貝ヶ原古墳群

広島県尾道市(旧御調町)2022年11月訪問

貝ヶ原古墳群
 丘陵南側斜面に分布する横穴石室墳
その1
 34°31′06″N,133°09′23″E(日本測地系)
 34.52157221,133.15380004(世界測地系)
墓地の中を通る道路脇に開口、この辺りに駐車可


開口しているのは奥壁側


入口側も開口、トンネル状になっている


本来の入口側正面


石室内部


右側壁、四角いブロック状の石材


左側壁も同様、ちょっと危険な状態


更に下がって撮影


墳丘横から


その2
その1すぐ下にも高まり、墳丘でしょう


下側から、僅かに石材が見える


その3
その1道路反対側墓地の奥にその3、左奥に見えているのは砂防ダムのようです


斜面に開口、手前の石材も古墳のものか


前部破壊、後部だけ残る


小型石材を積んだ石室、一部で赤い顔料が残る


奥壁は四角い鏡石+平石3枚


奥から外


右側壁、平たい石が多い


右側壁


横から、墳丘の膨らみが僅かに残る


その4
その1から道路を少し下ると山側に見えている、手前の石材も古墳のか


これも石室後部しか残っていない


石室内部、奥壁上部が抜けて明るい


奥壁は四角い鏡石+平石、その3と似ている


奥から外、上部がやや持ち送りか


その5
 34°31′064″N,133°09′24″E(日本測地系)
 34.52101672,133.15407779(世界測地系)
その1近く民家手前に巨石露出、この時点では石室かどうかわかりませんでしたが


近寄ってみるとかなり加工された石材


更に廻り込むと石室確定


これも後部しか残っていない、あるいはどれも石室長があまり長くないのかも


巨石で構成された石室、前が藪で下がれなかった


奥壁は1枚石の巨石


左側壁


中に入って左側壁正面から


右側壁、こちらも奥に巨石使用


正面から、面を整えている


天井石は2枚残存、奥行きがないので奥から撮っても殆ど何も写らず


摩崖仏
その3から更に下がった辺りに摩崖仏、ここにも駐車可


摩崖仏ね・・・


(見学記)
御調町貝ヶ原、丘陵斜面一帯に分布する横穴石室を主体とする古墳群です。規模は不明ですがストリートビュー(SV)で見ると2基の石室が確認できたので行ってみました。最初に行ったのがお墓の横、道路脇に開口している石室、奥壁側が開口、反対側も開口していてトンネル状になっています。その下にも墳丘があるが石室見られず。道路向かいの上側斜面にも1基、これもSVで確認できます、こちらはほぼ完存、更に南西側下方にもう1基、墳丘は残るが石室の状態はよくない、この3基はどれも長さ3m程度です。民家脇に大型石室が露出しているはずなので探してみると最初の古墳の下の方の民家脇にありました。巨石天井石が露出、反対側に廻ってみると開口、玄室しか残っていませんが各壁はどれも1枚石の巨石からなっています。まだあるはずですが雨上がりの夕方ということで歩きにくく諦めました。下の方に道路脇に摩崖仏があります、巨石に仏様が浮き彫りされていますがあれで摩崖仏はオーバーだろ。この脇や最初の石室辺りに駐車可。

猪子迫古墳

広島県尾道市 1998年4月訪問、2022年11月再訪

猪子迫古墳
 横穴式石室、全長9.2m、玄室幅2.3,高1.9m
 位置:34°27′16″N,133°12′38″E (日本測地系)
    34.45769143,133.20796318(世界測地系)
(22年)
墓地への登り口、ここに駐車可、表示版は付近の案内図


墓地の奥に古墳、墳丘は見えず説明板があるので分かる


近寄ると石室開口部が見えてくる


正面から、かなり加工された天井石が印象的、右にあった古い説明板は左へ、よく残っていたな


新しい説明板、地元有志のものらしい


石室前部は基部だけ残る


天井のある石室部分は7m程度残存


奥壁はほぼ1枚石、隙間から明かり、墳丘は痩せている模様


天井はレベルが揃っている


右側壁、こちらも大きな隙間


左側壁


奥から外、無袖のように見える


(98年)
(プリントをスマホでデジタルスキャン)
この当時はまだ墳丘が見えていた


開口部正面


石室内部、写真が変色していたか


奥から外、ストロボ付かず画像操作した


(見学記)
(2022年)
美ノ郷町猪子迫、24年ぶりの再訪、当時はフィルムの頃、枚数もあまり撮ってないのでデジカメで撮り直すつもりで再訪してみました。もう当時の頃は忘れているので殆ど新規の気分です。
丘陵中腹に墓地がありその片隅にあります、以前の写真を見ると日が当たっていますが現在は林の中と言った感じです。入口前にあった古い説明板は左に移動し倒れかかっている、残っているだけでも立派、新しい説明板が立っていました。全長9m程の石室、羨道は基部しか残っていませんが玄室完存、奥壁は巨石1枚石、2枚の巨石天井石が見もの、無袖式かな。墓参の為の道があるけど急傾斜で枯れ葉がつもりちょっと歩きにくい。下の道路に車が停められますが何台かの車が停まっていた、休日だったので墓参の為かと思いましたが誰もいない、ストリートビューで見ても同じような車が停まっているのでどうも地元の方が恒常的に停めているのかもしれません。市史跡。
(追記)23年5月最新のストリートビューを見ると駐車している車はなかった。

(1998年)
戸田1号西方3km南側を流れる藤井川沿いの県道に猪子迫の案内板があり(その後何もないので注意)谷を北に入って行くと溜池があってその堤を通って丘を登っていくと墓地の一角に古墳があります。墳丘はかなり流れ去っていますが南側に石室が開口,羨道は下部石組みしか残っていませんが玄室は完存,全長9m巨石の割石を使った片袖式,奥壁も巨大な1枚石,天井も厚さ1mの巨石を3枚使用しています。平野部からの見通しの悪い位置にある古墳です。市史跡。

中組古墳群

広島県尾道市 2016年3月訪問

残存1基だけか

1号(仮称)
横穴式石室
位置:34°24′31″N 133°11′17″E (日本測地系)
   34.41186384 133.18546703(世界測地系)

竹林越しに見た墳丘


僅かな尾根上高まり先端に構築


急斜面の割には墳丘が残る


石室前部は大きく崩壊


幸い玄室は完存、奥壁上部が三角持ち送りになっている


〃縦位置


奥から外、袖があるようなないような


奥から左


奥から右


(見学記)
尾道市桜町、市内にある竜王山東麓にある古墳群ですが見つけたのは1基だけ、と言うか少なくともまともなのは他にはありそうにもない感じです。国道184号と平行して走る栗原川に架かるさくら橋西方200m程、でもその南側の妙見橋から住宅街の中に入って行くと妙見神社と妙見会館がありそこからセメント舗装の小道を歩いて行く。山林に入っていく辺りで猪避けの柵がありそれに添って行く、途中2ヶ所締め切りがありますが入れます。左上に廃屋があってその下方竹林の中に古墳が見えています。尾根先端を整形して墳丘を造っているようでこんな場所にしては割と良好に残っている。東向きに石室開口、前部は崩壊気味ですが玄室は良好に残っています、無袖式かな。奥壁は四角い鏡石を据え右と上に補充石材。側壁はやや持ち送りですが最上部の石材がかなり突き出ていて天井席を支えているという変わった構造です。古墳自体は見つけることはそれ程困難ではありませんが途中の住宅街の道が大変狭く軽でないと通れないかな、ましてや駐車場所なし(会館にあるけど停めていいかどうかわからないし)。川沿いの道も安心して停められるような場所がないので国道沿いのスーパーに停めて歩いて行きました。
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。
メール連絡が必要な方は↑からお願いします

ブログ内検索
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示