稲荷塚古墳

福島県福島市 1999年1月訪問

円墳または帆立貝式、R30
位置:37°43′46″N 140°25′49″E

墳丘西側


(見学記)

八幡塚南方350mの水田の中にある古墳です。現状は径30m程の円墳ですが帆立貝式とも言われています。近くの水田から樽形はそう(漢字が出てこない)が出土、八幡塚よりやや古い5C半ばの古墳です。すぐ北側を東西に道路が走っていますが他の場所は拡幅されているのに古墳のある50m程は狭いままです。古墳やお稲荷様に遠慮しているのか、それとも処置に困っているのでしょうか。拡幅しなければならない程交通量の多い道路ではないんですが。

下鳥渡八幡塚古墳

福島県福島市 1999年1月訪問

帆立貝式
位置:37°43′57″N 140°25′50″E

駐車場の片隅に残っている


(見学記)

福島西IC南東、アパート群の南側にある市内で唯一埴輪の出土した古墳です。径17mの円墳と思われていましたが発掘の結果全長45m後円径36mの帆立貝式と判明しました(これだから掘ってみなければ分からない)。「図説福島の古墳」に57年当時の写真が載っていますが現状はまるで違っていて周囲を駐車場で囲まれ木が生い茂って墳丘を覆い隠しています。周囲がすっかり開発された中で破壊されなったのは墳丘上にある八幡様(小さな石の祠ですが)のおかげでしょうか。
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR