中ノ浴古墳

山口県山陽小野田市(旧山陽町)2018年2月訪問、19年2月再訪

特異な外堤を持つ円墳
位置:34°03′01″N 131°08′51″E
丘陵中腹、古い墓地の背後にある


手前に外堤を持つ基壇、と言っても写真では殆どわかりませんが


墳丘上段、やや北側に偏る


大きく盗掘、僅かに小型石材が見える


基壇上部縁に外堤状高まりがある、右奥に上段墳丘


多分同じ辺り、カメラ位置を低くして撮影


高さ3,40cm程度でしょうか、上部墳丘との間に平坦面


北西側外堤


中央辺りから見た東側外堤、低くてあまりハッキリしない


西(山側)から見た基壇部


見学記
(2018年)
中ノ浴古墳
山陽小野田市山川、情報としては保育社「日本の古代遺跡山口」の分布図に載っているだけ。県遺跡地図にも載っていたけどほぼ同じ場所、こういうのはあまり正確でな事もあるのであまり期待せず探してみました。一昨年七日町古墳群を訪問した序に探したけどその時は丘陵南側から、今回は西側から挑戦してみました。山林状態の丘陵はまず入り口を見つけるのが大事、ここは麓に住宅が並んでいるので尚更、でも何とか入る道を見つけましたがどんな状態なのかさっぱり分からないのでとにかく山道を歩いていくと古い墓地がありました。その背後に高まりがありその上に墳丘らしきものがありました。墳丘は10mにも満たない大きさだが頂部が大きく盗掘されて逆に古墳を思わせます。小さな石材が僅かに見られますが主体部は完全に破壊されているもよう。これ自体は平凡だけど周りが平坦でその端が外堤のようにたくなっています、現状で1m程の高さ。改めて見ると丘陵頂部を平坦に整形し墳丘を構築、その端を堤状に盛り上げて囲んでいます。外から見ると外堤は1,2mの高さがある。外堤がある古墳と言えば平野部に構築された巨大古墳で時折見かける程度、丘陵上しかも小型古墳で外堤があるというのは記憶に無いですね。なので若干疑問を感じながら帰ったのですが、帰ってから例の本を見てみると本文中に土堤を持った古墳と書かれていました。やはりあれで間違いなかったんだ。あまり期待はしなかったのですが特異な古墳を見つけて満足しました。因みに読みは”なかのえき”です。麓の道路ゴミステーション脇に駐車可。

(2019年)
昨年は古墳のことをよく調べずに行って帰ってから特異な墳丘と判明、写真もあまり撮ってなかったのでもう一度訪問してみました。墳丘は下段が東西方向にやや長い長円形20×15m程の大きさ、その上に径10m程度の墳丘が乗っていますがやや北に偏っています。下段に外堤のような高まりがあるのが特徴、高さは5,60cm程度でしょうか、全周しているようです。まず見たことのない墳形です。上部墳丘は大きく盗掘されているのが惜しまれますが外堤部分はよく残っています。盗掘跡に僅かに小さな石材散乱、立地等からして終末期に近い古墳だと思われ石室はあったとしてもかなり退化した石室でしょうか。ゴミステーションから橋を渡って右側の民家背後に道を行くと石仏?があります。そこから林の中に入っていくとほぼ1本道で墓地にたどり着きその背後にあります。
[ 2019年02月28日 18:54 ] カテゴリ:山陽小野田市 | TB(-) | CM(0)

長光寺山古墳

山口県山陽小野田市(旧山陽町)1994年4月訪問、18年2月再訪

前方後円墳、TL58,R38,RH5.3,FW26,FH3.8、4C後半
竪穴石室2
位置:34°02′33″N 131°09′00″E

(2018年)
墳頂に上る道、これが後円部側面


上部は広い平坦面、前期古墳だからこれが当時のままでしょうね


西竪穴石室


側に天井石が2枚あるが植木が育ち見づらくなっている


長い竪穴石室が良好に残る


反対側、天井石が落ちているのかな


開口部側壁


こちらが東竪穴石室でしょうか


手前が天井石で奥が側壁上部なのかな


前方部半ばから見た後円部平坦面


同じ場所から見た前方部、奥に見えている高まりは切り離された尾根


後円部、何処から見たか不明


前方部側面から後円部


尾根切断部、左が墳丘、築造当時はもっとハッキリしていたんでしょうね


(1994年)
後円部側面、背の高い墳丘が良好に残っているが全体像を見るのは困難


墳頂の竪穴石室、手前が西石室、画面左奥に東石室(埋没)


西石室内部、割竹形木棺が納められ三角縁神獣鏡が出土している


見学記
(2018年)
山陽小野田市郡、竪穴石室2基を持つ前期の前方後円墳です。前回行った時は4月だったけど墳丘の様子は全くわからず、今回冬枯れ時に行ってみたら墳形がよく観察できました。後円部前方部もよく残っていて後円部頂きが平坦で前方部と高さが殆ど変わらない様子がよくわかります。前方部端は尾根をカットした跡もよく残っています。カットが甘いですが少し埋まってきたのかな。後円部中央の竪穴石室は変わりないけど(当たり前)前の写真だと石室脇の小さな樹木が大分大きくなっているのが時の移り変わりを感じさせます。東側竪穴石室も一部石材が出ていますが元の状態はわかりにくい。古墳北側を通る道路に案内板がありここに駐車可。でもこの日は当地には珍しく積雪があり手前で道路が圧雪状態で車では辿り着けず四苦八苦。
[ 2019年02月28日 18:52 ] カテゴリ:山陽小野田市 | TB(-) | CM(0)

萱曲古墳

山口県宇部市 2001年4月訪問、18年2月再訪

円墳、R11.5,H4
複室横穴式石室、全長6.3m,玄室長2.5,幅1.9,高2.21m
位置:34°01′53″N 131°15′24″E

(2018年)
県道から見えている白い説明板が目印、17年前と何ら変わりなし


側まで来ても開口部がわかりません


藪をかき分けると直ぐに開口、羨道壊失、ここは前室


天井石が倒れかかっている、前室側壁が随分斜めに見えるけどカメラアングルのせいか


後室玄門、袖石を立てている


ほぼ1枚石の奥壁、後室奥行きはそれ程ない


〃縦位置


天井石は2枚、やや持ち送りがある


奥から外、両袖式、袖が幅広い


側壁基部は1枚石の巨石


反対側も同様


玄室床面中央辺りに石列がある、入口側は敷石があるが奥はなさそう


前室奥から、斜めに落ちた天井石


前室側壁、かなり平面に整えられている、前室袖石も残っているようだ


反対側、際どく崩壊を免れている


(2001年)
藪に包まれた墳丘、側の説明板が目印


巨石1枚石を使った玄室


奥から外、袖石を立てた両袖式


奥から玄門、中室、羨道は殆ど壊失、中室も片側が大きく崩壊


(見学記)
(2018年)
前回はフィルム時代だったのでデジカメで撮り直すべく再訪してみました。17年ぶりだから前回のはすっかり忘れていて新鮮な気分(笑)。南を通る県道215号から説明板が見出ていますが古墳を思わせるのは全く見えません。途中段々畑(多分栽培していない)を2段程上がってやっと説明板の所にたどり着きます。説明板脇に開口、藪だけど直ぐなので入るのは難しくありません。複室石室で羨道はほぼ壊失、前室は天井が大きく傾き左側はよく見えませんが右側を見るとそれ程横幅はなさそうです。玄室完存、袖石を立てた両袖式、奥壁は縦長でほぼ巨石1枚石、側壁は左右とも巨石1枚石を据えています。天井は狭く2枚からなる。床面中央辺りに仕切のように平石が並べられている。そこから奥の床面には何もなさそうで石材が転がっているし石棺でもあったんでしょうか。踏切南側道路脇に駐車スペースあり。

(2001年)
径11mの円墳で持世温泉入り口バス停の北側にあります。墳丘は藪の中ですが側の説明板が目印。その脇に石室が開口していますが草木が茂ってちょっと入りにくい。全長6.3m複室構造の石室ですが羨道は殆ど壊失、前室も左側が大きく崩壊しています。玄室はほぼ完存、長2.5,幅1.9,高2.2mとやや背の高玄室で奥壁は一枚石、床面には礫や平石が敷かれています。
[ 2019年02月28日 18:49 ] カテゴリ:宇部市 | TB(-) | CM(0)

新宮古墳

広島県広島市 2017年4月訪問

円墳、R10.4,H3.2、6C中
横穴式石室、全長6.6m、玄室長4.22,幅1.54m
位置:34°22′24″N 132°31′49″E
住宅地の中、神社社殿背後に墳丘


玄室奥が破壊されてトンネル状態


羨道上部も壊失


玄室(ストロボ無し)


〃縦位置、幅の割に背が高い


右側壁


左側壁、奥壁に使えそうな三角形の石が印象的


奥壁は鏡石だけ残っている、外側から写すのを忘れている


奥から外、両袖式


〃縦位置


床面に敷石


見学記
安芸区船越4丁目、船越小学校北方250m丘陵中腹にある古墳ですが周辺はすっかり住宅街になっています。それ程大きくない社殿の背後に古墳があり南西に開口、羨道上部を失い玄室も後ろ上部が破壊されてトンネル状になっていますが状態は比較的良く奥壁1枚残存。全長6.6m、玄室長4.22mの両袖式で床面には敷石、高さは書かれていませんが2m近くあり幅の割に背が高い、中央の天井が高くなっているように見えます。ここは道が大変狭く車を停められそうな場所もないので行きづらかったのですがつい最近コンビニが出来たのでそこから歩いて行きました、2,3分程度です。市史跡。
[ 2019年02月21日 18:38 ] カテゴリ:広島市 | TB(-) | CM(0)

北尾古墳

広島県広島市 2017年4月訪問

横穴式石室
位置:34°21′07″N 132°32′40″E
住宅街として開発された中、残された場所に保存、説明板は文字が消え石室は画面右下に開口


石室正面、羨道は上部殆ど壊失


玄室は思った以上に良好に残る


中には入れないので普段は撮らない左側壁


右側壁、こちらの方が左に比べて石材が大きそう


序に天井も、レベルが揃っている


奥壁はほぼ1枚石


見学記
安芸区矢野東3丁目、月が丘団地第一公園南側にある古墳です。文字の殆ど消えた説明板が立っていてその脇の石垣段差部分に開口、羨道は壊失していますが玄室は完存、柵があって中には入れませんがこんな場所にしては状態が良い、奥壁は1枚石です。新興住宅地との境目で何とか破壊から免れたようです。前の道路が凄く広くて楽々駐車可。
[ 2019年02月21日 18:37 ] カテゴリ:広島市 | TB(-) | CM(0)

西谷第1号古墳

広島県海田町 2017年4月訪問

6C後半
横穴式石室
位置:34°21′31″N 132°33′07″E
石室直前に案内表示、こんな場所に設置されてもな~


説明板が立っている辺りが石室先端でしょうか


石室前部破壊、半分以上壊失か


大きな開口部、天井石が意外と薄い


内部は明るい、立って入れる程の大きさ


奥壁は1枚石でヒビが入っているのかな、組み合わせだとしたら巧みすぎる


左側壁、平石を重ねている


右側壁、こちらの方がやや大きくブロック状


奥から外、斜面に向かっている


見学記
海田町東海田、安芸区との境界にある丘陵東側を走る串掛林道沿いにある古墳です。林道入口から400m程、小さな墓地があり(道路向かいに巨大な水道タンクが目印)奥にもう一区画の墓地がありその脇にあります。石室前部は破壊されていますが後部は残っていて大きな口を開けています。側壁は割石積みですが奥壁は大小3個の石からなり複雑な形ながら全く隙間が無い程巧みに組み合わせています。なんでここまで拘ったんだろうと思うほどです。説明板があって第1号古墳と書かれていますが古墳群の1号ではなく西谷地区の1号でしょうか、と思ったが南側20mに第2号があるそうでやはり古墳群なのか、でも「第」と言う文字は紛らわしいので使ってもらいたくないな、他でそういう例があるし。町史跡。
ここは林道沿いの墓地下方にあるというので行ってみました。事前にグーグルマップ写真で見てみると林道沿いにある墓地は分譲の1ヶ所だけ、ここだろうと思って行ってみたがそれらしいものはない、側の空き地で農作業している人に聞いてもそんなものは知らないという。通りかかった人に聞くともっと上に墓地があるというので行ってみたけどそこは海田町ではなかった。また戻って別の人に聞いてみると知っているという、ホッとして聞いてみると”小請山第2号の案内板から少し上がった所に墓地があり側には大きな水道タンクがある、墓地の下方”とのこと、なんださっき行った場所じゃないかと案内板まで戻り石段を上がって墓地から下方の尾根筋を探してみましたが石室どころか古墳らしいものも何もない、もう一度詳しく聞いてみようと林道に戻って上がっていったら林道沿いに小さな墓地があって道路向かいには巨大なタンク、ここかと思って探してやっと見つけました。墓地というのは目印になるようでなりません。しかも石室前には矢印の案内板がある、あんな場所に設置するなら林道沿いに立ててくれよ、おかげで1時間以上無駄にしました、でも見つかってホッ。
[ 2019年02月14日 19:00 ] カテゴリ:海田町 | TB(-) | CM(0)

小請山第2号古墳

広島県海田町 2017年4月訪問

円墳、R10程度、6C前半
竪穴式石室(埋戻し)
位置:34°21′35″N 132°33′03″E
道路脇に案内板がある


頂部手前に案内板、後方に古墳


墳頂は広い平坦面、石材散乱


竪穴石室埋戻しで出ているのは石材の一部でしょうか


反対側から見ると墳丘らしく見える


おまけ
途中にあった巨石、最初これが天井石かと思った


見学記
西谷第1号手前に案内板があります。そこから階段を登り山道を歩いて歩いて5分程、尾根筋頂部に造られた円墳で退化した竪穴石室があるそうですが現状は石材が散乱している程度、石室は埋め戻されています。手前の尾根筋にも墳丘のように見える高まりがあります。町史跡。
[ 2019年02月14日 18:59 ] カテゴリ:海田町 | TB(-) | CM(0)

殿砂古墳群(仮称)

岡山県総社市 2017年4月訪問

(番号も仮称)

1号
横穴式石室、全長7.2m、玄室長5.2,幅1.7,高1.6m(現状)
位置:34°40′14″N 133°39′14″E
下を通る山道から大きな墳丘と開口部が見えている


墳丘上の方で東向きに開口、天井が少し傾いている


石室は良好、左の袖、上にまぐさ石がある


やや土砂が流入するも玄室良好、側壁はやや内側に傾く


奥壁はほぼ1枚石、上部が丸い


奥から外、右片袖式


2号
横穴式石室、玄室長3.5,幅1.4,高1.3m(現状)
位置:34°40′15″N 133°39′14″E
1号北側、こちらも大きな墳丘が残る


狭い開口部だが入るのはそれ程困難ではない


石室も良好だが右が少し圧迫されているかな


奥壁は平石積み


奥から外、左に袖があるかな、側壁は右真っ直ぐ左傾くのでやはり歪んできているようだ


墳丘背後から


4号
横穴式石室
位置:34°40′13″N 133°39′12″E
尾根筋先端麓辺りに立地、手前に天井石が崩落している


細長い石室だが天井は殆無し


最後部だけ天井がある、奥壁も土砂で隠れている


細長い石室を上から


5号
4号からの帰りに見つけた、後方に見えているのが1号


まず石室でしょうね


右が奥壁、左が側壁か、だとすると南向き、1号と向きが異なる


6号
4号近く、これも石室かな、微妙だけど、そう思った人がいるらしく右上に盗掘跡がある


見学記
総社市新本、新本小学校北東600m辺りに殿砂神社がありその北側谷奥にある古墳群で石室3基見られます。神社東側100mの道路を北上すると突き当りになるのでそこに車を止め渓流沿いの山道を奥に入っていきます。最初に出会うのが1号、急斜面下方に築かれた墳丘はよく残っていて南向きに開口、羨道天井石が露出多分羨門でしょう。内部はやや土砂が流入気味ですが羨道玄室ともよく残っています。奥壁は巨石1枚石、右片袖式で羨道天井は一段低くなっているようです。北側50m辺りにあるのが2号、大きな古墳だったので初めは尾根先端かと思ったけど上の方に石室があり墳丘でした、多分下の方は地山でしょうね。こちらも石室はよく残っているが開口部は狭い、羨道に比べて玄室の方が幅広くなっていますが袖部ははっきりしません。奥壁は平石を何段かに重ねていて1号より古そうです。1号南西50m辺りにあるのが4号、石室上部はかなり破壊、天井石は最高部の1枚しか残っていません。ここから1号に戻ろうとしたら墳丘の手前に小さな石室がありました。奥壁と左側壁の極一部しか残っていませんがどう見ても石室だよね。ここは谷奥ですが来るのもそれ程困難ではなくお得感のある古墳群です。因みに殿砂は”とんざこ”と読むようです。
[ 2019年02月07日 18:57 ] カテゴリ:総社市 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR