東山古墳

佐賀県吉野ケ里町 2013年3月訪問

円墳、R15.3,H4.5
複室横穴式石室
位置:33°21′13″N 130°24′47″E

工業団地側の林の中に現状保存


開口部正面、手前は羨道天井石か


開口部から石室内部、複室石室


前室、横幅はそれ程広くない


あまり奥行きのない後室、奥壁は巨石1枚石


後室右側壁、基部が巨石


〃左側壁、こちらも基部巨石


背の高い後室天井、石材2枚


奥から外、両袖式、シキミ石が突き出ている


左袖部、板石を利用


右袖部、こちらも板石


前室奥から外


(見学記)
吉野ヶ里町石動(いしなり)、高速道北側にある工業団地内にある古墳です。北側にエフピコの工場がありその西側雑木林に覆われた丘頂部にあります。側の茶畠が目印。林の中にはいると大きな墳丘が目に入る、南側に開口しているが現墳丘と石室の位置がずれているようで墳丘も多少変形しているようだ。複室石室で羨道前部は破壊されているが前室後室は完存しています。前室は特に天井は高くない、玄門は幅広の袖石を使った両袖式で床面にしきみ石があります。後室は背の高いドーム状で奥壁は見事な巨石1枚石です。工場団地内の道路が広いので駐車問題なし。
[ 2014年04月24日 08:02 ] カテゴリ:吉野ヶ里町 | TB(-) | CM(0)

西ノ田古墳

佐賀県吉野ケ里町 2014年3月訪問

複室横穴式石室、前室長2.5,幅2,後室長3,幅2m程度
位置:33°20′30″N 130°23′13″E

林の中にポッカリ開口


羨道壊失、ここは前室開口部


前室、左右側壁はほぼ1枚石


巨石1枚ずつで構成された後室


右側壁は奥壁より巨石


左側壁、背後が見えていて大きさの割に薄い、近くの東山古墳に酷似している


奥から外、両袖式だが左右の幅が随分異なる


左袖部、分厚い板石


右袖部、大分奥に食い込んでいる


前室奥から外


(見学記)
吉野ヶ里町三津、昨年は下三津西古墳の方を先に見つけたので西ノ田古墳は見つけられず(佐賀県遺跡地図で下三津西古墳の位置が間違っているせい)。今年は位置をしっかり確認してから行ってきました。でも他のサイトを見てもっと開けた場所にあるイメージがあったのでちょっと手間取ってしまった。ほぼ林際にあって低い墳丘が残り南に大きく開口、複室石室で羨道は基部しか残っていませんが前室後室は完存。全体に巨石で特に後室は奥壁側壁ともほぼ1枚石です。袖石を立てた両袖式ですが左側は分厚い板状の石が大きく突き出ているのに対して右側は柱状の袖石が僅かに出ている程度です。
[ 2014年04月24日 08:01 ] カテゴリ:吉野ヶ里町 | TB(-) | CM(0)

下三津西古墳

佐賀県吉野ケ里町 2013年3月訪問

前方後円墳、TL52
横穴式石室
位置:33°20′22″N 130°23′11″E

南北に伸びる細長い尾根状丘陵上に立地、手前が前方部


墳形は比較的良好、左が前方部


後円部から前方部


前方部から後円部


後円部西側、大きく盗掘を受けている


天井を失った石室露出


残っているのは奥壁と側壁2程度


奥壁には割ろうとした跡が残っている


(見学記)
吉野ヶ里町大曲、肥前精神医療センター南西、丘陵頂部に造られた前方後円墳で雑木林の中に形のいい姿を残しています。でも後円部頂に上ってみるとざっくり掘りこまれた大きな盗掘跡があり横穴石室が破壊されています。奥壁1枚と側壁2枚が元の位置のままなんとか残っていますがかなりの巨石です。
ここは南側にあるという西ノ田古墳の序でで行ってみたのですが肝心の本命は見つからず。複室石室を持つそうなんだけどな。西側医療センター宿舎脇にも墳丘があったけど石室は全く見られなかったしな。ちなみに「前方後円墳集成」では”所在地不明、堙滅か”となっています。こんなにはっきり残っているのにな。
[ 2014年04月24日 08:00 ] カテゴリ:吉野ヶ里町 | TB(-) | CM(0)

山手東古墳

岡山県笠岡市 2012年3月訪問

横穴式石室、玄室長4,幅1.4,高1.2m
位置:34°35′22″N 133°33′37″E

なんとも不思議な光景、右側に大きな高まりがあるがこれは墳丘ではない


一見斜面に開口しているように見える、墳丘は流失しているんだろうがあの高まりは当時もあったのかな


石室は良好に残る、側壁も持ち送り無し


奥壁は巨石1枚石+平石、右側壁も他とは異なる縦長巨石1枚石


奥壁前のは石槨かな、右側壁もそれに関連したもののようだ


奥から外、無袖だろうな


(見学記)
笠岡市甲弩、矢掛町との境界近くの谷筋にある古墳です。北側から渓流脇の道を400m程登っていく。細竹が密生してもうこれ以上進むのが困難と思う辺りから横道があるのでそこを曲がると開けた場所の先に石室が開口しています。西向きの石室で無袖式でしょうか、側壁は持ち送りがなく奥壁はほぼ巨石1枚石です。奥壁手前に仕切があり礫が敷かれていて右側の側壁も天井まで達する1枚石です、石槨か何かでしょうか。石室構造といい立地といいかなり後期のようです。石室はともかく問題は側の一見大きな墳丘とも思える地形、墳丘としてはこんな場所にしては大きすぎるし第一石室の位置が随分ずれている。自然地形だったら石室に墳丘があった場合もっと削られていると思えるけどそんな様子もないしな。入り口辺りに駐車スペースあり。
[ 2014年04月10日 07:02 ] カテゴリ:笠岡市 | TB(-) | CM(0)

山椒谷古墳

岡山県笠岡市 2012年3月訪問

横穴式石室、玄室長6.2,幅2,高2.5m
位置:34°34′39″N 133°32′38″E

石室開口部、天井石が落下している


開口部正面


長い石室が良好に残る、左側壁が垂直、右側壁が傾いている、左側に歪んできているのかもしれない


〃(縦位置)


自然光で撮ってみた


特に巨石はないが緻密に積んだ奥壁


奥から外、無袖かな


背後から見た墳丘


(見学記)
笠岡市山口、集落内を通る県道沿いにある畳屋さんから谷筋に入っていきます(私はもう一軒ある畳屋さんの方から入ったけどこちらは分かりにくい)。そこから300m程、川筋沿いからは100m程二つ目の砂防ダム辺りから右手の藪の中に入っていきます(訪問当時矢印でしょうか所々に赤いビニールテープが巻かれていた)。雑木林の中にある古墳は墳丘良好、北西に開口していて一番手前の天井石が落下していますが石室は良好です。大小様々の石を組み合わせた側壁はやや持ち送りがあり割と背が高い。奥壁は下部にやや大型の石材を据えている他は側壁と同様です。無袖式かな。集落南側の県道は幅広く所々駐車スペースあり。
[ 2014年04月10日 07:01 ] カテゴリ:笠岡市 | TB(-) | CM(0)

竹ノ内古墳

岡山県笠岡市 2012年3月訪問

横穴式石室、玄室長3.7,幅2.1,高2m
位置:34°34′45″N 133°31′56″E

開口部正面、背後は急斜面で下がれない、羨道もかなり崩落しているかも


開口部から見た石室内部


持ち送りの強い玄室、石材も小型でいかにも古い印象


〃(縦位置)矢掛の石室はなんでこんなに黒くなっているんでしょうね


天井石を自然光で


奥から外、袖石はないが右片袖式


側壁の様子


(見学記)
笠岡市山口、長福寺のある丘陵南側麓の集落西端から寺に上がる道が大きくカーブしている辺り、擁壁の間から入っていき道なりに行って畑に突き当たる手前右側、上にもブロックで囲まれた小さな墓地があるから場所は分かりやすいかと思うけど竹が生えたりしていてほんとにこんな所にあるのと思えるような場所です。周りから見ても開口部は見えないのでとにかく下から登ってみるとポッカリ開口しています。南西に開口した石室は羨道前部が失われているが玄室完存、持ち送りのある側壁、奥壁も中型石材を積み上げ玄門は袖石がなく袖部がやや幅広と全体に古い印象を受けます。
[ 2014年04月10日 07:00 ] カテゴリ:笠岡市 | TB(-) | CM(0)

小林古墳

岡山県矢掛町 2013年4月訪問

横穴式石室、全長8.2m、玄室長5.5,幅2.1,高2m
位置:34°38′23″N 133°35′03″E

尾根先端に構築、墳丘は殆ど流失


開口部正面、石室の状態は良い


開口部から内部、短い羨道、玄門でまぐさ石が一段下がる、右側だけ柱状袖石


良好に残る長い玄室、側壁若干持ち送り


長三角形の見事な奥壁、殆どこれが見たいが為に来たようなものだ、左側は小型石材を詰めて奥壁となっているが右側は側壁が湾曲してそのまま鏡石に接続している


奥から外、僅かな幅の両袖式


〃(縦位置)


見学記
矢掛町小林、井出の手古墳群の川を挟んだ西側尾根上にある古墳です。道はないけどHP「古墳奮闘」で魅力的な三角形の奥壁を見ると行かざるを得ないよね。痕跡道もなく取り敢えず急斜面を登っていく。尾根先端平坦面にあるそうだが尾根上は見通しが悪くコースによってはうっかり通り過ぎる可能性もあるから注意、私の場合も通り過ぎかけて脇に石材が見えたのでそちらに行ってみたらそれが石室でした。墳丘は殆ど流失して天井石が露出、石室は完存で無袖式のようですが羨道天井石が少し低くなり玄室はやや胴張りです。目的の三角形の奥壁は見事の一言、三角形ですから側壁とは隙間が出来るわけですが左は普通に小石を詰めていますが右側は側壁を微妙に曲げて奥壁の右辺に合わせています。両側ともそうすれば更に見事だったろうになんで片側だけなんでしょうね。これを見ただけでも来たかいがありました。こうやって書くと簡単に見つけたようですが実は尾根を間違えて南側の尾根に登っているんですよね、それもご丁寧にコースを変えて2度も(汗)。古墳のある尾根より更に急斜面と言うより殆ど崖で普通なら登らないけどかまどねこさんならこんなとこも登るだろうと思ってつい登ってしまった。私だけでなくやはり間違えたのが二人いるそうだ。これから行く人はしっかり確認してから登りましょう。ちなみに読みは”おばやし”です。
[ 2014年04月03日 07:48 ] カテゴリ:矢掛町 | TB(-) | CM(0)

僧都奥古墳群(仮称)

岡山県矢掛町 2013年4月訪問

2基

1号
横穴式石室、現存長4.5,幅1.4,高1.4m
位置:34°37′45″N 133°34′39″E

墳丘は良好に残る


隙間開口


石室は割と良好


縦長の奥壁、数個の石を1枚石のように見せている


2号
横穴式石室、現存長4.7,幅1.9,高1.2m

1号すぐ上にある墳丘


頂部が大きく抉られ石室開口


隙間開口だが入って入れないことはない


やや埋まり気味の石室


奥壁らしい台形の石


(見学記)
矢掛町小林、09年に訪問した僧都古墳(仮)の更に北側にある2基からなる古墳群です。土手の上の道を行き着くとこまで行くと山側に墓地と古い小屋のような神社があります。その手前で右側林の中に入る道があり奥にまた墓地、更に林の中に入っていくと上下に2基の古墳が並んでいます。どちらも墳丘は割と残っていて下側のが1号、開口部は狭く内部もかなり埋まっています。すぐ上に2号、墳頂部が盗掘され石室開口、こちらも狭く内部は大分埋まっていますが入って入れないことはありません。ただ無袖式で奥壁が見えているとあまり入る気になれませんね(この前の小林古墳でエネルギーを使い果たし入らなかったよ)。土手上に駐車可。そこにヤマハコベの群生があった、なんでこんな場所に、な場所でした。
[ 2014年04月03日 07:48 ] カテゴリ:矢掛町 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR