能美古墳群

石川県能美市(旧寺井町)2003年5月訪問

以下の3古墳群の総称です。クリックして各古墳群に進んでください。

秋常山古墳群

末寺山古墳群

和田山古墳群

分布図

和田山古墳群

石川県能美市(旧寺井町)2003年5月訪問

前方後円墳1,方墳2,他

1号
円墳、R24,H5、6C前半
位置:36°26′20″N 136°30′34″E

周溝を巡らした墳丘、北陸で唯一六鈴鏡出土、幼児を埋葬


2号
円墳
復元墳丘


5号
前方後円墳、TL56,R29,RH5,FW47,FH4、5C中
位置:36°26′30″N 136°30′47″E

前方部隅から後円部、墳丘復元、後円部に粘土槨が2基ある、古墳群の中でやや孤立して存在


墳丘図(説明板より)


6号
円墳、R25,H6、6C中

復元墳丘、和田山、末寺山の中で唯一横穴石室を持つ(埋戻し)、周溝に土橋が3カ所ある


(見学記)

末寺山のすぐ南側、丘陵は一番大きいですが中央部が大きく削平されて公園となっています。北側に残った丘陵頂部にあるのが能美古墳群の中で2基しかない前方後円墳のひとつ5号墳があります。全長56m、5C中の前方後円墳で墳丘が復元されています。周囲には古墳がなく古墳群の中では孤立した存在です。
南側の丘には尾根上に古墳が集中していて幾つかの古墳が復元されています。西側の1号は六鈴鏡など豪華の副葬品が出土、幼児の歯も検出されていて子供が埋葬されていたようです。その割に古墳は立派で重要人物の子供だったのでしょうか。東側にある号は古墳群の中で唯一横穴石室を持つそうだが埋め戻されています。南側尾根先端に方墳が2基あるが後に築かれた城に取り込まれて大きく変形している。8号も城跡なのか古墳なのか分かりづらくて写真に撮れなかった。
ここの西側麓に歴史民俗資料館(無料)があります。館員の方に聞いたところ能美古墳群では今のところ見学できる横穴石室はないとのことでした。がっかり。

末寺山古墳群

石川県能美市(旧寺井町)2003年5月訪問

前方後方墳3基は全てこの群に含まれる

5号
前方後方墳、TL30,RL21,RH5,FW6.5、4C前半
位置:36°26′41″N 136°30′45″E

復元墳丘(南側)、丘陵尾根頂に立地


後方側から前方部


6号
前方後方墳、TL55,RL35,RH5,FW20

後方部正面、5号から西に伸びる尾根上


13号
円墳
5号南側の尾根上


(見学記)

東西に伸びる尾根が南と北にあってその尾根上に古墳が点々としています。ここに能美古墳群中の前方後方墳が3基集中しています。北側の頂部にあるのが全長30mの5号墳、4C前葉の構築でこれが一番最初に作られたのでしょうか。現在墳丘が復元されています。ちょっと草茫々ですが。すぐ西側にあるのが全長55mの6号。尾根がやや下るため5号に比べて位置は低いのですが背が高くて墳頂の高度は5号とほぼ同じくらいです。5号に負けたくないと言った意識があったのでしょうか。北側の尾根から見ると更に北の平野が一望できます。そのせいでしょうか古墳はこちら側に集中し南側の尾根には前方後方墳の2号と円墳が1基しかありません。

秋常山古墳群

石川県能美市(旧寺井町)2003年5月訪問

前方後円墳1,方墳1

1号(秋常山古墳)

前方後円墳、TL140,R110,RH19、4C末
位置:36°26′48″N 136°31′18″E

前方部から後円部


後円部から前方部


くびれ部、左が後円部、丘陵を最大限に利用して構築、石川県最大の前方後円墳


2号
方墳、L30,H4.5、5C中

1号からの眺め、1号と共に保存整備のため発掘中


(見学記)

石川県最大の前方後円墳秋常山古墳と方墳の2号からなる。秋常山古墳は丘をそっくり墳丘に作り替えた感じでどの辺りまでが墳丘なのかよく分からない。お隣の2号墳も小丘を利用して作られているが頂上付近だけだとそれ程でもないが下まで墳丘だと相当大きそう。現在墳丘整備に向けて発掘中、特に2号はブルーシートだらけでした。
この東側の丘陵の西山古墳群があります。切石積みの横穴石室を持つ古墳があったそうだが消滅しています。
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR