新原・奴山古墳群

福岡県福津市(旧津屋崎町)2012年12月訪問

前方後円墳5,円墳42,方墳1(2-6号は国道などで壊失)

分布図(説明板より)カントリーエレベータの位置は間違い、実際は12号南側


1号
前方後円墳、TL50,R29,RH5,FW31,FH4(復元値)
横穴式石室
位置:33°48′58″N 130°29′17″E

南側からの遠望、右側に47,48号があるが低墳丘でよく分からない


前方部消滅、後円部も盗掘で大きく凹む、手前の巨石は石室天井石でしょうか


石材露出、横穴式石室だそうだ


7号
方墳
位置:33°48′51″N 130°29′08″E

唯一の方墳


大きな墳丘が残るが背が低くなっている


8号
7号側、地形的には一番低い位置にある


9号
小さな墳丘、石材が見えるが石室でしょうか


10号
緩斜面にやや大きな墳丘が残る


11号
カントリーエレベーター内に現状保存


12号
前方後円墳、TL57,R36,RH6,FW48,FH5.5
位置:33°48′54″N 130°29′13″E

西側から、良好な墳丘が残る、左が前方部


南側から、左が前方部


北側から、_1の反対側


前方部から後円部


後円部から前方部


13,14号
12号前方部脇に並ぶ、手前が14号


15号
端正な墳丘が残る


反対側は一部削られている


18号
正面が18号、左奥15号、右奥19号


19号
15号墳頂から、初めは15号の前方部かと思ったよ


20号
大型円墳が姿良く残っている、二段築成か


24号からの眺め


21号
墳丘に鎌倉中期の石塔が8基建つ(県文化財)、墳丘自体は大きいが背が低くなっている


22号
帆立貝式、R54-56
最大の古墳、前方部は手前にあったが削平、神社社地になり樹木に覆われている、頂部は広く平、小さな祠があるだけ


(以下11月28日アップ分)

24号
前方後円墳、TL54,R31,RH7,FW8.5,FH5
位置:33°48′55″N 130°29′19″E

真横から、墳丘が良好に残る


後円部正面、右側に外堤


外堤と後円部


1号からの遠望、遠方森が22号


30号からの遠望、前方後円墳の中で最も美しい


前方部から後円部


後円部から前方部、遠方に1号


25号
二段築成の大型円墳、上部平


野焼きされて真っ黒け、以下の古墳も同様でした


26-29号
崖際に4基並ぶ、画面では2基しか見えてないかな


30号
前方後円墳、TL54,R28,RH8,FW34,FH3
位置:33°48′50″N 130°29′26″E

斜め後方から、墳丘比較的良好、墳丘が黒いとコントラストが悪くなるな


25号から、前方部正面


横から見ると丸く高い後円部に低平な前方部、前方部は上部が削られたのかな


後円部正面


後円部から見た前方部、端がやや広がる、奥が25号、右遠方に24号


31,32号
30号から、左31,右32号


33号
多少変形


古墳列1
左正面が34号、右奥にかけて34-43号が並ぶ


34号
背の高い墳丘が残る


上記反対側、少し削られている


石室石材でしょうか、天井石かな


35号
手前が35,奥が34号


36号
良好な墳丘に見えるが


墳頂盗掘で石材が転がり落ちている(一番手前のは丸太)


37号
周囲が削られているよう


38号
盗掘で二ツ山状態


39号
右手前が39,奥が40号


40号
全般に背の高いのが多い


41,42号
手前41,奥42号


43号
崖のようになっている、地形そのものが改変


古墳列2
東側からの遠望


(見学記)
福津市勝山、低く突き出た丘陵上に構築された前方後円墳5,方墳1,円墳42基からなる古墳群です。丘の標高は10m程度ですが周辺からみると一段高くなっていて海も望め古墳群を造るにはいかにも適地と言った感じです。国道495号やカントリーエレベーターで2-5号が消滅していますが他はよく残っています。最大の22号は神社になっていて林で覆われていますが他はほぼ裸の状態で観察も容易です。一番北側の1号は前方部が国道で破壊され後円部も半分くらいしか残っていませんが石室らしき石組みが露出墳丘裾には多分天井石であろう大きな石が転がっています。その側の24号も非常に保存状態のいい前方後円墳で緩斜面に構築されているせいなのかどうかは分かりませんが後円部下方側に外堤が築かれています。1号と24号の間に47,48号がありますが大きな番号が与えられているところをみると大分後になって古墳と認識されたのでしょうか僅かな高まりがある程度です。最大の22号は前方部壊失、帆立貝式のようです。東西にある20,25号は大型円墳です。側の21号は金網に囲まれていますがこれは鎌倉中期の石塔(県史跡)が8基あるためのようです。25号東側に前方後円墳の30号、前方部上部がすっかり平らになっていますが前方部端は広がってきているようです。この南東側には34-43号が直線状に並んでいます。34,36,40号など規模の割に背の高い墳丘を持っていて盗掘で石材が散乱しているのもあります。これらの古墳列を北側から撮影した場所に44,45号があったはず(後から気がついた)でもそれらしき墳丘はなかったような。44号で石棚を持つ石室があるそうですが埋め戻したのかな。国道西側に行ってカントリーエレベーター北側には前方後円墳の12号がありこれも背の高い良好な墳形を保っています。西に降りていくと唯一の方墳7号があります。地形的には群の中で一番下方、大きな墳丘ですが高さはすっかり低くなり墳形も円形のように見えます。国道脇に説明板(分布図のカントリーエレベータの位置が違っている)がありますが個々の古墳にはありません。せめて標柱くらい欲しかった。将来は歴史公園にする予定だそうです。一部国史跡。説明板向かい側に旧道残存部がありそこに駐車可。
[ 2013年11月28日 07:00 ] カテゴリ:福津市 | TB(-) | CM(0)

手光波切不動古墳

福岡県福津市(旧津屋崎町)2012年12月訪問

円墳、R25、7C
横穴式石室、全長10.8m、玄室長1.8,幅1.6,高2m、石槨長2.1,幅1.3,高1.9m
位置:33°46′01″N 130°30′01″E

住宅地の中に大きな墳丘が残る、立地としては丘陵麓辺り


開口部付近はかなり改変


石室正面


長い羨道、側壁だけでなく敷石も巨石使用


側壁は巨石一段積み、高さ調整の詰め石もなく高度な技術が伺われる


玄室と更に奥に石槨(説明板では前室後室となっている)


石槨の前に仕切石があるが祭壇などで分かりにくい


玄室石槨左側


〃右側、玄室幅は石1枚分くらいしか広くない


羨道、奥から外


石室図(説明板より)


2号
波切不動西側50mにある、工務店敷地越しに見学、でも古墳自体は隣の敷地内


周囲が削られ石室露出、側壁かな


南側、よく残ったなという状態


(見学記)
福津市手光(てびか)、県道97号光陽台入り口交差点東100m、民家の間にあります。住宅街の中にしては大きな墳丘が残っていて南に開口しています。全長10.8mの石室は7C仕様、奥壁天井石だけでなく側壁も板状の巨石で構成され天井石との間の高さを調整するような詰め石も全くありません。更に床面も同様の板石が敷かれていますが前半部分はセメントで塗りつぶされています。入り口から入っていくと最奥手前で側壁が一段引っ込んでやや幅広くなり更に奥はまた元の幅になっています。前室と後室、それとも奥が石槨と言った状態でしょうか。大阪府河南町の平石古墳群と構造が似ています。市史跡。
50m程西側手光バス停側の工務店脇(実際は隣家の敷地内)に2号があります。周囲がすっかり削られリンゴの芯状態、石室石材が露出内部は埋没していますが埋没していなければ崩壊していただろうな。車を停める場所がないので交差点西側のスーパー駐車場を利用。
[ 2013年11月14日 07:01 ] カテゴリ:福津市 | TB(-) | CM(0)

小竹石穴古墳

福岡県福津市(旧津屋崎町)2012年12月訪問

6C後半
横穴式石室、全長8.2m、玄室長3.8,幅1.8,高1.9mm
位置:33°46′40″N 130°30′55″E

お堂の後ろにある、手前の石は羨道天井石かな


石室正面、羨道は殆ど壊失


内側左右の石は袖石でしょうか


玄室完存、やや持ち送りがある、奥壁も側壁石材と変わりないようだ


〃縦位置


奥から外、両袖でしょうが左袖ははっきりしないな


〃縦位置


墳丘背後から、短い尾根先端に構築


(見学記)
福津市小竹(おだけ)2丁目、神興小学校北側丘陵斜面にあり近くまで行くと案内表示が出ています。尾根先端高まりを利用して造られた古墳で前にお堂があり墳丘は大分削られているようだ。その脇に石室が開口、単室で羨道はかなり失われていますが玄室完存、中に不動明王が祀られています。両袖式のようですが袖部は曖昧、天井は奥に向かって少しずつ高くなっているようだ。見晴らしのいい場所だけど石材搬入は背後側しかなく(しかも少し上り坂)さぞかし苦労しただろうな。お堂下方に駐車スペースあり。
[ 2013年11月14日 07:00 ] カテゴリ:福津市 | TB(-) | CM(0)

名残伊豆丸古墳

福岡県宗像市 2012年12月訪問

複室石室
位置:33°47′05″N 130°35′43″E

地味なお堂の背後に開口、墳丘も樹木に覆われてよく分からず


石室開口部、手前は羨道の石材か


巨石を使った長い前室


〃縦位置、天井が狭い


奥壁は1枚石、側壁もそれに劣らず巨石


奥行きはそれ程無く背の高い後室


奥から外、両袖式、奥行きがないのであまり下がれない


巨大なまぐさ石、側壁上部は内側に傾ける


前室奥から


細長い前室天井


(見学記)
宗像市名残、名残公民館の道路向かいに祠がありその背後に複室石室が開口しています。羨道は側壁の一部しか残っていないようですが前室後室とも完存しています。正面に立ってみると前室入り口の幅が随分狭い中に入ると一般的な前室に比べて奥行きがあり天井が随分高く幅も狭い。後室玄門は巨石でまるで通路のようにやや長くなっています。後室も巨石、奥壁は1枚石で天井もほぼ1枚石です。広さそのものは前室とそれ程変わりません。案内表示がありますがこれは名残伊豆丸遺跡となっています。公民館に駐車可。
[ 2013年11月07日 07:02 ] カテゴリ:宗像市 | TB(-) | CM(0)

平等寺瀬戸1号

福岡県宗像市 2012年12月訪問

円墳、R20
複室横穴式石室、全長10m
石棚
位置:33°49′00″N 130°34′41″E

復元された墳丘、表示板は平等寺瀬戸遺跡となっている


石室正面


長く背の高い羨道、全てオリジナルなのかな


〃(ストロボ)


前室は短そうだ、2段積み奥壁の上に辛うじて石棚仮面が見えている


玄室石棚(説明板より)


(見学記)
宗像市平等寺、北側を通る県道75号に案内表示がありますがそこからもう三角錐型の復元墳丘が見えています。南に開口する全長10mの巨大複室石室ですが入り口に柵があるので入れません。奥壁に石棚がありますが入り口からは見えません。カメラを地面際に置いて撮ってみたが説明板写真と比べてみたら石棚下面がギリギリ写っていたけどまず石棚とは分かりません。柵に十数cm四方の穴が開いていますがそこからカメラを入れて撮るための配慮でしょうか(笑)。ならばもっと中央で開けて欲しかった。南側が高台で住宅団地になっていますが立地が何となく不自然、移築ということはあるのかな、説明板には何も書かれてなかったけどね。入っていく道は狭いけど側に駐車スペースあり。
[ 2013年11月07日 07:01 ] カテゴリ:宗像市 | TB(-) | CM(0)

名残高田遺跡

福岡県宗像市 2012年12月訪問

複合遺跡、前方後円墳1,円墳6基保存

名残古墳
前方後円墳、TL30,R18,FW14
位置:33°47′11″N 130°36′01″E

丘陵頂部に立地、右が前方部


前方部から後円部


円墳1
低平な墳丘、右が名残古墳後円部


円墳2
上記やや下方


(見学記)
宗像市広陵台4丁目、ここも複合遺跡ですが住宅団地で大半壊失、古墳群が古墳公園として保存されています。丘陵頂部(高田山と言っているみたい)に前方後円墳がありこれは割と姿よく残っています(前方後円墳集成では名残古墳となっている)。その周囲にも6基の円墳があるはずですがどれも低平なようでよく分かりません。総合説明板があるだけで古墳群の説明は無し。散歩するにはいい場所だ。
[ 2013年11月07日 07:00 ] カテゴリ:宗像市 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR