西宮古墳

徳島県吉野川市(旧鴨島町)2003年4月訪問

横穴式石室
位置:34°03′15″N 134°20′28″E

忌部山型石室の玄門袖石が残るのみ、手前が入り口側


横から


奥から


(見学記)

国立療養所正門前に説明板が立っていて、そこから登ってすぐ、低い丘の頂きにある。忌部山型石室だそうだが残っているのは4本の玄門袖石のみ。かなり異様な状態で知らなければとても石室とは思えない。町史跡。

金勝寺古墳

徳島県吉野川市(旧山川町)2003年4月訪問

横穴式石室、玄室長3.2m(目測値)
位置:34°03′14″N 134°15′33″E

墓地の中にある、玄室天井部が開口


忌部山型石室、やや胴張りで四隅が丸い


奥から外


(見学記)

JR山背駅南方、山裾に金勝寺がありその東側の墓地の中にある。小さな案内表示もあるがかなり分かりにくい。石室は墓石の下になっていて天井石の1枚が抜かれているが他は比較的状態はよいようだ。玄室は奥が広がり四隅が丸い忌部山型。町史跡。

忌部山古墳群

徳島県吉野川市(旧山川町)2003年4月訪問

石室墳5基

2号
横穴式石室、玄室長3.5,幅2,高2m(目測値)
位置:34°02′50″N 134°16′12″E

手前が2号、奥が1号、標高250mのかなり高所にある、1号は盗掘で石室破壊


石室正面


小型の石を積み上げた玄室、かなり持ち送りがある


中央部が高くなる天井


奥から外


3号
石室正面、2号のすぐ下側にあるが正反対の東南に開口


玄室、持ち送りが少ない


奥から外


天井石が抜かれている


(見学記)

国道192号に忌部神社の大きな案内標識が立っているのでそこから道を逸れて山裾の神社に行き、更に曲がりくねった道を登って上のお寺まで車で行けます。ここからかなり急傾斜の山道を登っていくと20分ほどで古墳群にたどり着きます。1-3号がほぼ一カ所にあり、一番上のが1号(現地の説明板では3号となっているが間違っているようだ)。墳頂部が大きく盗掘されて石室はすっかり破壊、小型の竪穴石室もあるそうだが見ることは出来ない。すぐ下にあるのが2号、羨道はかなり破壊されているが玄室の残りは一番いい。玄室は小型の石を積み上げかなり持ち送りがあり天井部は中央が高くなっている。いわゆる忌部山型石室で四隅が丸くなっているそうだがあまり感じられなかった。少し離れた下にあるのが3号、こちらは天井部が抜かれ墳丘もはっきりしない。すぐ近くにあるのに石室が2号と反対向きになっているのが興味深い。すぐ近くに4,5号もあるようだ(後から知ったのだが)。今年四国に渡ったのはここと久本古墳を見るのが最大の目的だったが、正直なところここでの石室の数が少なかったことにほっとしている。町史跡。
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR