津袋古墳群

熊本県山鹿市(旧鹿本町)2002年4月訪問、14年3月再訪

7基、一括県史跡

(2014年)

1号(茶臼塚古墳)
方墳、L25、4C後半~5C初
位置:33°00′35″N 130°45′06″E

丘陵頂部に位置する、柵手前の砂利が周溝跡でしょうか


南側平野を一望できる、左後方に小町塚


2号(小町塚古墳)
円墳、R24、5C前半

周りの砂利が周溝、墳丘は随分小さくなっている


芯だけ残っているような状態、後方に茶臼塚


3号(大塚古墳)
円墳、R32,H5、4C末~5C前半
舟形石棺、長持形石棺(埋戻し)、箱式石棺
位置:33°00′35″N 130°45′21″E

道路脇に大きな表示板と復元墳丘、手前の赤い説明板に分布図が載っている


周囲に3基の箱式石棺を覆い屋で保護


割れた蓋石、身の方は埋めている


手前に箱式石棺小口部、奥に破壊された蓋石


4号(五社宮古墳)
家形石棺
位置:33°00′42″N 130°45′26″E

社殿左側に墳丘があるが大きく削られる


反対側は何とか残る


家形石棺蓋石小口部が残る、大きな縄掛け突起、蓋石は幅が狭そうだ


反対側は削られて支えで立っている状態


5号(頂塚古墳)
円墳、R28
舟形石棺(埋戻し)
位置:33°00′45″N 130°45′26″E

道路脇に大きな看板


墳丘は復元


6号(平原塚古墳)
舟形石棺
位置:33°00′52″N 130°45′33″E

石棺の身を覆い屋で保護、遠方に朱塚、この状況で前回何で見逃したか


石棺身露出、左側に縄掛け突起2


反対側にも縄掛け突起があるが一つ欠けている


頭部側に石枕


底を僅かに高くし丸い窪みを二つ彫り込む


7号(朱塚古墳)
竪穴石室
位置:33°01′01″N 130°45′40″E

水田段差部に残る墳丘


高い方から見た墳丘


石材露出


板状に加工された天井石


小口積み竪穴石室、赤い色が残っている


(2002年)

1号(茶臼塚古墳)

丘陵頂にある墳丘、かなり小さくなっている(周りの砂利が周溝を示す)


2号(小町塚古墳)

周りの砂利が本来の大きさ、芯しか残ってないような状態


右奥が茶臼塚


3号(大塚古墳)

復元墳丘、周囲に箱式石棺が3基ある


5号(頂塚古墳)

復元墳丘


石棺(説明板より)


6号(平原塚古墳)

墳丘消滅、石棺身だけが残る


奥に石枕が掘られている、左右で頭の部分の窪みの大きさが違うようだ


(見学記)
(2014年)
前回訪問の際2基見逃しているのがあるので近くを訪問した序に再訪してみました。五社宮古墳は頂塚から入った所にあり墳丘は社殿で大半削られ家形石棺蓋石の小口部が僅かに残っています。神社まで車で入っていける。それにしても大塚の所にある分布図があるのに何で前回見つけられなかったのかな。朱塚古墳は平原塚の北側水田段差部分にあり墳丘もそこそこ残っています。小口積みの竪穴石室の一部が露出内部が見えていて赤い色も残っています。平原塚から墳丘見えているのになんで前回気が付かなかったんだろ。平原塚より余程分かりやすいのにな。

(2002年)
7基からなる古墳群で一括して県史跡。場所がよく分からなかったが鹿本町の町中を通る国道325号に案内表示があり、それに従って行くと大塚古墳に行き当たりここに分布図(道路が新しくなっていてかなり分かりにくいが)あったので他の古墳も探すことが出来た。

大塚古墳
大きな交差点の脇に大きな看板とともに丸い墳丘が復元されているのですぐ分かる。舟形石棺や長持形石棺があるそうだが埋め戻されている。墳丘の周りに箱式石棺が3基ありこちらは屋根がかけられて見学できるがすっかり雑草に埋もれて見づらい。

茶臼塚古墳・小町塚古墳
大塚古墳西側の丘陵が一本松公園となっていてその最高所に茶臼塚古墳がある。この辺りでは珍しい方墳で墳丘は現状保存、砂利で周溝の様子を示しているが墳丘自体はかなり小さくなっているようだ。東側下方に小町塚古墳がある。こちらも周溝が砂利で示されているが墳丘は更に小さくなっているようで中心部が僅かにしか残っていない状態です。

頂塚古墳
大塚古墳から道路を400m程北東に行くと右手尾根の頂にある。今でこそ墳丘が復元されすぐ分かるが発掘当時ははっきり古墳とは認識されていなかったらしい。ここにも舟形石棺(埋戻し)があるが説明板では”発掘責任者がそう呼んでいるので舟形石棺と書く”となっていて説明文を書いた人はかなり疑問に思っているようだ。実際説明板の写真を見ても家形石棺のようだが。

平原塚古墳
頂塚から更に300m程行って右手の水田のある段丘面に降りると、覆い屋に保護された石棺がある。墳丘は完全に消滅、蓋も無くなっているが丸い縄掛け突起が2個ずつ付いた身が残っている(これも舟形石棺となっている)。内側に石枕状の段が掘られ頭が当たる部分が2カ所丸く刳り抜かれている。左右で大きさが違うのは男女の区別だろうか。近くに竪穴石室を持つ朱塚古墳があるそうだが全く分からず。
[ 2015年03月26日 08:04 ] カテゴリ:山鹿市 | TB(-) | CM(0)

六の小石古墳


南阿蘇村
[ 2015年03月22日 18:58 ] カテゴリ:未分類 | TB(-) | CM(0)

瓢塚古墳

佐賀県唐津市(旧呼子町)2014年3月訪問

前方後円墳、TL18.5
位置:33°33′43″N 129°53′09″E

小さな島の中にある前方後円墳、牛の放牧場の中にある


左が前方部でしょうか、何とか形がわかる


一応墳丘は鉄条網で囲まれているけど見学は危険


前方部から後円部


後円部から前方部


横穴石室だそうでこれは天井石でしょうか、くびれ部にあるので動かされているかも


見学記
唐津市呼子町加部島、島北部海に面した高台に立地した前方後円墳で全長18.5mと随分小型です。横穴式石室があるそうですが埋め戻されているようです。県内で島にある前方後円墳はここと小島古墳だけだそうですがもともと小さな島に前方後円墳がある事自体珍しい。現在は灯台南側の牛の放牧地内にあります。地元の方に場所を聞いた時中に入ってもいいよと言われたので入って行きましたが牛が近寄ったりして落ち着いて見学できなかった、ある意味日本一見学が危険な古墳かも(笑)。石室は見られないし裸の状態なので柵外からでも十分かな。数台分の駐車場あり。県史跡。
[ 2015年03月19日 08:01 ] カテゴリ:唐津市 | TB(-) | CM(0)

夏崎古墳

佐賀県伊万里市 2014年3月訪問

墳形不明、5C末~6C初
横穴式石室、玄室長2.1,幅1.9,高1.9m
位置:33°16′47″N 129°51′24″E

殆ど基壇しか残ってないような墳丘


上にかろうじて玄室を覆う程度の墳丘が残る


南西に開口、羨道は基部しか残っていない


板状閉塞石が二つに割れて倒れている、袖石に嵌めこむ溝が彫られているようだ


玄室完存、大型石材を据え上に平石小口積み、唐津市樋の口古墳で同様の構造が見られる


〃縦位置、持ち送りはそれ程なく天井は広い


奥から外、板状袖石を立てた両袖式、下が写っていないが床面が一段下がる


奥から左方向


〃右方向


玄室左側に屍床


薄い板石で区切っているだけ、側壁下部の石材も厚みは薄そうだ


見学記
伊万里市東山代町日尾、海岸堤防沿いの道路から見えています。現状では低い土壇状の高まりの上に小さな墳丘が乗っかっている状況で元の墳形は不明です。南西に開口する石室、羨道は基部しか残っていませんが玄室完存、玄門は板石を立てた両袖式手前には半分に折れた閉塞石も残っています。玄室は床面が一段下がり長2.1m幅1.9m高1.9m左側に板石で区画された屍床があります。壁面は基部に大型石材(多分薄い板石)を据え平石を小口積み、天井も薄い板石を架けています。九州ではあまり見かけない構造ですが近くの唐津市樋の口古墳が同様の形式です。すぐ側の道路に駐車スペース有り。市史跡。
[ 2015年03月19日 08:00 ] カテゴリ:伊万里市 | TB(-) | CM(0)

小島古墳

佐賀県伊万里市 2014年3月訪問

前方後円墳、TL40,R22,RH5.2,FW25、6C後半
横穴式石室、羨道長6.5m、玄室高3.8m
位置:33°19′09″N 129°49′00″E

前方部端、丘陵頂部に位置し墳丘良好、小さな島に前方後円墳がある事自体珍しい


前方部から後円部


後円部から前方部


後円部南向きに石室開口、墳丘が削られ羨道上部も壊失しているようだ


長い羨道、後部がよく残る、持ち送りがあリ背の高い羨道、玄室ならともかく羨道では珍しい構造


玄室も良好に残る、基部に大型石材を据え上部は小口積み、近くの夏崎古墳と似ているといえば似ている


玄室上部、持ち送りが強いドーム状


狭い天井、一部欠損


奥から外、袖石を立てた両袖式


〃縦位置


奥から左側、袖石は板状


〃右側、こちらの袖石は切石状


羨道奥から


陪墳
前方部下方にある


古墳でしょうか


見学記
伊万里市山代町久原、かっては文字通り伊万里湾に浮かぶ小島でしたが今は陸続き国道204号から久原大踏切を渡ると案内表示が出ています。丘陵頂部に築かれた全長43mの前方後円墳で墳丘も良好に残っています。後円部南南東に石室開口こちらも極めて良好です。幅の狭い羨道ですが左はほぼ直線なのに右は手前がやや広がり玄門辺りも幅が広くなっています。意図的なのかそれとも工事が雑だったのか。玄室は背の高いドーム状天井石は2枚のようですが1枚抜かれています。基部に大型石材を据え(でも多分薄い)上部を小口積みにしています。玄門は袖石を立てた両袖式。これだけの石材をどこから運んだかと思ったけど海岸に露出している岩盤を見ると島自体が岩山のようで石材も島内で調達できたかな。前方部下方に大きな盛り土があるけど陪墳でしょうか。全体が公園になっていて駐車場あり。県史跡。
[ 2015年03月12日 09:57 ] カテゴリ:伊万里市 | TB(-) | CM(0)

坂口古墳石棺

佐賀県伊万里市 2014年3月訪問

箱式石棺、長1.58,幅0.62-0.48,高0.6m
位置:33°16′26″N 129°52′55″E

城山公園内に移築


蓋石側板小口板も板石に加工された石材


手前が頭部側、幅が少し広くなっている


石棺内部


見学記
伊万里市松島町、城山公園に移築された箱式石棺です。板石で構成され長さは1.58m頭部の方がやや幅広くなっています。そちら側に装飾用の扁平な石が並べられていたそうな。公園には駐車場がありません、ナビの指示通りに走ったら上の方まで入って行きましたがそこで作業していた人の話によると一般車は本来入ってはいけないそうな(汗)。市文化財。
[ 2015年03月12日 09:57 ] カテゴリ:伊万里市 | TB(-) | CM(0)

楠浦新田古墳


天草市
[ 2015年03月11日 19:12 ] カテゴリ:未分類 | TB(-) | CM(0)

年の神1号


宇城市
[ 2015年03月09日 18:06 ] カテゴリ:未分類 | TB(-) | CM(0)

加世堂古墳

長島町



[ 2015年03月07日 18:53 ] カテゴリ:未分類 | TB(-) | CM(0)

鎮西山南麓古墳群

佐賀県上峰町 2014年3月訪問

横穴石室多数も良好なのは多分1基のみ(番号は仮)

1号
横穴式石室、玄室長1.7,幅1.5
位置:33°21′21″N 130°25′17″E

植え込みに囲まれているが道路脇で直ぐ分かる


石室正面、狭い開口部


短い羨道、玄門には構造らしきものがない


玄室は小型で玄門からでも殆ど奥壁しか撮れない


〃縦位置、小型ながら一応ドーム状


奥から外、両袖式、袖石は殆ど置いているだけ


2号
僅かな高まりに石材露出


奥の方が何とか残る


奥壁


3号
墳丘は割と残る


開口部、内部は埋没


4号
はっきりとした墳丘が残る


開口部


多少埋没するも石室は良好のようだ


5号
基部だけ残った石室


右が入口側でしょうか


6号
石室だなと思う程度


7号
ここも基部だけ残る


8号
基部だけ、左が羨道右が玄室か


奥壁


9号
畑段差部分に露出、袖石でしょうね、大きさからして1号より規模が大きそう、側壁も一部残る


見学記
上峰町堤、船石遺跡から県道46号を北上、高速下を潜ると鎮西山公園の案内があるのでそれに従って行きます。途中に駐車場更に行くと登山口駐車場更に車で入っていくと左側にやや開けた場所がありそこに4基の古墳があります。植え込みに囲まれているのがあり小型石室が残っています。玄室は長1.7幅1.5m程、両袖式ですがまぐさ石はなく羨道天井が一段下がっています。石室に入れるのはこれだけ、すぐ上に上部を失った石室露出更にその上に2基ありますが隙間から覗ける程度です。登山口駐車場に戻って西側の竹林の中に4基並んでいますがどれも石室がかなり破壊されています。更にその手前水田段差部に石材露出、柱状の石と大型石材が見えていますが石室のどの辺りなのかな。
山を超えて下った麓に奥の院古墳群があるそうですがあまり状態は良くないようなのでパス。
[ 2015年03月05日 08:00 ] カテゴリ:上峰町 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR