一本松古墳群

佐賀県小城市(旧小城町)2014年3月訪問

70基以上、現存13基
(番号は全て仮、西側からつけています)

1号
位置:33°17′23″N 130°09′52″E

割と大きな墳丘が残るが石材見かけず


右奥1号、左2号、手前3号


4号
僅かな高まり、一部石材露出


5号
横穴式石室

割と墳丘が残る


南向きに開口


玄室内部、奥壁、天井が抜かれ内部に細竹が繁茂、かなり掃除しました


奥から外、両袖式、天井はまぐさ石1枚だけ残存


6号
僅かな高まりが残るだけ


7号
横穴式石室

墳丘背後から、右7号左8号、7号の墳丘の荒れが目立つ


石室正面、天井壊失など状態はよくない


石室前に盛り土、石室内に流入した土を掻きだしたと思ったのですが


細長い羨道、天井石が落下


小さな玄室、右側の石は落下した天井石のようだ、ここもかなり掃除しました


奥壁側壁とも下部に大型石材を据える


天井石1枚残存、今にも落ちそう


奥から外、天井石が落ちている


8号
横穴式石室

東向きに開口した2基、右8号左7号


石室正面、羨道上部は壊失、墳丘上が平らなのは元の状態なのでしょうか


手前8号、奥6号、ともに石室前に盛り土があるのがわかる


8号前のは弧状になっていて古墳付属施設のようだ


羨道奥が残る、まぐさ石はあるが袖石は見かけない


玄室奥壁、同型の三角形の石を左右に並べ、上に平石をわたしその上に四角い石とかなりデザインを意識したような積み方


〃縦位置、それ程高くないがドーム状、天井に隙間があって内部は明るい


奥から外、一応両袖式、右は一応石を積み重ねているが左は上部が側壁材となっている


9号
小さいがはっきりした墳丘、遠方の林の中に11-13号がある


少し削られているが石材は見えず


10号
訪問して真っ先に見られるのがこれ、道路で半分くらい削平


一部石室石材露出


11号
横穴式石室
位置:33°17′20″N 130°09′59″E

尾根筋平坦面に立地


天井壊失して石室露出


横から


石室正面、天井はまぐさ石1枚だけ残存


玄室、鏡石らしい丸い巨石を据えた奥壁


左側壁、下部に巨石を据える


右側壁、奥の石の方が余程奥壁らしい


奥から外、両袖式、石を重ねた袖部、一部側壁に食い込んでいる、強度の為か


12号
横穴式石室

斜面に築かれた墳丘、草刈りされて見やすくなっていた


墳丘背後の開口部


石室正面、羨道上部は大きく破壊


玄門辺りが開口


玄門、左右に板状袖石が残る


ほぼ1枚石の奥壁、玄室自体は小型


右側壁、基部石材がやや大型


左側壁はほぼ1枚石、奥壁隙間から撮影


奥から外、両袖式、左右の袖の構造が微妙に違う


13号
はっきりした墳丘が残るが排水路で半分くらい削られている


石室正面、内部は埋没


見学記
小城市小城町畑田、国道203号を多久市から小城市に入って200m程細い道に入ると案内表示が出ているのでそこを曲がり後はほぼ1本道、高速道を超えて400m程、大きな説明板が立っています。70基以上ですが現存13基、説明板周辺に10基ありますがかなり小さくなった墳丘もあるので草が茂っていたら見逃すかもね。はっきりした石室が残っているのは3基、説明板近くににあるのは南西に開口、玄室天井石が外れて玄室内に細竹が密生しているので見学は大変です。東側に石室墳が2基並ぶ。片方は細長い石室だが天井石落下玄室内では落下したのが突っ立っています。ここもツル植物が茂っていて掃除が大変。その隣のは良好に残った石室が有ります。入り口は小さく入りづらいですが小型の石室完存、奥壁に特徴がありおむすび型の相似形の石を左右に並べ上に平石をかけその上に四角い石を置いています。デザインを考えてこんな配置をしたんでしょうか。石室前に半円形の盛り土が有りますが古墳関連施設だろうか。隣の石室前にも盛り土があるが半円形になっていない。これだけなら盗掘で掘り出された土が盛り土状になったかと思うけどそうだとすると半円形になることはないだろうしな。50m程東側に3基並んでいます。一番下のは奥壁側が開口するも内部埋没他の2基は石室が残っています。ここは石室内に植物が茂ってないのでその分見学は楽(笑)。一番上のは天井部を失いまぐさ石だけ残っていますが他は良好、両袖式で玄室は長2.2m幅1.8m決して大きくはないが残った中では一番大きいかな。そのすぐ下にあるのも羨道天井を失うが玄室はよく残っている。1.5m四方と小型だが奥壁側壁は1枚石で構成されています。特に駐車場所はないが説明板前辺りになんとか1台分駐車可。市史跡。
[ 2015年01月29日 07:59 ] カテゴリ:小城市 | TB(-) | CM(0)

穴大師古墳

佐賀県多久市 2014年3月訪問

横穴式石室
位置:33°16′04″N 130°09′38″E

すっかり小さくなっている墳丘


石室正面、羨道前部天井壊失


開口部


羨道後部、中の大師像が真正面に見えている、まぐさ石がポッキリ折れている


玄室良好、あまり奥行きがない、大師像を乗せている石も石室石材でしょうか


背の高いドーム状玄室、鏡石らしい巨石を据える


奥から外、右に比べて左は袖石がある、床面にはしきみ石


楕円形の天井、天井石は1枚


羨道奥から


複雑な線刻


魚の線刻、これは分かりやすい


放射状線刻


おまけ
捜索の過程で見つけた他の古墳、結構大きい


見学記
多久市東多久町大字別府、北坊古墳から県道284号を北上、柳瀬バス停から左に逸れて集落内を通り山に向かって登っていきます。途中で道を右に逸れ(100m先に放置されたトレーラーハウスがあるので行き過ぎた時はそれが目印)果樹園脇を通り林の中を抜けていくと送電線鉄塔、その側の林の中に有ります。墳丘は大分低くなっていて天井石露出、羨道全部の天井石を壊失していますがそれ以外は良好です。玄門まぐさ石がポッキリ折れていますが特に問題はなく、奥壁は鏡石らしい巨石、上部が持ち送りがありドーム状、天井石は1枚ですがやや長め。何箇所かに線刻が有りますが魚の線刻がはっきりしています。奥壁前に大師像が鎮座していて名前の由来になっていますがこんなに大きいのを中に入れるのは苦労しただろうな。古墳側に駐車スペース有り。
余談ですが石室の写真を撮っているとデジカメの合焦アイコンが何時もと違っていました。普通は中央に大きく出るのですがこの時は中央でなくアイコンも小さい。何でかなと思っていたらどうやら顔認識モードになっているようで石仏の顔を認識してそちらを優先して合焦していたようです。このデジカメで人の顔を撮ることは殆ど無いからすっかり忘れていたよ。以前にも石室や墳丘を撮っている時この小さなアイコンが出て何でかなと思っていたけどどうやら人間には顔に見えなくてもデジカメが顔と判断していたようです。
しかし山の上にある古墳の推測位置を間違えるととんでもない目にあいますな。集落東側の山の上かと思って下から歩いて行ったけどとんだ見当違いでした。古墳らしい大きな墳丘があったけど石室は開口しておらずくたびれ儲けだった。一度下まで降りて集落の人に聞いて何とか辿りつけたけどそちらも途中の分かれ道から林の中に入るようで車で行く自信がなく長い距離歩いて行ったけど結局問題なく車で入っていける道でした。
[ 2015年01月15日 08:01 ] カテゴリ:多久市 | TB(-) | CM(0)

北坊古墳

佐賀県多久市 2014年3月訪問

横穴式石室
位置:33°15′21″N 130°10′10″E

小さな神社境内にある


祠のような社殿背後に墳丘


鳥居の足元に石室開口、狭い


羨道はよく残るがかなり埋まる、途中に仕切り石、天井石がパックリ割れている


玄室完存、基部にやや大型石材他は小型


〃縦位置、ドーム状だがそれ程高くない


天井は1枚石


奥から外、両袖式かな、右袖ははっきりしない


〃縦位置、まぐさ石にヒビ


羨道奥から、仕切り石は入口側に近い


線刻、鳥?


複雑な線刻


見学記
多久市東多久町大字納所、北坊公民館背後に有ります。墳丘は比較的残り神社が建っています。南に開口した石室は羨道がかなり埋まり狭い、しかも鳥居の根本が開口部にあって入るのは多少苦労をします。羨道途中床面に仕切り石と小さな袖石が有り前室的な役割があるんでしょうか。玄室は完存、それ程高くはないがドーム状で天井石は1枚石です。奥壁に隙間があり内部は仄かに明るい。両側壁に線刻が有りますが分かりにくい。粗大ごみがあるのが残念。公民館前に駐車可。
[ 2015年01月15日 08:00 ] カテゴリ:多久市 | TB(-) | CM(0)

妻山古墳群

佐賀県白石町 2014年3月訪問

横穴石室を主体とする古墳群、幾つかで線刻壁画

(見学順に並べてます)

その1
道を外れて林に入った途端にぶち当たった石室


割と墳丘が残るが頂部に石室露出


天井を失った石室、斜面下方に開口


奥壁側壁とも石材に違いはなさそう


その2
墳丘残るも荒れ果てている


天井石と側壁片側壊失


右奥が奥壁側かな


その3
南からの眺め、はっきりした墳丘が残る


北側に石材露出、何故か北側に開口


開口部は狭くて入室不可、上がまぐさ石、その上が天井石でしょうか


カメラを突っ込んで撮影、山側側壁が大きく傾き何時崩れてもおかしくない状態


小型石材を積んだ奥壁


頂部に天井石一部露出、隙間開口


隙間から入口側


その4
僅かに高まりが残る


頂部に石材露出、石室でしょうね


6号
位置:33°11′09″N 130°05′49″E

東側斜面から見た墳丘、肉眼ではもっと大きく高く見えた


南東方向から見た墳丘、道で少し削られている


開口部正面、樹木で半分隠れているのが残念、右側の石列はなんでしょう、石室や墳丘関連ではなさそうだが


羨道奥、玄門、凄く背が高い


玄室完存、幅の割に背が高い、奥壁は下部だけ巨石を据えている


〃縦位置


幅の狭い天井、石は4枚かな


奥から外、両袖式だが柱状の袖石ではない


〃縦位置


線刻壁画、模様は何でしょう


7号
玄室長1.4,幅3.5,高2.8m

6号西側に隣接、開口部は埋没


頂部に天井石露出、間の石材が外されて開口


東西に長く南北に狭いT字型石室


玄門が西に偏っている、T字型でなくL字型かも


西側側壁、どう見ても奥壁的積み方ですね


東側側壁、西と比べて下部に巨石がない、床面に敷石らしき石材もある


東側側壁下部の線刻壁画、かなり画像処理して何とか分かる


玄門上部の線刻、格子紋と斜格子文の組み合わせかな


その5
緩やかな高まりが残る


頂部に石材露出、かなり破壊されているが石室だと分かる


斜め前から、手前が側壁


その6
こちらも高まりが残る


石材露出、かなり破壊


見学記
白石町馬洗、東から歌垣公園に登っていく県道245号沿いに妻山神社がありそこから200m程行った右手に果樹園、中の曲がりくねった道を登って行くと一番上に6、7号があります。でも6,7号はピンポイントで位置が分かっていなかったので途中で林の中に入っていったらそれが正解芋づる式に4基の古墳を見つけました。3基は石室大きく破壊、1基も石室は残っていますが入室不可、隙間から覗く程度です。石室自体は入り口から奥壁までよく残っていますが山側の側壁が大きく孕みかなり危険な状態です。そこから見る6号墳丘の巨大なこと、南側果樹園に出ると前面が削られていて石室が開口しています。開口部が樹木が覆いかぶさって見えにくくなっているのが残念。羨道上部はかなり失われていますが玄門前はこれが羨道かと思えるような高さです。狭い玄門を抜けると巨大な玄室完存、背が高く上部は持ち送り天井部は細長く4枚からなっています。石材は特に巨石が使われているわけではありませんが奥壁下部の石だけがやや巨石、上部が丸く鏡石らいいですが丸みが左に偏ってやや整びさにかけるのが残念。一部線刻が見られます。すぐ西隣には7号、もう墳丘は6号と一体化していて区別がつきません。開口部は見当たりませんが頂部で天井が露出、天井石中央の石が外され開口、T字型石室ですが極端に幅が(実際は奥行きだけど)狭くなっています。西側側壁は下部に表面が平滑な四角い石を据えこちらの方が余程奥壁らしい雰囲気。玄門が極端に東に偏っていることを考えるとこれはT字型石室というより東側に副室の付いたL字型石室と考えるほうが妥当でしょうか。上部がやや持ち送りされ入ると脱出困難そうなので入らなかったけど内部に線刻があるそうです(後で写真を見て何とか2ヶ所確認)。ここから西の林に入り尾根上に2,3号があります。ともに低い墳丘破壊された石室露出程度です。この手前に尾根先端を加工したような大きな高まりが有りますがあれは古墳ではないのかな、6号の墳丘を見たらあれが墳丘でもおかしくはない。古墳だったら未盗掘の石室がそっくり残っているかも。4号は県道沿いにあるようですが大分離れているようで見つけられず。県道に駐車スペース有り。
[ 2015年01月08日 08:00 ] カテゴリ:白石町 | TB(-) | CM(0)

野柄1号

佐賀県白石町 2014年3月訪問

複室横穴式石室、全長7m、玄室長3,幅1.5,高2.5m
位置:33°10′33″N 130°05′11″E

民家裏の斜面に開口、羨道上部壊失、所有者さんの許可を貰ってしっかり掃除しました


前室、玄室玄門


前室右側壁、基部に巨石を据え上に小型石材


前室左側壁、右と同様だが最上部に平石を重ねる


それ程大きくないが良好に残る玄室、いかにも鏡石らしいおむすび型の奥壁


〃縦位置、3枚の天井石の内中央が一段高くなる、ドーム状というより中高式と言っていいのかな


右側壁、前室と変わらない積み方


左側壁も同様


奥から外、袖石を立てた両袖式


〃縦位置、天井を撮るのを忘れている


玄室床面には入口側のみ敷石がある


前室、奥から外


見学記
白石町堤、溜池の嘉瀬川池西側の集落一番奥の民家背後に有りますがまずわからないので家の人に聞いたほうがよさそうです。私の場合前でウロウロしていたら家の方が出てきて案内してもらえました。南に開口した複室石室で羨道天井を失っていますがそれ以外はよく残っています。前室後室玄門とも柱状袖石を立てている。前室側壁はそれ程引っ込んではいない。後室は巨石を基部に据え上部は小型石材を小口積みにしています。奥壁はいかにも鏡石らしいおむすび型の形状。天井石は中央がやや高くなっている。何故か床面前側だけに敷石がある。町史跡。民家前まで入っていけるが100m程手前にも駐車スペース有り。
[ 2015年01月01日 08:00 ] カテゴリ:白石町 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR