羽生古墳群

埼玉県羽生市 1999年2月訪問

昆沙門山古墳
前方後円墳、TL63
位置:36°10′11″N 139°32′13″E

お堂の乗っている左が前方部


保呂羽山古墳
円墳
位置:36°10′12″N 139°32′05″E

市街地の中で割と残っている墳丘


(見学記)

市北部の村君にある永明寺(ようめいじ)境内にある全長78mの前方後円墳です。後円部と前方部に御堂があって上が平らになっていますが細長い墳形はよく残っています。全体が樹木に覆われている。利根川側の段丘上ですぐ北側は群馬県、当時の武蔵と上野との最前線に位置していたんでしょうか。

永明寺古墳

埼玉県羽生市 1999年2月訪問

前方後円墳
位置:36°12′04″N 139°35′18″E

樹木に覆われた墳丘


(見学記)

東武伊勢崎線羽生駅北側踏切の側にある全長63mの前方後円墳です。後円部には神社があり線路でも削られ前方部も遊具などがあってかなり変形していますが前方後円墳と分かる程度には残っています。くびれ部に1.5×2m位の緑泥片岩製の巨大な板碑が建っていますが横広型の珍しい形で石室からの転用ではないかとも言われています。西側200mに神社ののった保呂羽堂古墳があります。径21m長円形の墳丘が残っていてこちらにも小さい板碑がある。(後から後円部と前方部が逆だったことが判明)
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR