古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  さいたま市

側ヶ谷戸古墳群

埼玉県さいたま市(旧大宮市)1999年2月訪問

5基残存、4基消滅

稲荷塚古墳
位置:35°53′32″N 139°36′11″E

大宮西高内に保存されている


上之稲荷古墳
位置:35°53′24″N 139°36′29″E

殆ど削平


山王山古墳
横穴式石室
位置:35°53′26″N 139°36′28″E

墳丘流失、墓地の一角に石室の一部が露出


台耕地稲荷塚古墳
円墳、R30,H2、6C
横穴式石室(埋没)、全長4.4m
位置:35°53′09″N 139°36′31″E

住宅街の一角に保存、胴張り切石石室を持つ


茶臼塚古墳
位置:35°53′20″N 139°36′14″E

墳丘良好


(見学記)

市内三橋、鴨川沿いの自然堤防状に分布する古墳群です。残存4基、消滅4基、他に石室のみが1基あります。

台耕地稲荷塚古墳
一番南側、与野市のと境界近くの住宅街の一角に古墳の区画だけ元のまま残されています。径30m、高2mの円墳で多少変形しているようですが比較的よく残っています。胴張り型両袖式切石造りの横穴石室があるそうですが現在は埋戻されています(見てみたいなー)。側に説明板と絵図がありこれに従って他の古墳等を廻ることが出来ます。市史跡。

茶臼塚古墳
住宅地西側川を望む緩斜面上にある円墳です。径25m、高3m位、台状の形のいい姿を見せています。ここも側に説明板と絵図あり。市史跡。

稲荷塚古墳
大宮西高内、正門を入ってすぐ左側にあり、径32m、高3.5mの円墳ですが見た目よりもっと大きく感じます。墳丘斜面が裸、墳頂は平坦部を覆うように2,3本の樹木が生えていてまるで帽子をかぶった古墳の様。せっかく学校内にあるのに説明板の類は一切無し。

山王山古墳
宝院境内墓地の一角にある。標柱が目印。墳丘はすっかり削平され石室が残っているが見えているのは奥壁(多分)の上部のみ。市史跡。

上之稲荷塚古墳
山王山古墳すぐ南側にあるが直接には見えない。廻りを住宅に浸食され残っているのは墳丘の2,3割程度。市史跡。
[ 2013年02月20日 12:42 ] カテゴリ:さいたま市 | TB(-) | CM(0)

大久保古墳群

埼玉県さいたま市(旧浦和市)1999年2月訪問

残存3基程度

かね山古墳
円墳、R15,H2.5(現状)、6C後半
位置:35°52′55″N 139°36′24″E

周溝を含めると径40mある墳丘


白鍬塚山古墳
円墳、R15,H3(現状)、5C後半
位置:35°52′37″N 139°36′24″E

ビルの隙間に保存されている


(見学記)

市内白鍬、側ヶ谷戸古墳群南側で地域的には一つの古墳群としてもいいような古墳群です。

かね山古墳
白鍬保育園の道路を挟んだ西側、廻りをすっかり住宅に取り囲まれ現状は径15m、高2.5m程度の円墳ですが発掘で周溝を含めると径40m、6C後半の円墳であることが判明しています。いや小さくなったもんだ。市史跡。

白鍬塚山古墳
かね山古墳南方500mここもビルやアパートに囲まれ分かりにくいですが白鍬学園裏です。現状は径15m、高3m程度、復元径30m以上、最大幅9mに及ぶ周溝があったことが判明しています。側に説明板が立っていますがあの位置ではアパートの人しか読めないよ。せめて道路に面した方に立ててくれれば良かったのに(実は探す過程でこの前を一度通り過ぎたが気がつかなかった)。なお「前方後円墳集成」では塚本塚山古墳(前方後方墳?)となっています。5C後半。市史跡。「さいたま古墳めぐり」に載っていた他の古墳は権現塚古墳は民家の庭、白鍬5号墳、御岳山古墳は消滅しているようだ。
[ 2013年02月20日 12:41 ] カテゴリ:さいたま市 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR