徳平古墳

岐阜県恵那市(旧明智町)2006年3月訪問

円墳、R11.5,H2.2
横穴式石室、全長5.2m、玄室長3.3,幅1.9,高1.75m
位置:35°18′11″N 137°23′21″E

復元墳丘


石室正面


羨道


胴張りの玄室、かなり非対称な奥壁


両袖式


(見学記)

明智鉄道明智駅西側、丘陵上にある石室墳で墳丘が復元整備されています。イトウ蜂蜜前の小路を入って行き途中で左に曲がって廃屋脇を通って丘の上に登っていくと古墳があります。南側に石室開口、短い羨道には丸石が敷き詰められ若干上り坂になっている。玄室はかなり胴張りで長さ3.3m程、奥壁は1枚石で背の高いタイプです。石材に花崗岩が使われているのが珍しい。県史跡。

竹折4号

岐阜県恵那市 2006年3月訪問

横穴式石室、現存長3m
位置:35°25′51″N 137°20′24″E

標柱、左側に石室


開口部、前部は壊失


人一人が入るのがやっとの石室


奥の天井が少し高くなっている


(見学記)

竹並町竹折、中央道南側を走る国道19号から高速下をくぐって山側の住宅街に向かいすぐ左折して行くと左側に標柱が立っています。墳丘ははっきりせず人一人が入るのがやっとの小さな石室が開口、現存長3m程ですが奥の天井部分が少し高くなっているようです。

千田古墳群

岐阜県恵那市 2006年3月訪問

二十数基

3号
石室露出


4号
殆ど分からない状態


5号
横穴式石室、現存長2.5m
位置:35°27′43″N 137°23′24″E

民家敷地下の斜面に開口


細長い石室


8号
横穴式石室、現存長5m

8号すぐ西側、石室前面は崩壊


石室開口部


細長い石室、小型ながらも奥壁っぽい


12号
円墳、R7

小さな墳丘が残る


16号
円墳、R15,H2

墳丘、頂部に盗掘跡


17号
円墳、R20,H3.5
横穴式石室、全長12m、玄室長5.5,幅2.5m
位置:35°27′42″N 137°23′10″E

群中最大の石室墳、羨道はかなり破壊


石室正面


やや胴張りの玄室、天井部が一部抜かれいる


片袖式、天井中央部が高くなるようだ


露出した天井部


21号
円墳、R17.5
横穴式石室、玄室長3.87,幅1.34m
位置:35°27′52″N137°22′55″E

背の高い墳丘が残る


石室正面、羨道はかなり壊失


整った玄室、奥壁はほぼ1枚石、側壁も面が揃っている


両袖式


22号
円墳、R11

墳丘


石室露出、内部は埋没


23号
円墳、R9.5

僅かな高まりが残る墳丘


石室の一部が露出


(見学記)

長島町久須美、川沿い約1kmの間に二十数基分布、主な古墳の側に標柱が立っているのでわかりやすい。

5,8,12号
恵那養護学校西側にため池があり、その北側民家と道路の間の斜面に2基の石室が開口しています。西側が8号、東側が5号、共に前面が崩壊、幅や高さは小さく細長い石室が残存しています。8号の西側に12号、小さな墳丘が残っているが上が窪んでいて石室は破壊されているようだ。5号東側の林の中に3,4号の石室があるが共に残骸状態で側に標柱が立っていないと分からないような状態です。

17号
ため池南側の道路から県道交差点を越えて登っていくと右側に公民館があります。この背後に17号がある。群中最大の石室墳で玄室天井石の一部を失っているが他は割と状態がよい。やや胴張り、長さ5.5m程の玄室で背も高い。残った天井石も入り口側の2枚は一段ずつ高くなり、奥の1枚も斜めに架けられていて中央部が高くなっているようだ。すぐ側に16号があるが大きく盗掘を受けている。

21号
交差点に戻り県道68号を西に行くと越高バス停(北側)がある。ここから住宅地に向かう道を登っていくとすぐ右手に背の高い墳丘があり石室が開口している。羨道は基部しか残っていないが玄室完存、やや胴張りで奥壁は1枚石の巨石、天井も奥に向かって少し高くなっているようだ。

22,23号
道を更に登っていくと集会所がありその背後に2基の古墳がある。共に墳丘が僅かに残り石室の一部が露出している程度です。

佐々良木古墳群

岐阜県恵那市 2006年3月訪問

2基

全景:南側から


1号
小さな墳丘が残る


石室は埋没


2号
横穴式石室、玄室長凡そ3.4m
位置:35°24′11″N 137°21′36″E

石室正面


羨道壊失


やや胴張りの玄室、天井も中央がやや高くなる


奥から外


(見学記)

三郷町佐々良木、国道418号と県道66号交差点に道の駅「そばの郷らっせいみさと」があり国道を挟んだ西側にある2基からなる古墳群です。1号は前に赤い鳥居があるのですぐ分かる。現状では小さな円墳で横穴石室が僅かに露出している程度、内部は埋没しているようです。このすぐ西側に2号があるはずだが見つからない。諦めて帰り際に1号の遠望写真を撮ろうとすると左手に何か標柱のような物がある。近寄ってみると石室が開口していました。前が藪ですっかり見えなくなっていた(掲載した写真は掃除した後で少し見やすくなっています)。こちらも墳丘はかなり小さくなっていて羨道も殆ど壊失しているが玄室も前部が少し破壊されているが概ね良好、かなり胴張りで天井石も前の1枚を少し傾けて中央部を高くしています。長さは凡そ3.4m、幅は最大2m、高さも2mほどです。市史跡。

蓮花寺古墳群

岐阜県恵那市 2006年3月訪問

長国寺北側林の中に密集、現存9基

1号
円墳、R9
横穴式石室
位置:35°27′16″N 137°25′24″E

林の中にある墳丘


頂部に天井石露出


石室内部


2号
円墳、R10

左2号、右奥1号


4号
円墳、R11
横穴式石室、玄室長2.65m

墳丘


石室奥壁


玄門、羨道は埋没


7号
円墳、R12.5

墳丘は良好、石室は不明


8号
横穴式石室

石室奥が僅かに残る


奥壁


(見学記)

大井町、大井小学校北側に長国寺があり、その中央道を挟んだ北東側、墓地背後の林の中にある古墳群で9基現存しています。一番東側にあるのが1号で頂部に天井石が露出その隙間からカメラを突っ込んで撮影、小型ながら緻密な積み方の石室です。すぐ西側にあるのが2号で天井石が露出している程度。更に西にあるのが4号で天井石の隙間から中に入れますが小型の石室です。更に西にあるのが7号で一番大きな墳丘だが石室は露出していない。他の3,5,6号は墳丘らしき物がある程度です。8号はやや離れて墓地の背後にありここに標柱が立っていますが石室奥壁辺りが僅かに残っている程度。9号は分からなかった。

能万寺古墳群

岐阜県恵那市 2006年3月訪問

長栄寺北側一帯、9基が県史跡

1号
円墳、R19.5
横穴式石室、全長8.2m、玄室長4.5,幅2,高2m
位置:35°27′10″N 137°24′22″E

良好に残る墳丘


石室開口部


羨道


持ち送りの少ない玄室、奥壁に巨石の鏡石を据える


奥から外、両袖式、天井石がかなりの巨石


2号
円墳、R12
横穴式石室、現存長3,幅1.5m

石室正面、羨道壊失


墳丘背後から


胴張りの玄室、奥壁や天井石が平面に仕上げられている


5号
円墳、R12
横穴式石室、全長6.7m、玄室長2.7,幅1.1m
位置:35°28′02″N 137°24′31″E(移築)

移築復元


石室正面


羨道


奥が狭まった玄室


奥から外、両袖式か


8号
円墳、R15

墳丘


9号
円墳、R15
横穴式石室、全長8.6m、玄室長5,幅1.5m
位置:35°27′13″N 137°24′08″E

墳丘


羨道入り口辺り


玄門付近、天井石が落下して塞いでいる


かなり胴張りの玄室、奥壁が極端に狭まっている


奥から外


(見学記)

JR恵那駅西方長島町中野にある長栄寺(古墳群と名前が違うのでちょっと注意が必要)背後一体にある古墳群で9基が県史跡となっています。
1号
寺西側の小道を登ってすぐ林の中にはいると背の高い墳丘が見えてきます。径20mほどの円墳で墳丘石室とも良好に残っています。玄室はあまり持送りが無くそれ程高くはありませんが天井石は2枚で入り口側のは特に巨大、奥壁も巨石の鏡石を据えています。玄門は袖石を立てた両袖式、まぐさ石と共にかなり切石に近い加工がされています。なかなか見事な石室だが落書きがあるのが残念。

2号
寺東側墓地に行く道の左手にあります。羨道は壊失しているが玄室は完存、やは胴張りで奥壁は1枚石、巨大な天井石と共にかなり平面に仕上げられています。

5号
中央道建設に伴い大井町にあるやすらぎの森公園(駐車場なし)に移築復元されました。1号よりも小型ですが長い羨道や玄室が良好に残っています。玄室は胴張りと言うより奥がやや狭まっている感じです。

8,9号
中央道に架かる橋を渡って左手の坂道を上っていくと松が丘集会所がありその南側にあります。道路を挟んで東側が8号、墳丘はよく残っているが石室は不明、西側が9号、墳丘はかなり変形し石室が露出、羨道もかなり埋まっていますが玄門辺りの隙間から玄室に入れます。かなり胴張りの玄室で奥が狭まっている、天井石も奥に向かって傾いているようだ。

久後古墳

岐阜県恵那市(旧明智町)2006年3月訪問

円墳、R8.5
横穴式石室、全長6.1m、玄室長4,幅1.9,高1.7m
位置:35°18′07″N 137°23′18″E

墳丘、右後方の丘に徳平古墳がある


石室正面、羨道はかなり破壊、閉塞石が2枚残っている、1枚は立ったままの状態


胴張りの玄室、奥壁は1枚石


奥から外、片袖式


(見学記)

徳平古墳の谷を挟んだ南側丘の上、寮の前にあります。こちらは標柱は立つも説明板は無し。徳平古墳とほぼ同規模同構造の石室です。最大のポイントは玄門閉塞石が2枚残っていること、1枚は倒れていますが1枚は立ったままの状態で残っています。
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR