築ヶ鼻古墳群

兵庫県多可町(旧中町)2018年3月訪問

10基程

1号
斜面一番下にある、如何にも盗掘されたような姿


石材露出、側壁のようで細長い石室


背後から見ると墳丘は割と残る


2号
1号隣、状態は悪い


3号
R15程、TL9.5//,1.5,2m/
位置:35°04′48″N 134°53′52″E
1号上方、斜面をカットした墳丘、ここの見どころはほぼこれだけ


斜面下方側に開口


石室正面、既に傾いているのが分かる


開口部から見た石室内部、幅の割に背が高い


ストロボ無しで撮影、内部は明るい、右側壁は傾き左側壁は孕んできているのが分かる


縦位置、天井が狭い


奥壁は側壁と変わらない小型石材、下部に平石を積んでいる、普通とは逆


奥から外、無袖式


〃縦位置


墳丘背後から


4号
3号すぐ上、かなり急斜面に立地


頂部に石材露出も石室の様子は分からず


5号
更に上、低い墳丘


6号
更に上、同様の墳丘


石材露出、側壁のようです


上から、斜面に平行に開口しているようだ


7号
3-6号の列から東側に低い墳丘


8号
下方に僅かな高まり(7,8は番号が違っているかもしれない)


他1
9,10号は見つからず、と言うより少し離れたこれが9号かと思ってしまった


他2
近くにもう1基


(見学記)
多可町中区門前、杉原川左岸、丘陵麓から斜面にかけて分布する10基からなる古墳群ですが実質3号だけです。国道427号が川にかかる橋月が花橋東詰から川沿いの道を500m程行くと水利施設があり獣避け柵を越えると左側斜面に墳丘が見えています。これが3号で墳丘石室とも良好、細長い幅の割にやや背が高く天井は狭い。側壁も奥壁も小型石材乱石積み、全体が左に傾いているようです。この上に4-6号、斜面をカットした墳丘、6号で石室石材らしいのが見られます。下に1,2号、1号は石材僅かに露出、2号は半分以上削られています。他に7-10号がありますが高まり程度です。橋の袂から車で入って行けてグランドゴルフ場(もうやってないかな)辺りに駐車可。道が狭くて私は入っていけなかったので橋の辺りから歩いていったけど。
ナビで案内させたら対岸の川沿いの狭い道に案内させられた。確かにこの場所が一番近いかもしれないけど人が歩く橋さえないぞ。しかも対岸の丘陵は急傾斜でこんな場所に古墳があるとも思えず場所を間違えたかと思った。他にも最も近い場所だけど古墳は崖の上とかあるので古墳直接の場所より入口を案内させた方がよさそうです。

東村山古墳

兵庫県多可町(旧中町)2002年4月訪問

円墳、7C末
横穴式石室、玄室長2.7,幅1.8,高1.6m
家形石棺0.91×2.08×0.54m
位置:35°04′14″N 134°55′06″E

墳丘、石室正面、山裾に立地、羨道壊失


玄室


組合式家形石棺、蓋が薄く縄掛け突起もない新しい形式、中央公民館に保存
(35°02′52″N134°55′23″E)


(見学記)

中央公民館に石棺が保存されているというのでまずここに行ってみた。すぐ分るだろうと思ったが見つからない。ちょうど公民館は休みで人に聞くことも出来ず中にでも保管しているのかなと思って諦めて帰ろうとしたらなんと併設している喫茶店の前に展示していた、あぶないあぶない。石棺は組合式家形石棺で蓋が薄く縄掛け突起のない新しい形式です。説明板によれば石室も永久保存処置をしているというので早速行ってみる。付近の方何人かに聞くと皆さん親切に教えてくれるがどうも道が違う、どうも東山古墳群の事と勘違いしているようでした。それでもなんとか鉄工所の脇にある古墳にたどり着いたが、何ださっき工場入口から覗いているじゃないですか、草茫々で気付かなかったみたいです。墳丘は石垣の上に残っていて入るのに一苦労、石室は玄室のみ残っています。永久保存処置と言ってもセメントで補強している程度、地元の方にもすっかり忘れ去られつつあるようです。

東山古墳群

兵庫県多可町(旧中町)2002年4月訪問

円墳16基、96-99年発掘後公園化、10mを越す石室が5基ある

分布図(現地説明板より)


全景:丘陵麓の緩斜面に立地


1号
R30,H7、7C初頭
横穴式石室、全長12.7m以上、玄室長6.25,幅2.8,高3.25m
位置:35°04′23″N 134°55′11″E

墳丘、石室正面、周りにテラス、周溝が巡る、群中最初に築造、最大の古墳


羨道、玄室、床に自動照明付き


玄室


奥から外、左片袖式、側壁石材は小型だが天井石は巨石


2号
墳丘、石室正面、現状保存、2-4号が1号背後に並ぶ


玄室、小型の割に背が高い


奥から外、右片袖式


3号
墳丘、石室正面


天井石を失った玄室


4号
石室がすっかり破壊


8号
5-8号は発掘せず、林の中(分布図左上)に5-8号が並ぶ


9号
R20、7C前半
横穴式石室、全長8.7m以上、玄室長4.7,幅2.1

石室背後から、両袖式、天井石壊失、石室復元、側に12,14号の天井石を移築している


10号
R20、7C前半
横穴式石室、全長12m,玄室長6.2,幅2.1,高2.2m

石室正面


羨道、玄室、左側に壁面に埋込むように袖石がある、自動照明で見学しやすい


奥から外、両袖式


11号
復元墳丘、石室は埋没、右側は10号


12号
R21,H2.8、7C前半
横穴式石室、全長11.1m,玄室幅1.95,高2.55m
須恵質陶棺が出土

復元墳丘


13号
R15,H2.5、7C中
横穴式石室、全長8.2m,玄室長4.1,幅1.5,高1.8m
箱式石棺出土

石室正面


玄室


14号
石室正面、石室は整備せず現状保存


玄室、かなり埋没、奥の天井石崩壊


奥から外、右片袖式


15号
R25,H4.5、7C中
横穴式石室、全長12.4m,玄室長4.4,幅1.8,高2.4m

墳丘、石室正面、周りにテラスが巡る


玄室、1号に次ぐ規模


(見学記)

16基からなる7世紀の古墳群で平成8-11年に発掘が行われ一部を除いて墳丘が復元されています。現在は芝生養生中で公園として正式にオープンするのは来年辺りでしょうか。石室は現状のまま保存されているのもありますが1,10,15号で石室が整備され見学できるようになっています。入口に柵があって中には入れませんが(と言いつつも入ってしまった)内部は自動照明付き、しかも床面に照明装置があるので見学しやすい、写真もストロボ無しで奥まで綺麗に撮れます。それにしても県下有数の石室が集中している古墳群で1基も損うことなく保存されると言うのも素晴しいですね。一昨年橿原考古学研究所図書室で資料を見つけ石室があるというので行ってみたら予想以上に立派で大満足でした。

安楽田古墳群

兵庫県多可町(旧中町)2002年4月訪問

5基確認(数字は仮称)

1号
位置:35°04′29″N 134°54′33″E

石室正面、内部はかなり埋没


細長い玄室


奥から外、右片袖式


4号
墳丘、左奥が5号


石室正面


玄室


5号
石室開口部、かなり狭いが中に入れる


玄室、それ程大きくない


(見学記)

安楽田(あらた)神社背後の林の中にあります。山道もないけれどそれ程下草も生えていなかったので適当に入っていったら1号(仮称)の石室に巡り会った。ここから西に5基の古墳が直線上に並び内3基で石室が開口していました。墳丘が比較的残っているのは西側の5号(仮称)のみ、石室も内部がかなり埋没しています。
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR