立ったせいか破壊が著しい


3号(消滅)
玄室長2.0m、7C初頭

尾根東側から、手前が3号、奥に見えているのが1号


右側が羨道(埋没)、奥に4号墳が見えている


玄室


4号
竪穴系小石室75×55cm、7C前半

何ともかわいい石室、中に棺台なのか石が2個ある、再葬墓とのこと


移築保存された石室


5号(消滅)
位置:34°28′34″N 135°49′48″E

天井石を壊失した石室、両袖式、群中最大の石室


玄室、天井石を壊失している割に状態はよい


石室背後から、羨道途中に仕切り石がある


玄室床面(上から)2基の棺台?


(03年)
古墳公園
1,4号の石室を移築、公園とは名ばかりの狭い場所


説明板


(見学記)

これも新発見の古墳群、尾根筋に4基の横穴石室と小竪穴系石室が検出されている。横穴石室は天井石を壊失しているがその割には状態はよい。尾根を掘り込んで石室を造っているようで元々余り目立った墳丘はなかったようだ。

1号:右片袖式、5号に次ぐ大きさで玄室長3.5m。6C中頃。玄門に仕切り石がある。側に明日香村による古墳被葬者の慰霊碑が立っている。
2号:東側、玄室長3.3m。6C後半。これは墳丘があって目立ったせいか破壊が激しい。
3号:右片袖式、玄室長2.0m。7C初頭。
4号:0.75×0.55mの小竪穴系石室。7C前半。3号の側にある何ともかわいい石室、しかし中にしっかり棺台と思われる石がある。子供の墓だろうか、それにしても何故側の石室に合葬しなかったんでしょうね。(再葬墓らしいとのこと)
5号:一番西側、尾根先端。他の古墳の番号を付けた後で検出されたようだ。両袖式で石室も一番大きい。玄室奥に棺台(2基分?)があり、羨道途中にも仕切石がある。5号は資料がなかったので数値は不明。

1号から4号の順に築造されたようだが段々規模が小さくなっていますね。奈良県のように調査が行き届いていると思っていた場所で山奥でもなく平野に埋まっていたわけでもなく、まだ新規の古墳が発見されると言うのが唯々驚き。残念ながら発掘後消滅の予定だそうだ。

(2003年追記)
1,4号が古墳公園として保存されたと聞いたので行ってみました。地形がすっかり様変わりして場所がよく分からなかったけど何とかたどり着くことが出来ました。元の尾根の先端付近、公園と言うにはあまりにも狭い場所ですが2基保存されただけでも幸いと言うべきでしょうか。1号以外は殆ど余裕がなく4号もその小ささ故に保存できたようです。元の尾根はすっかり畑と化していました。
[ 2013年03月26日 10:12 ] カテゴリ:明日香村 | TB(-) | CM(0)

打上古墳

奈良県明日香村 1999年3月訪問、2003年3月再訪

円墳
横穴式石室、全長8.3m、玄室長4.8,幅2.7,高2.3m
位置:34°27′46″N 135°50′05″E

石室開口部、急斜面上にあり羨道前面は崩壊


玄室、細川谷古墳群中最大級の石室


奥から外、入り口を塞いでいる石は天井石の底面が剥離したもの


(見学記)

五條の古墳を見に行ったが写真撮影に適したのがあまりなく、めぼしいのも午前中に見終わったのでたまには飛鳥観光でもと思って石舞台に行ったらすごい人だかり、すぐあきらめて都塚へ、すぐ近くなのにこちらは誰もいない(あまりいても困るけど)、此処から見る石舞台はまるで砂糖に群がる蟻のよう。さらに細川谷を上っていくと”打上古墳まで 300m”の案内板があった。これはいいものを見つけたと思って登っていったがその道のすごいこと、一応セメント舗装されているが殆ど崖と言っていいような急な坂。それでも道があれば贅沢は言っていられない、張り切って登って行ったが、途中で石室とも自然石ともつかないのがありましたがまさかねー、とうとう行き止まりの墓地まで行きましたがそれらしいのは無し、墓地にも崩壊した石室らしきものがありましたがわざわざ案内板を出すほどの物でなし、結局わからず。もう一度下まで降りてバイクで 300m 計ろうと思いましたが登りはいいが下りが恐ろしくて結局断念...。
と、ここまでは昨年の話。今年はOBITOさんに場所を聞いて行きました。とは言うもののすぐ分かるだろうと思ってよく聞いておかなかったのが失敗の元、またあの急な坂をえっちらおっちら登っていったが大きくカーブする辺りで道を外れて探してみたがやはり分からない。畑にいたおじさんに聞いてみると少し離れたほだ木のある杉林の中とのこと、元の道に戻ると確かにほだ木がある。そこから杉林の中に入り、さらに隣の果樹園の中まで探してみたがやはり分からない(後から思えば果樹園の中で古墳の上に上がり石室のある崖面も覗いていたんだが。雨上がりのこととて足下はぐっしょり、いい加減にいやになって下に降りると地元のおばさんに声をかけられた。

おばさん「打上古墳を見に行ったんですか」
私「はい、でも見つけられなくて」
おばさん「以前、東京から来た人も見つけられなくてそう言って
ましたよ。村長さんにも言っているんですけどね」

で、再々度挑戦(さすがに今度はバイクで行ったけど)それでもしばらく探したあげく崖面に突き出た石室入り口を見つけた時はさすがにほっとしました(どうも石室が露出しているというイメージがあったのが良くなかったみたい)。入り口はかなり狭いが中に入ってみると確かに細川谷古墳群の中では一番大きな石室なんだろうがちょうど大阪の大きな石室を見た後だったのでさほども感じず、ちょっとがっかり。とにかく写真を撮ってみたが石室の中まで靄がかかっていて後で見てみるとねぼけたような像しか写っていずがっかり、もう一度行かなくちゃ。とにかく疲れた。
以前橿考研図書室でこの古墳の場所を聞いていた人がいたし(受付のお姉さんももう二度と行きたくないそうです)たぬきさんも同様の経験をしたそうだし、これ程人を迷わす案内板もそうそうないでしょうね。明日香村の村長さんお願いします、道路脇に小さな案内板を立てるだけでいいんですから。

(03年追記)
前々回は石室内で霞がかかり、前回はアングルが悪かったので又々訪問。これで都合4回目だ(^^;)。しかも道路工事で又歩くことを強いられてしまった。距離も大したことはないしもうこの程度の道ではそれ程大変とは思わないけどね。古墳に言ってみると墳丘前の道に標柱が立っていました。それもアルミ製の立派な物。これで長年多くの訪問者を悩ませたこの古墳も難物の名前から解放させられそうです。打上古墳の案内だけでは勿体ないと思ったのか、石舞台古墳の案内まで書かれているのには笑っちゃったけどね。ここに来る人はまず石舞台古墳の前を通って来ると思うぞ。
[ 2013年03月26日 10:10 ] カテゴリ:明日香村 | TB(-) | CM(0)

植山古墳

奈良県明日香村 2001年3月訪問

方墳
横穴式石室
位置:34°28′23″N 135°48′23″E

00年発掘で2基の石室と石棺が出土して話題をさらった、遠方に丸山古墳が見えている
[ 2013年03月26日 10:09 ] カテゴリ:明日香村 | TB(-) | CM(0)

塚本古墳

奈良県明日香村 1999年3月訪問

方墳
横穴式石室
位置:34°27′29″N 135°49′22″E

玄室の一部が残るのみ、複数の家形石棺が出土している
[ 2013年03月26日 10:08 ] カテゴリ:明日香村 | TB(-) | CM(0)

高松塚古墳

奈良県明日香村 1991年4月訪問

円墳
横穴式石室
装飾壁画
位置:34°27′32″N 135°48′34″E

墳丘背後
[ 2013年03月26日 10:08 ] カテゴリ:明日香村 | TB(-) | CM(0)

亀石 酒舟石

奈良県明日香村 1991年4月訪問

亀石


酒舟石
[ 2013年03月26日 10:07 ] カテゴリ:明日香村 | TB(-) | CM(0)

鬼の雪隠 鬼の爼

奈良県明日香村 1991年4月訪問

鬼の雪隠
位置:34°27′55″N 135°48′29″E

ひっくり返された横口式石槨


鬼の爼
横口式石槨の底石
[ 2013年03月26日 10:06 ] カテゴリ:明日香村 | TB(-) | CM(0)

中尾山古墳

奈良県明日香村 1991年4月訪問

八角墳
横口式石槨
位置:34°27′40″N 135°48′33″E

大きく盗掘された墳丘
[ 2013年03月26日 10:05 ] カテゴリ:明日香村 | TB(-) | CM(0)

都塚古墳

奈良県明日香村 1991年4月訪問

方墳、L28、7C初頭
横穴式石室、全長12.2m
家形石棺
位置:34°27′37″N 135°49′50″E

墳丘


石室正面


玄室


石棺
[ 2013年03月26日 10:04 ] カテゴリ:明日香村 | TB(-) | CM(0)

真弓鑵子塚古墳

奈良県明日香村 1991年4月訪問

円墳、R23,H5
横穴式石室
位置:34°27′43″N 135°47′34″E

東側からの遠望、南北に羨道があるという特異な石室を持つ


南側石室入り口


北側石室入り口


玄室北側


玄室北西


玄室西側側壁


玄室南側
[ 2013年03月26日 10:03 ] カテゴリ:明日香村 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR