こうもり塚古墳

岡山県総社市 1988年1月訪問、1995、2013年再訪

前方後円墳、TL100
横穴式石室、全長18.8,玄室長8.1,幅3.4,高3m
家形石棺
位置:34°39′49″N 133°47′19″E

(1995年)
尾根を利用して構築


細長い墳丘


(2013年)
95年_1とほぼ同じアングル、松が育ち墳丘が見づらくなっています、特に南側からは見えず


前方部から後円部


後円部から前方部


尾根カット部分、左が前方部端


石室正面


羨道からして巨大


普段は玄室を柵越しに見学


長い羨道


いよいよ扉開放


県内でも有数の巨大な石室&石棺


〃(縦位置)


見上げるような巨大な奥壁、写真では大きさが実感できないな


奥から外


左側壁、面が揃っている


右側壁、こちらも同様


石棺越しに見た玄門


刳抜式家形石棺、側面の縄掛け突起4


強調のためストロボ無しで撮影


石棺奥側から、こちらの小口部には縄掛け突起がある、表側より摩滅が激しいような


石棺内部、誰だ松ぼっくりを投げ入れるのは、水が溜まっていたような痕跡もありますね


羨道、奥から外、階段がある辺りに閉塞石があったのかな


(見学記)
(95年)
国分寺の東方にありR429からもよく見えています。全長100mの前方後円墳で墳丘もよく残っています。細い尾根を利用して作られていて後円部がまん丸なのに比べて前方部が細長く後期の前方後円墳としては細長い感じです。後円部南側に全長約20m玄室長8mの横穴式石室が開口していて羨道には入れますが玄室は鉄柵で閉鎖されていて中を覗くだけですがその大きさは実感できます。内部に地元産の貝殻石灰岩(浪形石)の刳抜式家形石棺が置かれています。蓋の一部が欠けていますが保存状態は良好。他に陶棺の破片も出土しているそうです。国史跡。

(13年)
総社市上林、GW中に石室内が公開されるというので行ってみました(毎年のようですが)。今までは玄門辺りから眺めるかたちになりますがそれでも石室が大きいので結構見ることが出来ました。でもいざ中に入ってみると石室の巨大なこと、これは入ってみなければ実感できませんね。奥壁も巨石の1枚石で岡山県の石室の中でも最大クラスかも。石棺も人の背丈くらいあり外から見るよりは随分大きく感じられました。ただ表側から見た石棺蓋石は比較的状態がよさそうに見えますが奥から見るとかなり摩滅している感じです。人為的に削られているのかもしれません。柵越しに見た時はあまり感じなかったけど奥壁と石棺の間に広いスペースがありここに陶棺や木棺があったそうです。殆どここに入るために初めてのGW中遠征でしたが訪れてよかった。ただ墳丘は松が茂ってきていて周囲からは見づらくなっていました。特に南側からは殆ど見えません。後円部には防水のためのシートが張られちょっと興ざめ。国分寺北側に駐車場有り。
[ 2013年09月26日 07:50 ] カテゴリ:総社市 | TB(-) | CM(0)

創山古墳群

岡山県総社市 2012年3月訪問

創山古墳
前方後円墳
位置:34°40′19″N 133°47′09″E

県内三つ目の”つくりやま”古墳、ホースで周濠に注水中、1年間の時限墓の予定でしたが半永久的に存続


県内でも数少ない周濠を持つ前方後円墳


三段築成、埴輪葺石なし、埋葬施設不明


くびれ部両側に造り出し


勢いよく注水すると土が崩れるので満水になるには数時間かかるそうだ


陪墳群
帆立貝式、円墳方墳と揃っている


円墳
群中最後の円墳、斜面カットした墳丘、外護列石を持つ、横穴式石室は良好に残るが中に入るのは無理


(説明はジョークです)
[ 2013年09月26日 07:47 ] カテゴリ:総社市 | TB(-) | CM(0)

日羽東塚古墳

岡山県総社市 2013年5月訪問

横穴式石室、玄室長4.2,幅1.7,高1.8m
位置:34°43′02″N 133°41′35″E

墳丘前面が削られて石室開口


玄門辺りが開口、羨道壊失


開口部から見た内部、玄室が良好に残る


側壁は僅かに内側に傾く


1枚石の奥壁、右上が欠けているのが画竜点睛を欠くか


奥から外、左片袖式、袖部分の構造が変わっている、あれでもっているんだから安定しているんだろうな、天井石も変わった形(蝙蝠がいる所)


見学記
総社市日羽、日羽大塚古墳北方200m辺りにあります(でも何故か北塚でなく東塚)。集落北端辺り広い市道(かな)から集落内を通る狭い道(そんなに狭くはありませんが)に入って50m程その辺りで一番モダンな家の背後に小さな墓地がありその脇にあります。羨道はほぼ壊失していますが玄室完存、側壁は持ち送りはなく奥壁は1枚石左片袖式です。モダンな家に所に人がいたのでお尋ねしたらすぐ上の家の裏にあるとのこと、家の人は長期留守とのことなのでお断りして通してもらいました。人がいなければ南側から林の中を通る必要があるかもね。実は最初はそうしようとしたのだが通り抜けられずウロウロしていたら地元の方に古墳見学かねと聞かれて教えて貰いましたがそちらは日羽大塚、せっかくだから序でに訪問してまた帰りに聞いて今度は東塚を教えて貰いました、それが長期留守の家。集落内に入る辺りに駐車スペースあり。
[ 2013年09月26日 07:45 ] カテゴリ:総社市 | TB(-) | CM(0)

藪田古墳群

岡山県総社市 2012年3月再訪、13年5月再訪

7基、見学しやすいのは3基

1号
横穴式石室、全長7.5m、玄室幅1.5,高1.3m(現状)
位置:34°42′30″N 133°44′17″E

以前は樹木に覆われていたがすっかり丸裸になった墳丘


墳丘横から、緩斜面に立地


背後から、広い谷の入り口方向に開口


石室正面、前部は埋没


劇狭の開口部


カメラを突っ込んで撮影、右に袖石が見える


中に入って撮影、側壁持ち送りはあまりなく天井もレベルが揃っている


奥壁は鏡石+平石2段、鏡石の一部が尖っているので上の積み方が苦しい


奥から外、左片袖式、羨道天井石が一段下がっているのかな


2号
横穴式石室

1号上方辺り、よく見ないと分からないレベル


天井石が露出して僅かに開口


外見の割には内部はよく残っている


5号
横穴式石室、玄室長6,幅1.5,高1.6m
位置:34°42′32″N 133°44′24″E

高速道北側の果樹園内緩斜面に立地


1号と違い斜面に平行に開口、周りの石材は果樹園造成の際出たものでしょうか


石室正面、羨道前部は天井壊失


内部は物置状態、天井石が落下しかけている


玄室奥は良好に残る、持ち送りのない側壁


鏡石+平石の奥壁、斜めになっているのでカメラが傾いたのかと思ったけど天井石を見るとそうでもないようです


奥から外、無袖だが天井が一段下がっているようだ


(見学記)
(12年)
総社市身延、塔坂古墳群から北側西塔坂峠を越えて行くと高速道路下方の集落手前にあります。1号は墳丘上の樹木が伐採され丸い墳丘がよく見えています。南側谷入り口方向に開口だけどここも劇狭(この日3度目だ)で頭がギリギリ入るくらい。でも中は割と良好に残っています。殆ど無袖のようですが片側に小さな柱石を埋め込んでいます。側壁はやや持ち送りがあり割石積み奥壁は鏡石+平石2枚です。上方50m程石垣に2号の石室が露出していますが内部はかなり埋まっています。高速道を越えた北側果樹園に5号石室があるそうだが訪問時は知らなかったよ。古墳側の道路は広いので駐車可。

(13年)
5号を見逃したので(と言うより前年訪問時はその存在を知らなかったし)再訪してみました。高速道路東側の果樹園にあり行けばすぐ分かります。墳丘は良好に残っていますが土が赤茶色だし周囲には果樹園造成時の石材が積まれて最初はただの盛り土かと思ったよ。南向きに石室開口、入り口に道具類が置かれて状況はよくありませんが奥の方は良好に見ることが出来ます。奥壁は四角い鏡石+平石ですが平石が元々傾いているので見ていると石室が傾いているように感じられます。入り口辺りの天井石にひびが入って少々危険。実は前年訪問した時ナビが高速東側の道を通るように指示した(このナビは狭い道を通るとき時々アホな支持をする)。何を馬鹿なとその時は直進して1号に行ったけど指示通りに行っておけば5号が見つけられたかもね。前の道路が広くて駐車に問題なし。
[ 2013年09月19日 08:00 ] カテゴリ:総社市 | TB(-) | CM(0)

塔坂古墳群

岡山県総社市 2012年3月再訪

36基(番号は全て仮称)

1号
横穴式石室、残存長2.5,幅1,高1.2m
位置:34°41′57″N 133°44′40″E

石室奥辺りが残る、右下に石室基部が埋まって残っている


開口部正面


石室内部、奥壁や側壁の面が整えられている


9号
緩斜面に残る墳丘


狭い開口部


小型ながら石室良好


10号
大きな墳丘が残るも石室見られず


11号
低い墳丘に石材露出


天井石か、内部埋没


14号
横穴式石室、玄室長4,幅1.4,高1.6m
位置:34°42′01″N 133°44′44″E

背の高い墳丘が良好に残る


川の方に開口


劇狭の開口部、この日は束谷1号藪田1号と劇狭ばかり、ここが一番狭かった


カメラを突っ込んで撮影、一応奥壁まで見えている


中に入って撮影、側壁石材は全体に小型


奥壁は一応1枚石


奥から外、天井が一段下がっている辺りが羨道玄室の境か


羨道奥から、土砂が流入


15号
横穴式石室、玄室長4.7,幅1.4,高1.7m

墳丘が残るも前面が削られている、羨道は上部壊失


玄室が開口


良好に残る玄室、側壁は持ち送り無し


側壁や奥壁の面が整えられている


奥壁は2段積み、上部が尖る方が奥壁らしいな


奥から外、左の袖がある、天井も一段下がっているようだ


?号
炭焼き窯の後ろにあった墳丘


墳丘は割と良好に残る


墳頂に僅かに石材露出


おまけ
炭焼き窯跡


奥から、さすがにこれでは石室と間違えることはないな


驚くべき事に煙突跡が残っています


煙排出口もしっかり残っている


(見学記)
総社市小寺、砂川公園奥からY字路を左に行き高速道を超えた辺りから小川沿いの市道を南下します。小川向こうの谷筋に広範囲に分布する古墳群です。市道がT字路に突き当たるので右折50m程行くと雑木林に入っていく山道があります。入ってすぐ右側にあるのが1号(番号は全て仮称)、前部は天井石を失い埋まっていますが奥の方はよく残っています。角石を据えた奥壁で側壁は持ち送りもなく整った石室です。側に2号の大きな墳丘があるが写真撮らず。山道を更に北に行くと右手小川近くに14号があります(途中にも埋没石室と炭焼き窯跡がある)。墳丘良好、南向きに開口していますが劇狭。覚悟を決めて入ってみましたが中は細長い石室がよく残っています。全体に中型石材が使われていますが奥壁は巨石という程じゃないが1枚石です。冬場だと側を通る県道から多分見えていると思うけど間に小川があるから渡るのは無理。山道反対側にあるのが15号、石室前部天井石が失われていますが全体に良好に残っています。こちらは楽々入室、持ち送りのない割石積み側壁奥壁は2段積みで14号より新しそうです。ここから奥は山道が消えかかりそれ程顕著な石室もないのでここまでにしておいた方がよさそう、と言いつつやはりあると思えば行ってしまうのが性(汗)。小川の方に降りて若干通りやすくなっている場所を歩いて行ってみましたが結局は藪こぎを強いられてしまう。何とか墳丘良好だが石室は全く分からないのと(10号)隙間から覗いた石室(9号)と天井石が露出した墳丘(11号)と3基見つけただけ。もうどの辺りにいるのかサッパリ分からなくなったので諦めて引き返したけど道がないのでもう大変、方向感覚に自信のない人はやめておいた方が無難です。なんでも谷奥の方から入っていけるそうだ、でも道はないそうだけど。雑木林入り口辺りに駐車スペースあり。
[ 2013年09月12日 07:31 ] カテゴリ:総社市 | TB(-) | CM(0)

束谷古墳群(仮称)

岡山県総社市 2012年3月再訪

現在9基

1号
横穴式石室、全長5.3m、玄室長3.3,幅1.3,高1.4m(現状)
位置:34°42′20″N 133°45′37″E

低い墳丘が残り石室前部の石材露出


劇狭の開口部


隙間からカメラを突っ込んで撮影、多少埋まるが奥壁まで見える


中に入って撮影、側壁は持ち送り無し


奥壁は一応鏡石を据える、右が奥壁幅にあわせて側壁を狭めている


奥から外、はっきりしないが右側に袖があるのかな


巨大な天井石、羨道と玄室で段差があるようだ


2号
横穴式石室、玄室長1.5,幅1.2,高1m(残存部現状)

1号に隣接、背の高い墳丘が残る


墳頂に石室開口、最奥辺りのみ他は埋没


奥壁、1号より古そう


3号
石室正面から、左側側壁は分かるがかなり乱れてる


墳頂に傾いた天井石露出、内部埋没


背後山側から


4号
横穴式石室、玄室長4.3,幅1.3,高1.7m(現状)

外護列石を持つ墳丘、方墳の可能性があるのかな


羨道は天井石を失う


玄室が開口


玄室内部、右側壁が腰折れ状態


縦長二段積みのスッキリした奥壁


奥から外、反対側(山側)の側壁もかなり傾いている


墳丘背後から


5号
横穴式石室、玄室長3,幅1.3,高1.3m(現状)
位置:34°42′19″N 133°45′32″E

石室正面、天井石露出内部埋没


細長い天井石


狭い開口部


玄室奥が残る、側壁は垂直に立ち上がる、奥壁は二段積み、石材の輪郭にあわせて石材を巧みに詰めている


奥から外、一応入れるという証拠写真


山側から見た墳丘


(見学記)
森林公園古墳群から更に鬼の城方面に行くと大きなため池があります。その一番奥辺りからすこし行った辺り道脇にお地蔵さんがあってそこから雑木林の中に入るとすぐ右手に1,2号があります。1号は低い墳丘が残っていて天井石1枚露出開口部は劇狭ですが何とか入れます。石室はやや埋まっているが羨道玄室ともよく残っています。奥壁は鏡石を据え上に1段、右片袖式かな、側壁は羨道になると石材がぐっと小型化しているようです。隣の2号は墳丘はよく残っていますが石室は殆ど埋没奥壁辺りがなんとか見られる程度です。ため池奥辺りに戻って川に石積みされている場所があるのでそこを渡り茨の藪を通り抜けると疎林になっています。その左手斜面麓辺りに3基の古墳が並んでいて墳丘は割とよく残っています。。北側のが3号、石室前部崩壊内部埋没しています。その南側が4号、南側に開口していますが石室が下側に大分歪んでいます。奥壁は縦長の石+α、墳丘に外護列石が巡っているが上側も石材があるがこちらも列石なのかな。4号に隣接して南に3号、こちらも墳丘良好だが石室前部崩壊、奥の方は土砂が流入するも何とか入れます。奥壁は見えているので入る必要もないんですけどもう性でしょうか(笑)。県道脇にあちこち駐車スペースあり。
[ 2013年09月05日 08:00 ] カテゴリ:総社市 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR