杵ヶ森古墳

福島県会津坂下町 1999年5月訪問

前方後円墳、TL45.6,R25.6,RH2,FW19、4C後半
位置:37°33′46″N 139°48′47″E

平野部にある古式な前方後円墳、発掘前は円墳と思われていた、公園として保存


上記反対側から


周囲に4基の方形周溝墓がある


本体を埋め戻して復元


(見学記)

町立第2中学校北西にあって小型の円墳かと思われていましたが土地改良事業に伴う発掘で全長45mの前方後円墳,それも4世紀前半東北最古級の前方後円墳と判明しました。前方部は削平され後円部が僅かな高まりとして残っているだけですが周りに前方後円形の周溝が巡っています。更に周囲に住居跡(稲荷塚遺跡)や前方後方形の周溝墓が6基分布しています。まづ集落があってその後に古墳を造営更にその周りに方形周溝墓が次々に造られたようです。調査後破壊される予定でしたがその歴史的価値や関係者の努力により公園として現状保存され前方部は植生で表され方形周溝墓も4基復元されています。しかし1度決まっていたのを変更するのは道路の付け替えや代替え地の確保など結構大変なようですね,ますます関係者の努力に感謝。北側400mの所に臼ガ森古墳があって臼の杵がセットになっています。こちらの方は現状は上に神社があって載頭円錐形の円墳状,「図説」の方では前方後円墳となっていますが「前方後円墳集成」には載っていません。円を臼に前方後円墳を杵に見立てたのでしょうか,そういえば前方部が杵に見えないこともないですね,命名当時は前方部が残っていたのかも。

臼ヶ森古墳

福島県会津坂下町 1999年5月訪問

前方後円墳
位置:37°34′01″N 139°48′48″E

後円部、前方部は消滅

青津古墳群

福島県会津坂下町 1999年5月訪問

雷神山古墳を含む幾つかの支群に分かれる

鍛冶山古墳
前方後円墳
位置:37°35′54″N 139°48′41″E

画像なし

雷神山古墳
前方後円墳、TL47,R27,RH7.5,FW14,FH3
位置:37°35′40″N 139°48′01″E

前方部正面、丘陵頂に立地、後円部に祠があり参道が通っている


(見学記)

青津古墳群
亀ヶ森古墳のある青津地区から川を挟んだ西方の丘陵上に分布する古墳群で幾つかの支群に分かれています。

鍛冶山支群
丘陵西側に県道336号が南北に走っていてその北側宇内地区辺りに小さな案内板がでています。それに従って行き、墓地から丘の上に登っていくと前方後円墳の鍛冶山古墳(4号墳)にたどり着きます。全長21mと小型で背も低く墳頂部に表示板がなければ見落とすかもしれない。ここから西側の尾根平坦部に10基程の円墳が密集しています。その内の1基は載頭円錐型で背は低いですが規模は鍛冶山古墳より大きいかもしれない。周りの周溝もよく残っています。直し他の案内板に雷神山古墳もでていますがここから行くのは無謀というもの、又墓前堤というのも有りますが古墳の名前かと思ったら墓の前というか後ろというか文字通りの堤みたいですね。

雷神山古墳
県道を南に行くと信号のある交差点を西に谷沿いに入っていきます。赤い鳥居があるところに雷神山古墳群の標柱がありそこから山道を登っていきます。古墳は急峻な山頂を利用して造られた全長47mの前方後円墳です。墳丘は良好、大きな後円部(径27m、高7.5m)に比して小さな前方部(幅14m、高3m)、中世の経塚があってその盗掘によって主体部も破壊、墳頂部も平らなのはそのせいか。途中に鳥居が2カ所もあるのに墳丘上にあるのは小さな石の祠だけ。古墳群と有るが他のは不明。

出崎山支群
先ほどの交差点から西に行ったすぐ南側の尾根上にある前方後円墳2,前方後方墳2を含む群ですが道がわからず。尾根東端に新しい建物が出来ているがひょっとして一部破壊されているかも。

森北支群
出崎山のすぐ西側にあるはずだがここもわからず。98年に発掘されているからどこかに道があるはず何ですがね。反対側の雷神山の尾根から見ると斜面を削った道路が見えているのに下に降りてみるとその道路の出口はわからないんですね。ちなみに「前方後円墳集成」の地図では町営スキー場の山頂近くにあるようになっているので登ってみたがどう見ても古墳があるようには見えなかった。同じ山登りでも雷神山のように古墳が見つかればいいがここのように無駄足に終わると疲れが倍加します。オートバイで片道3時間以上かけてくるから余計ね。帰り道でねずみ取りに捕まり更に大ショック。

亀ヶ森古墳 鎮守森古墳

福島県会津坂下町 1999年5月訪問

前方後円墳、TL127,R67
位置:37°35′24″N 139°49′57″E

西側丘陵からの遠望、左が亀ヶ森、右が鎮守森古墳、会津盆地の平野部に立地


鎮守森古墳後方部


墳形図(説明板より)亀ヶ森古墳は後円部上部が削平くびれ部も切断されている


(見学記)

 阿賀川南側青津集落の西側に2基並んでいます。集落に案内板があって行くのは容易。亀ヶ森は全長127m東北第2位の大型前方後円墳(ちなみに1位は宮城の雷神山,どれも早い段階での古墳であることが興味深いですね)で周溝が周りに地割りとして残っています。墳丘は前方部に墓地,後円部頂は削平されやや大きな神社やお堂が建っていて,中央部に円墳状の塚のような物がありますが,これが後円部の削り残しか後から盛ったものかは不明,全体の平面形はよく残っています。前方部西側に微高地があって3基の前方後方墳がありましたが削平されています。南西にあるのが鎮守森古墳で全長55mの前方後方墳,すぐ側に大型の古墳があるせいか小さく見えます。墳頂に神社がある他は良好。両方とも杉林に覆われていて墳丘は見にくい。共に国史跡。
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR