金子鉄塔下古墳

岡山県和気町(旧佐伯町)2011年2月訪問

横穴式石室、玄室長6.5,幅1.3,高1.6m
位置:34°49′28″N 134°04′39″E (日本測地系)
    34.82766152 134.07482044(世界測地系)

尾根筋に立地、鉄塔は無し、墳丘は殆ど流失、狭い開口部


露出した天井石、天井の隙間の方からが入りやすい


開口部から内部、細長い石室が良好に残る


石室中程から、全体に平石を積み重ねている


奥壁は4段積み、概ね水平


奥から外、無袖かな


(見学記)
新林古墳から磐座山へ行く途中に右に逸れる道があるのでそれを登っていくとため池に出ます。堤を渡って東側の尾根上に登るがここからは痕跡以下程度の道とは言えない道しかない(はっきり言えば道はないです)。丘陵頂部に至って更に少し南に下ると墳丘が見えてきてその先には名前の元となった鉄塔跡が見えてます。南東に石室開口、入れないことはないが天井に隙間があるのでそちらから入った方が楽(こちらもかなり狭いですが)。細長い玄室がよく残っていて石材の積み方も磐座山より丁寧になっているようでこちらの方が後かな。立地も頂部からやや南に下った斜面とよく似通ってます。
それにしてもこの加三方地区は巨石墳あり陶棺(破片だけど)あり唯一の石棺式石室あり終末期古墳ありと個性派揃いの石室が揃っていてお得なコースです。

上仲尾古墳

岡山県和気町(旧佐伯町)2011年2月訪問

円墳、R10
横穴式石室、全長8.2m、玄室長4.7,幅2,高1.9m
位置:34°50′57″N 134°04′17″E (日本測地系)
    34.85238067 134.06870913(世界測地系)

狭い谷筋に立地、墳丘は良好に残る


開口部、手前は落下した天井石のようだ


石室正面


やや埋まるも良好に残る玄室


側壁は石材小形で持ち送りがない


5角形の鏡石を据え後は適当


奥から外、片袖式


(見学記)
町道を更に200m程行くと砂防ダムの手前に川筋に降りていく道があります。小川に沿って100m程下っていくと杉林の中にあります。墳丘がよく残っていて南東に開口、羨道前部は崩壊していますがそれ以外はよく残っています。玄室長4.7m程、両袖式ですが特に袖石はありません。奥壁の積み方など下仲尾古墳群と似通っていて同じ古墳群としてもいいんじゃないかなと思うほど。町道に駐車スペースあり。

掛ノ山古墳群

岡山県和気町 2011年2月訪問

2基

1号
横穴式石室、玄室長3,幅1.9,高1.6m
位置:34°48′24″N 134°07′51″E (日本測地系)
    34.80988642 134.12814919(世界測地系)
低い墳丘が残る


南向きに開口、天井石がずり落ちている


前部上側が破壊


平石積みの石室


奥壁も石材の大きさが不揃い


奥から外、天井石は巨石


2号
横穴式石室、玄室長4,幅2,高1.5m
1号西側に立地


西向きに開口


1号と似た石室


石材は大きさが揃う、立地といいこちらの方が新しそう


奥から外


(見学記)
和気町田原下、石生小学校北方600m東に突き出た丘陵頂部にある2基からなる古墳群です。西側から登っていく道がありますが途中で消えて後は囲い沿いを登っていきます。東西に2基並んでいて西側のが2号、低い墳丘が残存、西向きに開口奥壁側壁とも平石積みです。やや離れて東側にほぼ同規模の墳丘がありそれが1号、こちらは南向きに開口、前部の天井石が動かされて羨道が埋まっていますが玄室は残っている。こちらも基本は平石積みだが2号に比べてやや粗く持ち送りもあり2号より古い感じです。町史跡。

三宅開坂下古墳

岡山県和気町(旧佐伯町)2011年2月訪問

横穴式石室
三宅開坂古墳南西すぐにある、西側が崖で墳丘半分崩落


石室入り口露出、崖なのでこれ以上下がれない


内部は殆ど埋没

三宅開坂古墳

岡山県和気町(旧佐伯町)2011年2月訪問

横穴式石室、全長10.5m、玄室幅2.1,高1.9m
位置:34°50′11″N 134°04′58″E (日本測地系)
    34.83960459 134.08009705(世界測地系)

小丘陵頂部に位置する、斜め後ろから、石室がほぼ完全に露出


石室正面、手前枯れ葉が積もっているのも落下した天井石


手前天井石横から


石室途中から


巨石天井石が2枚落下


玄室後部は比較的良好、天井石が巨石の割りに奥壁などは石材小形


奥から外、天井石の加工ぶりがよく分かる


(見学記)
三宅町田古墳南東300m、北に突き出た丘陵頂部に位置する古墳です。北側民家脇から登っていける。墳丘はすっかり流失し石室完全露出、石室自体も大きいですが天井石もすこぶる巨石、2枚は元の位置にありますが2枚は玄室内に斜めに落下1枚は羨道入り口側にずれ落ちています。後世誰かが天井石を持ち出そうとして失敗して放置されたんでしょうかね。中途半端に斜めに落ちているから石室内が撮影しにくい。
南西20mの所に三宅開坂下古墳の小さな墳丘があります。西側が崖状態になっていて墳丘が崩れ石室開口でも内部は殆ど埋没しています。

磐座山古墳

岡山県和気町(旧佐伯町)2011年2月訪問

円墳、R13
横穴式石室、玄室長4,幅1.7,高1.8m(現状)
位置:34°49′30″N 134°04′46″E (日本測地系)
    34.82821703 134.07676463(世界測地系)

尾根先端頂部にある加三方磐座遺跡内にある


墳丘は良好に残る、周囲に斜面カットした周溝がある


左側に石室開口、標柱は古墳でなく遺跡のもの


開口部正面


内部は大分埋まる


もう一つの開口部、途中の天井部が破壊されている


石室後部は割と良好


平石を重ねた奥壁、石材の傾きはあまり気にしていないような


奥から外


(見学記)
新林古墳前の道をそのまま行くと側溝のある少し広い道路に出ます。その道を更に南へ行くと最後は尾根の頂部にある加三方磐座遺跡に行き着きます。その入り口左手にある。割と大きな墳丘が残っていて廻りに周溝の痕跡もあるようだ。南西に石室開口、羨道は巨大な天井石が露出していますが内部埋没玄室は完存しています。長さの割に幅が広い。石積み自体はそれ程凝ったものではないですが頂部からやや南に下った北側の平野からは望めない位置に立地するなどやはり終末期の古墳でしょうか。その割には奥壁の積み方などがぞんざいな感じです。

庵の前古墳

岡山県和気町(旧佐伯町)2006年2月訪問

横穴式石室
位置:34°50′50″N 134°05′08″E (日本測地系)
    34.85043665 134.08287402(世界測地系)

丘陵中腹に立地、墳丘は殆ど流失


石室正面


玄室


奥から外


袖石かな


(見学記)
町内矢田部、山裾の広い道路に面した民家脇にあり遮るものがないので下からでもよく見えている(と言ってもすぐ側の新田山古墳群を見学したときは全く気づかなかったのだが)。墳丘は石室を覆う程度しか残っていないが長さ7mほどの石室がよく残っている。無袖式だが入り口部分左側に小さな袖石があり羨道と玄室を区別しているようだ。奥の方も奥壁の幅にあわせて幅を狭めている。現代も目の前の谷中平野が一面の田圃だが当時も似たような状況だったんだろうか。

稲坪天神山古墳

岡山県和気町 2001年4月訪問

円墳、R15,H3、後期後半
横穴式石室、全長10m以上
位置:34°47′30″N 134°10′19″E (日本測地系)
    34.79488831 134.16925759(世界測地系)

墳丘、背後はよく残っている


前面は道路で少し削平


玄室、石材は小型


奥から外、規模の割に幅は広い


(見学記)
JR和気駅東方1.5km、丘陵麓に造られた円墳で径15m程。墳丘は比較的良好に残っていますが南側が道路で削られ石室も羨道が壊失しているようです。玄室は小型の石材が使われていますが規模の割に幅が広いのが特徴です。側に標柱が立っていたようだが石室の中に投げ入れられていた。町史跡。

藤山古墳

岡山県和気町(旧佐伯町)2011年2月訪問

横穴式石室
位置:34°50′02″N 134°04′47″E (日本測地系)
    34.83710486 134.07704196(世界測地系)

丘陵麓近くの谷筋に立地、前部が破壊、後部しか残っていない


天井石は1枚残存、お堂として再利用されている


石室正面、奥壁は特に巨石は使われていないようだ


左側壁下部、一見巨石のようだが薄っぺら、土圧で前に傾いている


祠の後ろに陶棺破片残存


墳丘背後から


(見学記)
加三方公民館南方300mにため池がありその土手東側にあります。西向きに背の高い石室が開口していますが前部が破壊され後部しか残っていません。側壁は持ち送りがなく奥壁は下部にやや大きめの石を2枚並べています。左側壁下部の石は内側から見たら巨石に見えただろうけど破壊されて背後が見えていて大きさの割に薄っぺらです。特に裏込め石もないようだ。上部の石は枕状の奥行きのある石が使われていてこちらを下部にした方が安定すると思うけどそれでも千数百年もっているんだからそれなりに安定しているんでしょうね。内部に祠がありその背後に陶棺の破片がありますが危うく見逃すとこだった。すぐ上を道が通っていて駐車スペースもありますがこの道の入り口が分かりづらい。
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。
メール連絡が必要な方は↑からお願いします

ブログ内検索
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示