長畝古墳群

高知県南国市 2007年3月訪問

測量図(説明板より)


古墳公園


3号
5C後半
位置:33°35′57″N 133°37′10″E

小竪穴石室2,土壙1


4号
6C前半
横穴式石室

基部だけ残った横穴石室


(見学記)

市内岡豊町小蓮、4Cから6Cにかけての古墳群で高知自動車の建設で道南国SAすぐ東側に移築され古墳公園として公開されています。岡豊病院西側の道路を北に行き自動車道の下をくぐって行くとすぐ右手に古墳公園があります。2号は4Cの礫槨、3号は5C後半の小型竪穴石室2と土壙、4号は6Cの初期型横穴石室です。公園中央の高まりが元の尾根を復元していて石室も元のまま配置しているんでしょうがどうにも分かりにくい。周囲にも古墳と全く関係のない物が置いていて(置かれていて)古墳公園としての印象を薄くしています。
[ 2013年01月22日 10:30 ] カテゴリ:南国市 | TB(-) | CM(0)

小蓮古墳

高知県南国市 2007年3月訪問

円墳、R22-28m、H7、6C後半
横穴式石室、全長10.8m、玄室長7.6,幅2.1,高2.8m
位置:33°35′47″N 133°37′21″E

石室正面


長い玄室右側の側壁が傾き左の側壁も少し膨らんでいて危険な状態


巨石の奥壁


奥から外、両袖式


(見学記)

市内岡豊町小蓮、岡豊病院東側の竹林の中にある石室墳です。南側から行くと案内表示があるようですが長畝古墳群の所で出会った人から教えて貰って北側の希望ヶ丘学園南側を通る道路沿いから入っていきました。背の高い大きな墳丘が残っていて南側に石室が開口、羨道も立って入れるほど玄室も長7.6m、幅2.1m、高2.8mと県内でも最大クラスの石室です。奥壁も三角形状の巨石を据えています。ただ右側壁の石が一枚大きくせり出し反対側の側壁も若干はらみがあるようでちょっと危険な状態です(一応入室禁止)。県史跡。
[ 2013年01月22日 10:28 ] カテゴリ:南国市 | TB(-) | CM(0)

明美彦山古墳群

高知県南国市 2007年3月訪問

1号
横穴式石室
位置:33°34′03″N 133°37′09″E

丘陵裾に立地した古墳


墳丘も割と残る


羨道、玄門


やや持ち送りのある玄室、石材の積み方はやや粗い


奥壁


奥から外、両袖式


3号
横穴式石室
位置:33°34′06″N 133°37′10″E

山裾、墓地の奥にある


石室正面、羨道はかなり壊失


ドーム状の玄室、床面に敷石が敷かれている


奥から外、両袖式、床面が一段下がっている


(見学記)

市内明美、国道32号を南下し東に国道55号、西に32号となるT字路を西に行き信号のある二つ目の交差点を北に曲がって丘に突き当たると麓沿いの路を左回りに廻っていって丘の北側に出て道が右に直角に曲がる辺りに空き地があるのでここに車を止めて後は徒歩で行きます。西方100m丘の麓に案内表示が見えています。1号はここからすぐ丘の麓辺りの緩斜面に構築された古墳で墳丘も割と残っています。南向きに開口する石室は羨道は多少壊失しているかもしれないが玄室は完存、奥行きはかなりあるが高さはそれ程でもない。石材は県内でよく見かける珪岩でしょうか、積み方はかなり粗い。
丘陵麓沿いにセメント舗装の見学道があり北東方向に行くと小さな墓地がありその奥に3号があります。南側に開口した石室は羨道がかなり失われているようですが玄室完存、2m四方ドーム状の玄室で1号とは構造が大きく異なっています。玄室床面も一段下がっていて渡来系の石室でしょうか。共に市史跡。
[ 2013年01月22日 10:26 ] カテゴリ:南国市 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR