狐谷古墳群

岡山県井原市 2017年1月訪問

3基、実質1基

1号
横穴式石室、玄室長3.5、幅1.2、高1.6m(現状)
位置:34°34′53″N 133°26′56″E
石室正面、羨道壊失、前は急斜面の谷筋になっている


岡山では平凡な石室、奥壁は一応鏡石+平石+詰石


奥から外、入ったよという程度


右側壁


奥から右、来るのに凄く苦労したのに2,3枚で済ます訳にはいかない(笑)


(見学記)
下出部町、井原鉄道いずえ駅南東400mの丘陵にある3基からなる古墳群ですが実質1号だけです。井原市で最後に残った石室だしちょっと意地になって捜索、3度目にしてやっと見つけることが出来ました。溜池脇の道路を登っていくと小さな畑がありそこから北東の谷筋を登っていきます。3基の砂防ダムがあり2,3番目の間左側です。2番目の砂防ダムは越えるのが無理なので左側に登り笹薮の中に痕跡道があったので辿っていくとすぐに古墳に至ります。谷筋に面した南向きに開口して長さ3m程度、無袖式かな。石室自体は大したこともなく辿り着いたことに意味がある、言うなれば山があるから登るんだみたいな(笑)。帰りは痕跡道を辿っていけば楽に降りられると思ったけど廃果樹園に出たがそこから下に降りる道が見つからずイバラも生えていて動き回るのも困難、結局元の場所に戻って谷筋を降りていきました。しかしこの痕跡道何時頃の何でしょうね、痕跡道はある程度人が行き来しないと出来ないと思いますが砂防ダム工事の頃は一帯が裸になったと思われますがその後地元の人が通う場所でもないしひょっとして古墳時代のがまだ残っていたりして。
[ 2018年03月15日 18:35 ] カテゴリ:井原市 | TB(-) | CM(0)

塚原古墳

岡山県井原市(旧美星町)2013年4月訪問

横穴式石室、玄室長7,幅1.1,高1.2m
位置:34°40′53″N 133°32′57″E

竹林の中に石室側面殆ど露出


天井部もすっかり露出


天井の間が開口、北西向き、大分掃除しました


細長い石室、前部はかなり埋まる


奥壁は四角い鏡石を据える


右側側壁は封土が流失し隙間だらけ


奥から外、奥壁前だけが埋まってないのでこんなアングル


少し前進して奥から外


(見学記)
井原市美星町三山、下を通る県道48号から小さな説明板が見えてます。説明板の背後雑木林の中に石室が殆ど露出、天井石6枚など残存状況は割と良さそう。入り口辺りは多少土砂で埋まってますが奥壁は見えています、四角い鏡石+一段。北西向きに開口していますが地形的には西でも南西でも向けられそうなんだけどね、集落の方向を向いているんでしょうか。県道に駐車スペースあり、古墳側まで行っていけないこともない。町史跡。
[ 2014年08月21日 08:01 ] カテゴリ:井原市 | TB(-) | CM(0)

後山古墳

岡山県井原市 2013年4月訪問

横穴式石室、玄室長5.8,幅1.5,高1.6m
位置:34°35′17″N 133°28′31″E

丘陵上果樹園の片隅にある、石室殆ど露出


ここもお約束の物置状態、石室自体は良好


側壁手前はかなりの巨石


反対側も入口側が巨石


奥壁はほぼ1枚石


奥から外、天井もレベルが揃っている


側壁奥から


〃反対側、こちらの方が石材が大きい


(見学記)
井原市七日市町、井原鉄道井原駅南東の丘陵上にある古墳です。農地脇に石室露出、内部は物置状態、偶々いた農地のオーナーさんにもゴミ溜めになっているよと言われてしまった。でも石室自体の状態はよさそうで奥壁は巨石1枚石です。北側麓辺りに小さな墓地がありそこに駐車スペースあり。バイクなら上まで上がっていける。当然歩いて登りましたが途中にオオバイカイカリソウが多く咲いていた、なんとも羨ましい。
[ 2014年08月21日 08:01 ] カテゴリ:井原市 | TB(-) | CM(0)

猪原古墳

岡山県井原市 2013年4月訪問

横穴式石室、玄室長5,幅1.4,高1.7m(現状)
位置:34°36′29″N 133°27′07″E

民家敷地内にある、石室殆ど露出


すっかり蔓に覆われている、羨道壊失


こういう状況ではお約束の物置&粗大ごみ溜め状態


奥から外、天井は巨石で平面に整えている


側壁も巨石で平面仕上げ


反対側は少し乱れているかも


(見学記)
井原市井原町猪原古墳といばら3連発、それはともかく国道313号中央病院西側で小田川を渡り北西100m程、民家敷地内にありますが集落内の道が狭くて分かりづらいです。探し歩いている内に怪しい物みっけ、敷地には賃貸物件の看板があったので無人かと思い中に入って見学(でも人が住んでいたみたい)、石室がほぼ露出していますがツタ植物に覆われあまり石室らしく感じません。内部も物置状態ですが石室自体は良好、奥壁は巨石1枚石で持ち送りもなく天井のレベルも揃っているなどなかなかのレベルです。橋を渡った辺りに駐車スペースあり。
[ 2014年08月21日 08:00 ] カテゴリ:井原市 | TB(-) | CM(0)

坂田古墳

岡山県井原市 2013年4月訪問

横穴式石室、玄室長3.5,幅1.4,高1.8m
位置:34°36′06″N 133°30′21″E

畑段差部に開口というよくあるパターン


開口部、石室後部しか残ってないようです


小型の石室、HP古墳奮闘にはない金網が入っていた


奥壁は2段積み


(見学記)
井原市東江原町、畑の段差部分に石室が残るというよくあるパターン、石室も後部辺り3m程度しか残っていません。誰かが掃除した後だったせいか開口部が露出していてすぐわかりました。
[ 2014年08月21日 08:00 ] カテゴリ:井原市 | TB(-) | CM(0)

川附古墳

岡山県井原市 2013年4月訪問

横穴式石室、玄室長3.5,幅1.2,高1.2m(現状)
位置:34°35′30″N 133°26′50″E

造成された墓地の端に存在、これがなかったら墓地はもっと広くなったかも


開口部、羨道は壊失


玄室はほぼ完存


一応鏡石らしい巨石を据える


奥から外、無袖かな、天井一番外側の石がまぐさ石っぽい


墳丘斜め上方から


真上から、滅多に見られないアングル


(見学記)
井原市笹賀町、新しくできた川附霊園の南端(霊園外)にあります。古墳があったため霊園が広げられなかったのか、保存のためここまでにしたのか。それはともかく羨道は壊失していますが小さな墳丘に玄室完存、奥壁は不定形ながら鏡石らしい石で上に小型石材を積んでいます。霊園に駐車場有り。ちなみに読みは”があつき”です。
[ 2014年08月14日 08:02 ] カテゴリ:井原市 | TB(-) | CM(0)

山手古墳

岡山県井原市 2013年4月訪問

横穴式石室、玄室長3.9,幅1.5,高1.6m
位置:34°35′26″N 133°25′48″E

丘陵麓辺りに立地、墳丘はそこそこ残る、羨道は壊失のもよう


玄室は天井石の一部が抜け土砂が流入、全体がやや右側に傾いているかも


割石積みの側壁


右側、こちらの方が石材がやや大きい


奥から外、無袖かな、入り口の天井石が一段下がっている


(見学記)
井原市高屋町、吉谷古墳の南方200m丘陵麓近くにあります。麓に擁壁が巡っていてその内側にありますが小さな墓地がありそこに行くために擁壁が途切れています。墓地下にあり墳丘は殆ど流失石室露出、天井石がずり落ちそうなのを前に生えた木が支えているような危ない状態、内部もかなり埋まり状態はあまりよくありません。目印だった県道のバス停は無くなっていて暫く探し回りました。地元の方も殆ど知らないようです。民家敷地内を通り抜けるときも古墳犬がガードしています。
どうもここでウロウロしている間に古墳データを書いたメモ書きを落としてしまいこの後はカーナビのデータで何とか訪問は出来たが狐谷1号は見学できず。市内ではこれ一つだけ残ってしまった。
[ 2014年08月14日 08:01 ] カテゴリ:井原市 | TB(-) | CM(0)

吉谷古墳

岡山県井原市 2013年4月訪問

横穴式石室、玄室長2.5,幅1.7,高1.3m
位置:34°35′33″N 133°25′47″E

丘陵麓に立地、墳丘上に新しい猪罠を設置


開口部、羨道殆ど壊失、天井石は平らに加工しているような


胴張りの玄室だそうです、奥行きが無いからあまり感じられない


側壁と変わらない割石積みの奥壁


右側壁、かなり粗い積み方


左側壁、右に比べればまだましかな


奥から外、右の側壁がかなり傾き一部石材落下


(見学記)
井原市高屋町、市中心部から県道103号を北上、大きく左カーブする辺りで川を渡ってすぐ左手民家裏の雑木林の中にあります。上に猪の罠があるのが目印。西向きに開口、羨道は壊失しているようだが玄室完存、少し傾いているように感じられるのは土圧のせいか、奥壁角が丸くなるよう仕上げられている。橋手前の県道脇に駐車スペースあり。
[ 2014年08月14日 08:00 ] カテゴリ:井原市 | TB(-) | CM(0)

塚原古墳群

岡山県井原市 2008年3月訪問

1号
横穴式石室
位置:34°34′46″N 133°28′35″E

道路脇に石室露出


開口部


内部は殆ど埋まる


3号
横穴式石室、玄室長6,幅2,高2m(凡そ)
位置:34°34′39″N 133°28′34″E

石室正面


石室内部


玄室


下部に鏡石を据えた奥壁


奥から外、片袖式


(見学記)

塚原3号
岩倉町、南側から県道34号を北上すると左側にため池があります(県道脇に駐車スペース有り)。堰堤脇から下に降りていく道があり民家辺りで水路があるので水路沿いに右手に20m程入っていくと右側に背の高い墳丘が見えてきます。道はないので冬や春先でないと行くのは困難でしょう。東南向きに石室が開口、ここも少し藪に覆われているが先人O氏の仕事跡が見られ、更に掃除をしておきました。羨道は前部が少し壊失していますが玄室は完存、やや片胴張りで市内最大級の石室です。奥壁は下部に巨石の鏡石を据え上に中型の石を数個重ねています。中央上や左の石が鏡石の曲線にあわすように石が置かれている。史跡指定されてもおかしくない規模だけど案内板も説明板もなにもなし。

塚原1号
七日市町、県道を更に100m程行くと右手に入る道路がありそこに入ってすぐ右手にガードレール脇にあります。説明板(七ツ塚となっている)が立っているがこれがないと見逃しそうなくらいの低い墳丘?があり石室が僅かに露出しています。内部は殆ど埋没しているが僅かに奥壁上部が見えている。
[ 2013年03月27日 10:18 ] カテゴリ:井原市 | TB(-) | CM(0)

天満塚古墳

岡山県井原市 2009年3月訪問

横穴石室、現存長7.1m
位置:34°34′15″N 133°25′59″E

丘陵尾根筋に立地


墳丘流失、石室露出


開口部、中央のはしきみ石?


状態の良い玄室


奥に隙間があるので内部は明るい


2段積みの奥壁


奥から外、無袖かな


露出した天井石


(見学記)

井原市大江町、国道313号(新道)と県道3号との交差点を南に曲がり川を渡って西側丘陵の南側麓を走る道に入っていき500m程行くと丘の上に登るセメント舗装の道があり上に墓地があります(車はここまで)。ここから50m程西に行くと小さな果樹園があり東側林との境目辺りに古墳があります。墳丘は殆ど流失天井石が3枚露出、南向きに開口した石室はやや埋まっているようですが状態は良く奥壁に隙間があるので内部も明るい。丘の上にしては石材は大きめ、奥壁は2段積みですが下の石が不整形でビジュアル的にはマイナスポイント。入り口にしきみ石らしき物があるけど中央だけで左右にはない。古墳の名前からして何らかの祭り事がされていたと思われその時の物かな。墓地まで来るまで行く自信のない人は(私です)南側の道路もそれ程狭くないので適度に駐車可。
[ 2013年03月27日 10:17 ] カテゴリ:井原市 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR