山所群集墳

兵庫県姫路市 2012年3月訪問

見学しやすいのは2基

4号
横穴式石室

8号後方50m辺り、後方を道路が通っていて墳丘一部破壊


玄室側壁上部が開口


奥壁は巨石1枚石、後ろに下がれないので広く写せない


側壁石材は小型だが積み方は緻密


入り口側、天井石が落下して塞いでる


8号
横穴式石室、全長7m、玄室幅1.5,高1.5m
位置:34°49′23″N 134°38′59″E

墳丘は割と良好に残る、竹が密生して見づらい


南向きに石室開口


巨大な天井石が少し傾く


巨石を使用した石室良好、中間辺り床面にしきみ石がある


奥に隙間があるせいか、太い竹が生え奥壁が見づらい


奥から外、無袖かな


〃(縦位置)


(見学記)
広畑区蒲田、名前は群集墳ですが見学しやすいのは4,8号の2基のみです。住宅街の北側山裾から谷筋奥に入っていく広い舗装道路が途切れて細い舗装道路に右折する辺りの下側に4号があります。道路で墳丘が一部破壊されているようですが上から覗いてもまず古墳とは分かりません。石室前部は埋まっていて奥壁辺りがなんとか見られます。その下2,30m辺りにあるのが8号でこちらは墳丘石室とも良好で石室残存長6m程度、奥壁は巨石1枚石で無袖式だが床面にしきみ石があるようです。天井一番奥に隙間があって竹が生えているのが残念。先の細い舗装道路から竹林に入っていけるので8号を先に見学した方がよさそうです。広い舗装道路は交通量皆無の状態なので駐車可。
[ 2013年06月20日 08:01 ] カテゴリ:姫路市 | TB(-) | CM(0)

付城古墳群

兵庫県姫路市 2012年3月訪問

2基

1号
横穴式石室
位置:34°48′54″N 134°38′49″E

雑木林の中に石室露出、手前に落ちているのは天井石でしょうか


石室正面、この辺りはまだまだなんですが


ホームレスが住んでいたため仕切がある、左右の平石辺りが玄門でしょうかちょっと変わった構造


石室後部は破壊されている


内部はゴミ溜め状態


ゴミを避けて上向きに撮影、巨大な天井石、底部は平面に仕上げている


2号
横穴式石室

石室正面、入り口はかなり埋まる


内部も大分埋まりゴミ散乱、奥壁は巨石1枚石


左側壁も巨石


右側壁


露出した巨大な天井石、周辺は1号以上にゴミが散乱しています


(見学記)
苫編、JR英賀保駅北方500m程の雑木林の中にある2基からなる古墳群です。側の住宅地に行くだけでも行きづらそうだったので敬遠していましたが今回やっと行ってきました。住宅街から家庭菜園の中を通って雑木林の中にはいるとすぐ1号墳があります。石室がすっかり露出、内部もかなり埋没していて奥の天井石も動かされているようです。ここから獣道を通って西に行くと2号があります。大きな墳丘が残っていて巨石が露出僅かに開口していますが内部はかなり埋まっているが1号より大きそうだ。両方ともとにかくゴミの山、特に1号なんかは墳丘自体がゴミの山となっていてせっかくの巨石墳が台無しです。地元の方の話によると長い間ホームレスが住み着いていてこうなったとか。立ち退いて貰ったそうですがゴミの山はそのままになっているようです。土地の所有者にしてもわざわざ掃除しても価値が上がるわけでもなく教育委員会あたりが何とかしてくれないかな。
[ 2013年06月20日 08:00 ] カテゴリ:姫路市 | TB(-) | CM(0)

堂屋敷古墳群

岡山県総社市(旧清音村)2013年5月訪問

29基

2号
急斜面に割と墳丘残る


開口部


石室良好、持ち送りはない


奥壁は鏡石+平石と標準型、手前に箱式石棺か


3号
斜面をカットして作った墳丘、右側にカットの跡がよく残る


石室正面


良好に残る石室


奥壁はほぼ標準型、隙間に小さな平石を詰める


4号
そこそこ残る墳丘


隙間開口


持ち送りのない石室が良好に残る


ここも奥壁は標準型、隙間に小さな平石を詰めた拘り


5号
_1:墳丘に石材露出も石室見られず


9号
位置:34°38′50″N133°45′25″E
開口部正面


石室は残るがそれ程奥行きなし


ここの古墳群としてはやや変わった奥壁、手前に石の集積があるが箱式石棺か


11号
遊歩道下に低い墳丘が残る


墳頂に石室露出、かなり破壊


最後部の天井しか残らず


ほぼ標準型の奥壁


(見学記)
峠古墳群北側50mくらいのところにありますが他と違い案内も古墳の表示板も全くありません。山道もなく痕跡道さえも殆どない状態なので見学困難です。なので最初は見逃し帰りに見学したので峠と天神と万貫と見た後ではさすがに面倒になり石室には入らず捜索も不十分となりました。遊歩道から上の方をよく見ると墳丘らしきものが見えています。これが9号、ここまで行くと後は上の方に墳丘が点々としていて幾つかで石室が開口しています。後から写真を見て箱式石棺らしきものが写っていて入らなかったことをちょっと後悔。遊歩道下に11号があってこれが一番見学しやすいが石室後部が残っている程度です。全部で29基あるそうです。
[ 2013年06月13日 08:00 ] カテゴリ:総社市 | TB(-) | CM(0)

万貫古墳群(萬貫古墳群)

岡山県総社市(旧清音村)2013年5月訪問

32基

1号
横穴式石室
位置:34°38′40″N 133°45′22″E

急斜面下に表示板と石が1個


これで古墳かなと思ったけど


石室は意外と良好に残っていた


奥壁は鏡石+平石2枚


仮2号
横穴式石室

緩斜面に低い墳丘が残る


石材1枚露出


激狭の隙間開口


ここも内部良好、奥行きはそれ程なさそう


右側壁奥の石が一番大きい


仮3号
横穴式石室

はっきりした墳丘が残る、右奥に仮2号


ここも石材1個露出


同じく激狭隙間


やや埋まるも石室良好


下が埋まっているが奥壁はほぼ同大の石材


仮5号
横穴式石室
位置:34°38′39″N 133°45′21″E

ここも割と墳丘残る、左奥に仮4号、墳頂窪み石材見えず


超激狭の隙間、石室は右方向


思いがけず良好な石室


基本は1号と同様だがちょっと変わった奥壁


9号
位置:34°38′45″N 133°45′18″E
尾根先端に立地


18号
位置:34°38′43″N133°45′15″E
こちらも尾根先端、眺望がよい


30号
1号すぐ上、墳丘残るも石室見られず


(見学記)
遊歩道を更に北に行くと左に分かれ道があり(すぐ上には東屋)そちらに進むと斜面下に萬貫1号の表示板があり石が一つ露出しています。こんなので古墳かと思ったけど石の下に僅かに隙間がありカメラを突っ込んで撮影してみたら意外と良好に石室が残っていました。地形図を見るとここは尾根先端になるようですがそれにしても元の地形は想像できません。ちょっと勘違いして急斜面を降りていくとやや広い緩斜面がありそこに2基ずつペアになったのが二組計4基の古墳がありました。低い墳丘が残っていてその内3基で隙間石室が見られます。隙間と言ってもほんと劇狭、でもカメラを突っ込んで撮影するとなんとか奥壁まで見ることが出来ます。1号に戻って遊歩道を行くと表示板があちこちに出てきますが石室どころか石材も見あたらず古墳と認識するのが難しいのも多いです。木棺直葬だったんでしょうか。斜面下の28号で隙間石室があるようですが表示板を見かけるも見つからず。仮2-5号を意識して下に降りすぎたのかもしれない。全32基で市史跡。
[ 2013年06月06日 08:00 ] カテゴリ:総社市 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR