蓮華寺東古墳(仮称)

岡山県矢掛町 2019年1月訪問

横穴式石室
位置:34°37′23″N 133°34′02″E
南から見るとそこそこ残る墳丘


でも天井石が殆ど露出している


南向きに開口、1月なのに随分葉が茂っている


開口部、玄門袖石が見えている、元々羨道は短かったか


石室内は大分埋まっている、袖石の様子から元々それ程高くなかったような


玄室、落下した天井石


奥から見た玄門、まぐさ石が下がる


石室背後から、玄室後部は殆ど壊失


(見学記)
矢掛町西川面、川面小学校西側の丘陵上に蓮華寺がありその東方尾根筋に立地した古墳です。ただ蓮華寺からははっきりした道がなく行きづらい。東側麓に蓮華寺と書かれた石碑があってそこから登っていく道があります。急な山道を登って尾根にたどり着くと左側50m程、空き地と林の境目辺りにあります。墳丘流失石室完全露出、玄室後部が破壊されて状態はよくありません。玄門は残っていて右片袖式かなと分かる程度です。川沿いの道路に駐車スペースあり。

だん神様裏古墳(仮称)

岡山県矢掛町 2019年1月訪問

横穴式石室、玄室長3.7,幅1.7,高1.5m(現状)
位置:34°35′48″N 133°33′54″E
あると知ってて見れば見える墳丘、知らなければまず気が付きません


南向きに開口、墳丘もそこそこ残る


開口部正面、石室前に生えているのはシュンラン、岡山で古墳巡りしていると時折出会う


やや土砂が流入するが石室良好


一応左側の石が鏡石として意識しているかな


奥から外、まぐさ石が一段下がる


(見学記)
矢掛町浅海、だん神様古墳の南30mの場所にあります。墳丘もよく残っていてよく見れば見えているんですがここも存在を知らなければ気が付きません。間に猪避け柵がありますが丈夫なので却って乗り越えるのは楽です。南向きに開口、無袖式で残存長m程、だん神様の巨石に比べて石材は全般に小型です。ここも対の古墳でしょうが位置からしてだん神様の方が先行しているような気がします。下の県道に駐車スペースあり。

小迫大塚古墳

岡山県矢掛町 1988年4月訪問 96年、19年1月再訪

方墳、L23-27、終末期
横穴式石室、全長10.7m、玄室長6.5,幅2.4,高2.3m
位置:34°35′27″N 133°36′45″E
(19年)
23年ぶりに訪問したら墳丘も周囲も様変わり、画面左上に見えているのが太陽光パネル


西側から、墳丘はほぼ裸になっていた、以前はこちらは林でこのアングルは撮れなかった


北西から、割と斜面なのがわかります


北側背後から、こちらは一段か、遠くに平野部が見えている、平野からも見えていたんだろうな


東側から、88年当時は植林されたばかりでした、まだ切り出すには程遠い


南側正面から、墳丘上の木が伐採


伐採されたのは割と最近のようです


相変わらず迫力のある羨道天井石、ここまで加工する必要があったんでしょうか


玄門袖石とまぐさ石は角柱状


なぜこんな場所にと思わせる大型石室


奥壁は巨石1枚石、詰石は殆どない


奥から外、側壁は基本2段積み


奥から左側、最奥の側壁だけ1枚石


反対側、上下2段の高さが見事に揃っている


(96年)
墳丘横から、丘陵中腹に単独で存在、方墳の形状がよく残っている


南側正面


羨道


切石に近い石材を使った玄室


奥から外、石材の積み方が非常に整っている


(88年)
大きさの割に背の低い墳丘


東側から、2段築成の様子がよくわかる


(見学記)
(19年)
矢掛町南山田、23年ぶりに再訪してみました。古墳自体は変わりありませんが周りの環境が随分違ってきています。墳丘上の樹木は殆伐採され下草も刈られて2段築成の方墳の様子がよく観察できます。30年前東側でスギの植林がされたばかりでしたが大分成長してきてこちらからの眺めは悪くなっている。一番変わったのが西側、林が伐採されて太陽パネルが設置されていました。こちらからの眺めは良くなりましたが雰囲気はよくないですね。登ってくる途中にも大量の太陽パネルが設置されていました。それにしても終末期の巨大方墳がなんでこんな場所に、と感じさせる場所です。太陽パネルがあるが案内表示があるので問題なくたどり着けます。入り口辺りの県道に駐車スペースあり。

(96年)
中山の南側中腹に単独で位置する町内でも珍しい方墳です。墳丘,石室とも良好。山道を登っていくと開けた場所に墳丘と石室入口上の巨石がまづ目に付きます。この石材は今切り出してきたばかりといった感じの角の鋭い石です。中は両袖式の石室ですが玄門部の壁と天井にほぼ同じ幅くらいの石の出っ張りがあってより明瞭に羨道と玄室を区別しています。玄室も巨石で構成され,奥壁も一枚石で壁や天井も平面が揃えられていて全体が非常に整った感じで,他の古墳とは明らかな違いがあります。この地方最後の古墳なんでしょうか。入室容易。町史跡

小林古墳

岡山県矢掛町 2013年4月訪問

横穴式石室、全長8.2m、玄室長5.5,幅2.1,高2m
位置:34°38′23″N 133°35′03″E

尾根先端に構築、墳丘は殆ど流失


開口部正面、石室の状態は良い


開口部から内部、短い羨道、玄門でまぐさ石が一段下がる、右側だけ柱状袖石


良好に残る長い玄室、側壁若干持ち送り


長三角形の見事な奥壁、殆どこれが見たいが為に来たようなものだ、左側は小型石材を詰めて奥壁となっているが右側は側壁が湾曲してそのまま鏡石に接続している


奥から外、僅かな幅の両袖式


〃(縦位置)


見学記
矢掛町小林、井出の手古墳群の川を挟んだ西側尾根上にある古墳です。道はないけどHP「古墳奮闘」で魅力的な三角形の奥壁を見ると行かざるを得ないよね。痕跡道もなく取り敢えず急斜面を登っていく。尾根先端平坦面にあるそうだが尾根上は見通しが悪くコースによってはうっかり通り過ぎる可能性もあるから注意、私の場合も通り過ぎかけて脇に石材が見えたのでそちらに行ってみたらそれが石室でした。墳丘は殆ど流失して天井石が露出、石室は完存で無袖式のようですが羨道天井石が少し低くなり玄室はやや胴張りです。目的の三角形の奥壁は見事の一言、三角形ですから側壁とは隙間が出来るわけですが左は普通に小石を詰めていますが右側は側壁を微妙に曲げて奥壁の右辺に合わせています。両側ともそうすれば更に見事だったろうになんで片側だけなんでしょうね。これを見ただけでも来たかいがありました。こうやって書くと簡単に見つけたようですが実は尾根を間違えて南側の尾根に登っているんですよね、それもご丁寧にコースを変えて2度も(汗)。古墳のある尾根より更に急斜面と言うより殆ど崖で普通なら登らないけどかまどねこさんならこんなとこも登るだろうと思ってつい登ってしまった。私だけでなくやはり間違えたのが二人いるそうだ。これから行く人はしっかり確認してから登りましょう。ちなみに読みは”おばやし”です。

僧都奥古墳群(仮称)

岡山県矢掛町 2013年4月訪問

2基

1号
横穴式石室、現存長4.5,幅1.4,高1.4m
位置:34°37′45″N 133°34′39″E

墳丘は良好に残る


隙間開口


石室は割と良好


縦長の奥壁、数個の石を1枚石のように見せている


2号
横穴式石室、現存長4.7,幅1.9,高1.2m

1号すぐ上にある墳丘


頂部が大きく抉られ石室開口


隙間開口だが入って入れないことはない


やや埋まり気味の石室


奥壁らしい台形の石


(見学記)
矢掛町小林、09年に訪問した僧都古墳(仮)の更に北側にある2基からなる古墳群です。土手の上の道を行き着くとこまで行くと山側に墓地と古い小屋のような神社があります。その手前で右側林の中に入る道があり奥にまた墓地、更に林の中に入っていくと上下に2基の古墳が並んでいます。どちらも墳丘は割と残っていて下側のが1号、開口部は狭く内部もかなり埋まっています。すぐ上に2号、墳頂部が盗掘され石室開口、こちらも狭く内部は大分埋まっていますが入って入れないことはありません。ただ無袖式で奥壁が見えているとあまり入る気になれませんね(この前の小林古墳でエネルギーを使い果たし入らなかったよ)。土手上に駐車可。そこにヤマハコベの群生があった、なんでこんな場所に、な場所でした。

だん神様古墳

岡山県矢掛町 2012年3月訪問

横穴式石室
位置:34°35′49″N 133°33′54″E

丘陵麓近くの尾根先端に構築


石室完全露出、前部破壊


天井石がすこぶる巨石でも大分ずれている


側壁や奥壁も巨石なんだけど天井石と比べると小さく感じる


玄室奥をお宮として利用


こちらの側壁はさすがに後世の物だろうな


側面から


玄門袖石でしょうか、天井石も一部平面に仕上げられているけど文章でも彫られていたのかな


(2012年)
矢掛町浅海、高柳公民館南東100m丘陵裾に短く突き出た尾根先端上に構築されています。墳丘はすっかり流失して石室露出、巨石を使った石室ですがかなり崩れかけている残念、巨石の割に側壁が薄く封土が流失して天井石の重量を支えきれなくなったのでしょうか。奥壁前に祠が三つ並んでいてその横側の石材は小さく後世の物のようです。下の道路が広く駐車に問題なし。

熊古墳群

岡山県矢掛町 2012年3月訪問

2基

1号
横穴式石室

墳丘は比較的残る、上のお墓については案内表示がある


僅かに天井石露出するのみ、内部埋没


2号
横穴式石室
位置:34°35′39″N 133°33′54″E

尾根先端にある墳丘、ここまで細い道がある


巨大な天井席露出、1枚は前の斜面に落下


開口部正面


内部は多少埋まるもよく残る


奥壁は下が埋まっているが2段積みかな


奥から外


(2012年)
矢掛町小田、小田小学校西側丘陵にある2基からなる古墳群です。熊林田公会堂辺りから小田政清夫妻の墓の案内表示があるのでそれに従って行く。尾根先端にある墓地を通り抜けるとはっきりした墳丘があってこれが1号、上に夫妻の墓が建っていて側に石材が露出している。更に山道を登ると2号の案内板があるのでそこを曲がって50m程行くと尾根先端に墳丘がある、これが2号。南東に開口していて先端の天井石が落下しかけているが幅の広い開口部が口を開けている。やや埋まっているが内部は良好、奥壁は2段積みでしょうか。右片袖式だが明瞭な袖部はなくやや不細工な感じです。当時使っていた地形図を見ると印が付いているので初心者の頃1号は来ているようだが2号は探せなかったのかな。案内表示がなかったのは確かだし、と言い訳しておこ。当時はフィルムなのであの1号程度では写真に撮ってなかったようだ。公民館に駐車可。

毎戸古墳群

岡山県矢掛町 1988年4月訪問 92年4月12年3月再訪

4基

2012年
2号(毎戸荒神塚古墳)
位置:34°36′24″N 133°33′07″E
神社前に石室露出


20年前となんら変わりなし、当然だけど


内部も相変わらず粗大ごみ散乱


奥壁は下が埋まるも1枚石だろうな


奥から外、改めて見ると側壁も上に積み重ねがないな


露出した天井石後部


4号
玄室長5.6,幅2m
位置:34°36′24″N 133°33′14″E
墓地の中にある、20年前はどうだったかな、林の中だと思ったけどな


開口部に枯れ枝が積まれ中に入れず


露出した天井石


隙間から見た奥壁


入口側はかなり埋まる


(1992年)
1号
円墳、R30、中期
位置:34°36′19″N 133°32′57″E
遠望


2号(毎戸荒神塚古墳)
石室正面、神社境内に露出


石室内部


4号
石室正面


玄室


奥から外


(見学記)
(2012年)
3号を探すべく再訪、2号は相変わらずで中にゴミというか道具が入ってます。4号は当時は確か林の中だと思ったけど現在は墓地の中になっていて暫く探してしまった。入り口に枯れ枝が積まれ中に入れなくなっていた。3号は神社から直登してみたが途中で藪がひどくなって断念、やはり急がば回れかな。1号も古墳側まで行くつもりだったが3号の後ですっかり忘れてた。

(1992年)
鳶山南側麓近くに分布する古墳群です。1号はR486北側低い尾根の先端に位置する中期の古墳,主体部不明。2号は荒神社の鳥居脇に石室が露出。羨道はなく玄室のみ,壁の部分は石材がカットされ面が揃えられている。天井石も大型の扁平な石が使われている。入室可,でも中は物置状態。4号は更に東側,墓地脇の林の中に石室天井石が露出,石室も2号よりやや粗雑な感じ。内部は半ば土砂で埋まっているが入室可,芋の貯蔵穴が掘られている。なんちゅう利用法じゃ(-。-;)。3号は不明。

泉川原古墳群

岡山県矢掛町 2012年3月訪問、2013年4月再訪

3基

1号
横穴式石室、玄室長4.6,幅1.1,高1.1m(現状)
位置:34°37′38″N 133°33′40″E

下から見た墳丘、側壁露出、右側赤いテープの木辺りが開口部


開口部


石室内は状態良い


平面に仕上げた2段積み奥壁


奥から外、右側側壁がやや乱れているかも


2号
横穴式石室、玄室長4.5,幅1.5,高1.8m(現状)
位置:34°37′47″N 133°33′27″E

丘陵中腹にある墳丘


石室開口部、ほぼ残っているかな


石室正面、急傾斜なのであまり下がれない


良好に残る石室、側壁も全く持ち送り無し


巨石1枚石の奥壁


奥から外、多分無袖


3号
横穴式石室、玄室長4.1,幅1.2,高1.3m(現状)
位置:34°37′47″N 133°33′27″E

1号東側、1号と同様丘陵麓に立地


開口部上から、板状の天井石が落ちている


石室内部、奥の方は埋没


奥から外、右側(下方)に傾いているかな


(見学記)
(2012年)
矢掛町宇内、丘陵麓辺りにある古墳群ですが前を川が流れているので直接には行けません。上流側(西側)に木造の橋があるのでそこを渡って丘陵裾を流れる水路沿い(水は流れていない)を東に行く。途中神社があり更に先水路に懸かる石橋を渡ると1号があります。墳丘は殆ど分からず東南に開口、4mくらい残存奥壁は2段積みです。2基からなる古墳群ですが3基はあるみたい、でも他は分からず。木橋辺りに駐車スペースあり。

(2013年)
他の2基も発見されたので再訪してみました。川に架かる橋の少し上流に堰がありそこを渡って麓の畑の奥に山道があります。トタン板で通せんぼされていますが問題なし。登っていくと山道脇に墳丘があります。南側に石室開口、巨石石室で奥壁は長方形の鏡石1枚、左右の側壁も大型石材で持ち送りがありません。多分無袖式で最前部の天井石が一段下がっています。かまどねこさんが苦労して見つけましたが見つけてみるとここを訪問するのが一番楽かな(3号はその前に訪問)、地元の人も当然知っていて塚を見に来たの、と聞かれてしまった。橋に戻って川沿いにある側溝沿いに東に行くと稲荷神社があります。ここから西に痕跡道をたどって50m程行くと3号があります。墳丘はなんとか残っていて南側に開口、でも崩壊して開口しているような。小型の石室で中に入っても奥の方が狭まっている。ただこちらが本来の入り口だとすると北向きになるし地形的にも不自然、やはり南側が本来の開口部かな。2号があれば当然これが3号ですが、公式にはこの古墳群は2基となっているので仮3号となっています。橋のやや下流側県道沿いに駐車スペースあり。

岡本谷古墳群

岡山県矢掛町 2012年3月訪問

3基

1号
横穴式石室
位置:34°38′13″N 133°34′25″E

果樹園西端、かなり急傾斜地に立地


墳丘、石室正面


開口部、羨道は壊失、天井石は平らに加工されているもよう


玄室は良好、左側壁がやや孕む


縦長の石を2枚並べた風変わりな奥壁


奥から外、無袖かな、まぐさ石が一段下がる


3号
横穴式石室

果樹園の中に残る、墳丘殆ど流失


段差部分に開口とよくあるパターン


玄室奥辺りしか残っていない、小型ながら鏡石らしい三角形


(見学記)
矢掛町小林、大通寺北側の果樹園内にある古墳群です。果樹園下に行くと西端に1号、東側石垣に3号が開口しているのがすぐ分かります。1号は急斜面に立地しているが墳丘は割と残っていて南側に石室開口、持ち送りのない側壁で奥壁は縦長の石材を2枚左右に並べた少し変わった配置です。3号は奥壁辺りが残っているだけだけどおむすび型というか三角形の奥壁が印象的です。こういう所によくあるゴミというか物置状態になっているのが残念。2号はよく分からず。寺庭園が県の名勝になっているようで広い駐車場有り。
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR