今見古墳群

岡山県新見市 2013年5月訪問

十数基

仮1号
横穴式石室
位置:34°57′55″N 133°28′57″E

丘陵中腹の緩斜面をカットして構築


石室入り口、隙間程度しか開いていない


石室後部天井が開口


内部はかなり土砂流入、盗掘でしょうか、掘られた跡がある


羨道天井が一段下がる


奥壁側は埋没して見えず


仮2号
横穴式石室
位置:34°57′54″N 133°29′02″E

道路から見えている


左側から伸びる尾根先端を整形


上記反対側、左が開口部


石室正面、三角形の石が埋まり非常に入りにくい


やや埋まるも石室良好、若干持ち送り


天井レベルが揃う


奥壁は1枚石+右に若干


奥から外


10号
横穴式石室、石室長4.3,幅1.45,高1.4m

古墳公園として10,11号を現状保存


石室露出、前部崩壊


石室内部、持ち送りはない


鏡石らしい1枚石の奥壁、最奥側壁上部を奥壁のカーブにあわせているようだ


奥から外


天井石3枚残存


11号
横穴式石室、石室長6.5,幅1.45,高1.4m
位置:34°57′53″N 133°29′00″E

こちらも石室露出、開口部は側壁部分


こちらが本来の石室正面、こちらからも入れないことはないですが


石室内部は大分埋まる


こちらも鏡石らしい奥壁


奥から外


天井石5枚露出


(見学記)
新見市正田、詳細不明だったが取り敢えず訪問。集落一番奥に山に登る長い石段があり神社、その後方50mの所に仮1号があります。斜面をカットした墳丘がよく残っています。南西に開口していますが入り口は隙間程度、天井後部が盗掘で開口していますが内部もかなり土砂で埋まり奥壁も見えず状況はよくありません。周りを探してみましたが見あたらずこれだけかなと思って降りてみたが石段下の道路を更に奥に進むと小公園(今見古墳公園)がありそこに石室が2基現状保存されていました。10号(玄室長4.3m)11号(玄室長6.5m)で石室が完全露出状態です。どちらも入室可能ですが11号は側壁から入ることになります。もしこちらを先に見つけていたら神社まで上がることはなかったかもね。これに気をよくして更に行くと50m程先に小屋がありその背後にもありました。尾根先端に構築された墳丘で南向きに開口、内部は多少埋まっていますが残存長5m程度です。ただ入り口に三角形の石が埋まっていてかなり入りにくい。チゴユリのおまけつき。状況が全く分からない状態で4基見つかったのは上出来でした。石段下に駐車スペースあり。
[ 2013年05月30日 08:01 ] カテゴリ:新見市 | TB(-) | CM(1)

大釜古墳

岡山県新見市(旧哲多町)2013年5月訪問

横穴式石室
位置:34°55′48″N 133°27′15″E

石室とも分かりづらい状況


背後から、小型石材は開墾の際出たものでしょうか


隙間があったので覗いてみたが


よく分かりません


(見学記)
新見市哲多町本郷、県道33号沿いにありますが建物の陰になっていて直接には見えません。石室完全露出も開墾の際に出た石材が積まれサッパリ石室らしくありません。後部に僅かに隙間があり内部をカメラで撮影すると僅かに空間があるから石室だろうなと思った程度です。
[ 2013年05月30日 08:00 ] カテゴリ:新見市 | TB(-) | CM(0)

大上古墳

岡山県新見市(旧哲多町)2013年5月訪問

(画像無し)

(見学記)
新見市哲多町大野、尾根先端に構築された古墳ですが藪に包まれよく分からず。墳丘はそこそこ残っていますが墳頂に天井石2枚露出していますが石室は埋没しています。現状墳丘にたいして南に偏っているところを見ると墳丘は南半分くらい壊失しているかも。茨が多く接近困難、写真撮らなかったけど今思えば石材露出程度でも撮っておけばよかったな。
[ 2013年05月30日 08:00 ] カテゴリ:新見市 | TB(-) | CM(0)

立坂峠古墳群

岡山県新見市(旧哲西町)2011年4月訪問

3基

1号
円墳、R13
横穴式石室、全長4m
位置:34°57′07″N 133°19′47″E

杉林の中の墳丘


石室露出、内部埋没


南側こちらが開口部かな


上記反対側から


2号
墳丘、反対側は山道で削られている


石材数個露出


(見学記)

北峠古墳から山道を更に北上、大きく右カーブする辺りに2号墳の石室が露出しています。平たい天井石が3枚露出していてこれは遺跡情報とあっているかな。内部は埋没。そのすぐ下に1号、墳丘は山道で大きく削られ石材が数個露出している程度です。
[ 2013年04月13日 20:02 ] カテゴリ:新見市 | TB(-) | CM(0)

高井2号

岡山県新見市(旧哲西町)2011年4月訪問

位置:34°56′57″N 133°19′46″E

急傾斜から緩傾斜に移る場所に立地、中央が盗掘で凹む(杉の木の場所)


石室石材?


(見学記)

新見市哲西町上神代、一旦中国道東側に出て400m程北上すると西江公会堂があり(ここでも駐車可)その辺りから高速下を潜って300m程行き山道が大きくUターンした辺りから更に50m程進んだ右側杉林の中にあります。丘陵急傾斜が緩傾斜に変わる辺りに小さな墳丘があり頂部が凹んでいます。頂部じゃなく墳丘裾辺りに数個の石材が見えていますが石室石材でしょうか。ただ岡山県遺跡地図では天井石4枚残存となっているんですが。周りを探しても古墳らしきものはなかったな。
[ 2013年04月13日 20:01 ] カテゴリ:新見市 | TB(-) | CM(0)

狼塚古墳

岡山県新見市(旧哲多町)2011年4月訪問

円墳、R15,H3
横穴式石室、全長7m、玄室幅1,高1.2m
位置:34°54′50″N 133°23′09″E

石室正面、羨道前部壊失


非常に整った玄室


持ち送りはなく壁面も整えられている


奥壁は見事な四角い1枚石


奥から外、天井レベルも揃う


(見学記)

新見市哲多町田淵、スズランの園西方大規模牛舎北側の丘陵尾根上にある古墳です。牛舎北側を通る道路を西側から入って2番目の駐車スペース、この西側20m道路のり面上に哲多町のコンクリート杭がありそこに登ると古墳まで獣道が続いています。コンクリート杭は幾つもあってこれを間違えると藪の中の彷徨う羽目になります(経験者談)。墳丘ははっきりしませんが南向きに開口した石室は良好、無袖式かな。奥壁は四角い巨石1枚石で表面が整えられている。この大きさにあわせたのでしょうか奥の方が少し幅が狭くなっているようだ。今回訪問した新見市の古墳はこれが最初だが結果的に一番立派な石室だった。
[ 2013年04月13日 20:00 ] カテゴリ:新見市 | TB(-) | CM(0)

二宮塚古墳

岡山県新見市(旧哲西町)2011年4月訪問

横穴式石室、全長7.1m、玄室長4.2,幅1.6m
位置:34°57′39″N 133°20′45″E

丘陵麓に位置する


北西に開口、羨道上部壊失


玄室内部、左側に袖石が隠れている


奥は土砂が流入埋没


奥から外、片袖式


(見学記)

新見市哲西町上神代、JR市岡駅から国道182号を西に500m程行き南に曲がって橋を渡る。道は大きく右カーブしているが真っ直ぐ行く道がある(車では入らない方がいいだろう)。道なりに行って杉林の中に入って50m程、右側に古墳があります。山の麓辺りに築かれた古墳は墳丘ははっきりせず北西側に石室開口、上に祠がのってます。羨道は前部天井石壊失、玄室は奥から土砂が流入して奥壁は見えません。玄門は柱石を立てた右片袖式、側壁は小形石材を積み上げていますがあまり凸凹がないよう整えられています。橋から右カーブした先に駐車スペースあり。
[ 2013年04月13日 20:00 ] カテゴリ:新見市 | TB(-) | CM(0)

向田1号

岡山県新見市 2011年4月訪問

横穴式石室、玄室長5.2,幅1.25,高1.45m
位置:35°00′13″N 133°26′35″E

下から見た石室


石室前部がすっかり露出、前に木が生えて少し破壊されているよう


石室側面


石室上面、外側だと一見雑に見える


石室内部は良好


若干持ち送りがある、壁面を平面に整えている


奥壁は3段積み、ここも平面に整えている


奥から外、片袖だそうだが


(見学記)

新見市高尾、国道182号を南下し上市下町交差点で高速の下を潜ると正面の丘陵斜面にある小集落内にあります。川に架かる橋(国道の橋ではない)から真っ直ぐ正面を見ると民家脇に石室がすっかり露出していますが前に大きな木が生えているので分かりにくいかもしれない(逆にこの木が目印になりますが)。玄室は前部が少し壊失しているかもしれないが後部は良好、側壁はやや持ち送りのある乱石積み、奥壁は三段積み、これでよく残ったなという感じです。高速下の国道脇に駐車スペースあり。
[ 2013年04月13日 19:59 ] カテゴリ:新見市 | TB(-) | CM(0)

舞尾1号

岡山県新見市 2011年4月訪問

横穴式石室、現存長6m
位置:35°00′08″N 133°24′40″E

耕作地段差部分に石室露出


天井石露出、なんとか石室かなと思う程度


正面から


手前の石組みも石室かな、奥の1号と方向があわず2号?


(見学記)

新見市上市、国道182号脇にある舞尾集会所(国道下側にあって直接には行けない)から東に行って高速下を通った所にある集落一番奥にあります。耕作地段差部分に天井石が露出、石室とも分かりづらい状況ですが平たい石もあったりして多分天井石だろうなと思う程度。古墳犬がいたが全くおとなしかったというか無視してくれて助かった。
[ 2013年04月13日 19:57 ] カテゴリ:新見市 | TB(-) | CM(0)

北峠古墳

岡山県新見市(旧哲西町)2011年4月訪問

円墳、R10
横穴式石室、全長4m
位置:34°57′01″N 133°19′48″E

枯れ草に覆われているけど石室すっかり露出


かなり加工されている天井石


手前の天井石は傾いている


内部は殆ど埋まっているが奥壁がなんとか見えている


(見学記)

高井2号の手前Uターンした辺りから北側に入っていく山道があります。そちらを2,30m程進んだ左側(山側)に天井石の露出した石室が見えています。平たく加工した天井石できれいに露出していればさぞかし見事だろうな。内部はかなり埋没、カメラを突っ込んで撮影したが奥壁の一部が見えている程度でした。整備されたらなかなか見応えのある石室になりそう。ただ遺跡地図では山道東側で南南東に開口となっています(こちらは東側に開口)。Uターンした辺りに駐車スペースあり。
[ 2013年04月13日 19:57 ] カテゴリ:新見市 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR