横山西の塚古墳

長野県東御市(旧東部町)2006年4月訪問

円墳、R15,H3
横穴式石室、全長4.2m、玄室長3.0,幅1.8,高1.9m
位置:36°22′17″N 138°20′06″E

住宅街の一角に保存された墳丘


石室正面


羨道、玄門、上にまぐさ石、下にしきみ石、左右に袖石


玄室はそれ程大きくはない


奥壁はほぼ1枚石


奥から外、両袖式


(見学記)

現東御市井高、新興住宅地の一角に保存されています。南に平野を望む台地の縁辺、南側に開口した石室は羨道玄室ともよく残っています。入り口から覗くと玄門左右に角柱状の袖石があり上にまぐさ石、下にはしきみ石となかなか凝った造りです。玄室は奥行き3mでそれ程大きくはありませんが奥壁はほぼ1枚石、その上に平石を1枚重ねています。埼群古墳館によれば側に説明板が立っているけど私の時はそんなのはなかったな。市史跡。
[ 2013年03月03日 10:07 ] カテゴリ:東御市 | TB(-) | CM(0)

塚穴古墳

長野県東御市(旧東部町)2006年4月訪問

横穴式石室、玄室長2.4,幅2.4,高1.5m(説明板による値)
位置:36°20′25″N 138°22′36″E

かなり改変された墳丘


横から。天井石が露出


石室正面、玄室前部の石が抜かれている


羨道、石が抜かれて玄室も明るい


玄室、説明板の数値より大きい


左側壁中段に副室がある


副室正面


副室内部


奥から外、両袖式


(見学記)

現東御市滋野乙、滋野小学校から国道18号を挟んだ南側の住宅地外れにあります。墳丘はかなり改変され天井石も露出、玄室前部天井の石も外されていますがそれ以外は割と良好、天井石が外されている分中が明るくて見やすいです。玄室は両袖式で側壁奥壁とも下部にやや大きな石を据えてその上に小型の石を積み重ねています。説明板では玄室長2.4m、幅2.4m、高1.5mとありましたが見た感じどうも小さすぎる。実測してみたら長3.8m、高2mくらいありました。この玄室の最大の特徴は側壁中段に副室があること。副室があるのは時々見かけますが大抵玄室床面と同じ高さでここのように中段にあるのは珍しい。天井部に平石を配するなど丁寧な造りです。市史跡。
[ 2013年03月03日 10:06 ] カテゴリ:東御市 | TB(-) | CM(0)

獅子塚古墳

長野県東御市(旧東部町)2006年4月訪問

横穴式石室、全長6.5m、玄室幅1.9,高1.8m
位置:36°21′13″N 138°22′38″E

県道脇に移築された石室


元の半壊状態のまま移築


側壁は平石積み


奥壁は1枚石


(見学記)

現東御市滋野乙、道の駅東100m県道79号脇にあります。これは県道を走っていて偶然見つけた。大きな説明板脇にむき出しの石室があってすぐ分かったけど車だとすぐ止められないのがつらいとこだ。石室はかなり破壊され奥壁と側壁の一部傾いた天井石が1枚しか残っていませんがこれで移築だそうだ。復元などせず元の状態のままなんですね。奥壁の1枚石や側壁の平石積みの状態がよく分かります。
[ 2013年03月03日 10:04 ] カテゴリ:東御市 | TB(-) | CM(0)

児玉山古墳群

長野県東御市(旧東部町)2006年4月訪問

急斜面に立地、斜面をカットした跡がよく残っている


石材露出、児玉山古墳群とは別かも知れない


(見学記)

現東御市和東上田、上信越道東部湯の丸IC北西、児玉山にある古墳群。石室が幾つもあるので楽しみにしていたけど案内板が見つけられず。むやみに歩き回って急斜面に古墳を1基見つけたけど石室は開口しておらず児玉山古墳群とは別の古墳かも。
(追記)古墳群はもっと上のようでした。
[ 2013年03月02日 10:58 ] カテゴリ:東御市 | TB(-) | CM(0)

狐山古墳

長野県東御市(旧東部町)2006年4月訪問

方墳、7.8×8.3m、7C
位置:36°21′58″N 138°22′01″E

墳丘はすっかり改変、横穴石室を持つが埋め戻されている


(見学記)

現東御市鞍掛出場、道路脇にあり周囲に何もないのですぐ分かりますが周りは石垣状態、墳丘は藪でこれで説明板と標柱がなければ古墳とも分からない状態です。方墳で横穴石室を持つそうだ。町史跡。
[ 2013年03月02日 10:57 ] カテゴリ:東御市 | TB(-) | CM(0)

二子塚古墳

長野県東御市(旧東部町)2006年4月訪問

円墳、R10-15、H3
横穴式石室
位置:36°21′32″N 138°19′40″E

台地縁辺に立地、前方後円墳のような名前だけど円墳


開口部


入り口から見た石室内部


玄室


奥壁


奥から外、無袖式かな


(見学記)

現東御市海善寺、国道18号北側の台地縁辺に位置する。トヨタカローラの脇から入っていくと一番近道だが道が狭くて気づかず遠回りして台地の北側に出ると広い畑地帯の端に墳丘が見えていたのでなんとか側まで行ったけど道が狭くて駐車スペースも無く自動車で訪問初心者の私としてはよく行ったなと言う場所でした(事前に知っていたらもっと手前で車を降りて歩いていっただろうな)。畑と林の境目に尖り帽のような墳丘があり南側に石室が開口しています。名前からすると前方後円墳のようだけど径10-15mの円墳です。入り口部分が大分埋まっていて中は坂のようになっているが奥はそれ程でもない。奥壁は下部にやや大きな石を3枚並べその上に小型の石を積み重ねています。市史跡。
[ 2013年03月02日 10:56 ] カテゴリ:東御市 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR