こおとし古墳群

兵庫県養父市(旧養父町)2018年3月訪問

尾根上に分布、開口石室は1基のみ
(番号はHP「古墳とかあれ」に従う

その1
横穴式石室
位置:35°24′47″N 134°47′46″E
急カーブした道路側の尾根上に墳丘が見えている


南側に盗掘された跡がある


狭い開口部、落ち葉がクッションになっているので入るのに問題なし


開口部から内部、石室良好


持ち送りのある側壁


奥壁は側壁と変わりない小型石材、左上隅が隅丸になっている


奥から外、無袖かな


その2から見た墳丘


その2
その1下方(北側)尾根先端にほぼ同規模の墳丘


墳丘はよく残るが石材は全く見られず


尾根カット部分、右が墳丘


その3
1番目の急カーブの上の急カーブ、その上に墳丘が見えている


尾根側から、これも墳丘良好


墳丘良好でも石室が見られないのが悲しい


墳頂に天井石一部残存露出、内部埋没


尾根上方から見た墳丘


その4
その3のすぐ東側にある


上から、これも良好、規模はどれも同じくらい


南側に小さな石室開口部


内部、右側壁が大きく傾く、墳丘規模に比べて小さいので羨道かもしれない


もう一つ石室がありました


思ったほど奥行きがなかった、奥壁じゃなくまぐさ石の可能性もあるかも


その6
その4南側にはっきりした墳丘


反対側から


墳頂に僅かに石材露出、その5,7,8はよく分からず


見学記
八鹿町上小田、丘陵尾根上に分布する古墳群です。舞狂から県道2号を北上、坂本交差点で2号は左に曲がりますがそのまま直進、300m程行くとゴルフセンター案内板があるのでそこを左折、細い道を登っていき2度目の180°急カーブ辺りの尾根筋に古墳が密集しています。カーブミラー辺りから登ると大きな墳丘、南側に開口していますが狭い、でも落ち葉が溜まったいるので入るのは困難ではありません。石室は5m程度でしょうか、側壁は内傾し奥壁とも石材は小型です。入り口辺りが埋まっていますが無袖かな。まともに見られる石室はこれだけ。すぐ北側尾根先端に良好な墳丘がありますが石室は全く見られず、当然横穴だと思われひょっとして未盗掘、尾根をカットした様子がよく残っています。上側にも数基の古墳があり墳丘も残っていますが石室見られず。ただ1基で子供が入るのがやっとくらいの小型石室がありました。位置が墳丘端にあるのでメインの主体部ではないかそれとも羨道?、右側壁が大きく傾いている。もう1基石室がありましたがやはり小型でした。他は墳頂部に石材露出が2基、小型の墳丘が幾つかある程度でした。急カーブの所に車を停められないこともないですが100m程登ると方向転換できるスペースがあるのでそこで転換してから下っていって止めた方がいいでしょう。
[ 2019年09月26日 18:33 ] カテゴリ:養父市 | TB(-) | CM(0)

堀畑1号

兵庫県養父市(旧養父町)2018年3月訪問

円墳、R38,H8.4、7C前半
横穴式石室、全長11.7m、玄室長4.7,幅2.3,高3.8m
位置:35°21′47″N 134°48′31″E
以前は畜産試験場内にあったが公園化に伴い発掘整備された


1号と名がついているが単独墳、背後の丘陵に南峠古墳群があるようだ


南東に開口


石室正面、羨道天井石も巨石


羨道途中に柵があり閉鎖、管理事務所で鍵が借りられる、この時は知らなかったので通り抜け


羨道後部、右側側壁はまぐさ石は切石状


巨石を使った大型玄室


奥壁は基本3段積み、詰石が少なく緻密な重ね方


持ち送りがあるので天井はやや狭く巨石1枚石


奥から外、両袖式


〃縦位置、まぐさ石も2段


羨道奥から、まぐさ石底面が平らに加工されている


見学記
養父市上野、元は農林試験場内にありましたが現在は廃されてはさまじ里山の森公園となってその中に保存されています。径38m高さ8.4mの大きな墳丘が良好に残り東向きに開口、羨道玄室とも良好です。ただ公園化に伴い羨道途中に柵が出来て入れなくなりました(公園管理室で鍵を借りられます)。玄室は呆れるほどの大きさ、側壁はやや内傾し天井石は巨石1枚、奥壁は3段積みですが下部は2枚の石を並べているのが普通とちょっと違う。玄門は柱状袖石を立てた両袖式、まぐさ石も巨石です。周辺の丘陵に幾つかの古墳群がありますがこれは1号と名がつくが単独墳のようでえす。古墳のある場所は地図で調べる限り上野になり堀畑はすぐ東側です、どちらかがミスしたかな。公園に駐車場有り。県史跡。
[ 2019年09月19日 18:32 ] カテゴリ:養父市 | TB(-) | CM(0)

米里三ツ尾古墳群

兵庫県養父市(旧八鹿町)2018年3月訪問

8基、公園内に保存

1号
楕円形、9×7m
位置:35°22′58″N 134°45′15″E
標柱の右側に僅かな高まり


4号
何故か2号へ行く手前にある


墳頂部は大きく抉られている


2号
10.4×9.6m
これ以降斜面に立地、全てに標柱が立っている


斜面裾に立地しているのがわかる


背後から見ると墳丘が確認しやすい


石室後方側から


石室自体はかなり破壊


3号
径7m
写真を見て間違えないようまず標柱を写します、墳丘から少し離れているのが難点


石材散乱


細長い石室だと分かる程度に残存


正面から、最後部に天井石が残る


5号
径9.5m
標柱のだいぶ後方に墳丘


石材散乱、石室材だけではなさそう


頂部が窪み石室大きく破壊


6号
径8m
5号上に接する


最後部の天井石が残る


背後から


左5号、右6号(7号から)


7号
5,6号の更に上に7号


急斜面に立地


天井石が僅かに露出するのみ


8号
これも標柱から大分離れて墳丘


こちらも急斜面に立地


石材らしきものは見られず


見学記
米里古墳群西側にある8基からなる古墳群です。米里・大徳の森公園となっていてその一角に保存されています。駐車場辺りに公園案内板がありそれに載っていますが米里古墳群となっています。古墳の側には標柱が立っていて分かりやすい。1、4号以外は杉林の中に斜面に立地しています。石室は殆ど破壊されまともに残っているのはありませんが下草の生えていない見通しの良い場所に斜面カットして築造した墳丘が幾つも残っている様子を見るのはそれなりに楽しいです。
[ 2019年09月19日 18:31 ] カテゴリ:養父市 | TB(-) | CM(0)

米里古墳群

兵庫県養父市(旧八鹿町)2018年3月訪問

墓地内に5基、途中の道路脇に1基
(見学順に表示)

9号
位置:35°23′00″N 134°45′17″E
墓地へ行く途中の道路脇に標柱が立つ、すぐ上にフェンスがあるので嫌でも車を停めさせられる


墳丘は残るも道路で少し削られている


反対側も大分削られている、左側のは石室石材かな


まとまって石材露出、元の状態も想像できない状態


5号
墓地駐車場から見た古墳群の様子、尾根上に手前から5-1号が並ぶ、立板は墓地のもので古墳群の説明はない


横(東)から見ると墳丘は割と残る


4号
すぐ上に4号、こちらも墳丘が残る


上部を失った細長い石室露出


奥から


3号
横穴式石室
位置:35°23′00″N 134°45′22″E
更に上に3号、こちらも墳丘良好、左側黒く見えているのが開口部、撮るのを忘れた


狭い開口部から覗いた石室内部、羨道と玄室主軸が斜めになっているような


玄室は割と良好、幅の割に背が高い


〃縦位置


奥から外、山側の側壁が怖いほど傾いている


2号
3号に接するように2号、これも背の高い墳丘が残る


反対側、盗掘で石材露出


墳頂部で何とか石室の様子が分かる、奥が側壁で右は天井石かな


1号
やや離れて1号、ここはどれも墳丘の残り具合がいい


反対側、転落した石材かな


墳頂部に上部を失った石室露出


見学記
八鹿町米里、市営大徳霊園内に保存されている古墳群です。国道9号八鹿バイパス北近畿豊岡道入口交差点一つ東の交差点を南に曲がると霊園案内板が出て来るのでそれに従っていきます。道は狭いですが特に問題なし。林の中に入って暫く行くと獣除けの柵がありそこに9号墳があります。どちらにしろここで車を停めて柵を開けて通らなければならないので見学しておきましょう。柵を通り過ぎた辺りに駐車スペースあり。墳丘は割と残っていますが一部削られ石材露出していますが石室の状況はわかりにくい。そのまま進んで霊園駐車場に行きます。南側に霊園説明板がありその背後に古墳が連続して密集しています。一番南側が5号だが石室見られず、その背後が4号で他は墳丘の大きさが揃っていますがこれだけやや小さい。天井部を失った細長い石室が露出しています。更にその南側に3号、東向きに開口、入口は狭いですが羨道玄室ともよく残っています。ただ山側から大きく押されて凄く傾いてかなり危険な状態です。その背後に2号、南向きの石室はかなり破壊されています。やや離れた南側に1号、これも南側に開口しているようですが大きく破壊されています。この周りに巨石がゴロゴロしていますが石室の石材ではなさそう。米里の読みは”めいり”です。
[ 2019年09月12日 19:00 ] カテゴリ:養父市 | TB(-) | CM(0)

茶すり山古墳

兵庫県朝来市(旧和田山町)2018年3月訪問

円墳、R90,H8、5C前半
竪穴石室2
位置:35°18′23″N 134°51′51″E

近畿最大の円墳、修復されているようだがほぼ原型を保っていたようです


直ぐ側を高速道が通る、手前の建物は学習館(無人)


墳頂へ登る途中に葺石実物展示


広い墳頂平坦面、周辺に埴輪が並ぶ、2基の竪穴石室、左は第一主体部、右は第荷主体部(位置表示だけ)


第一主体部、レプリカだけどガラス越しに見学、まだ新しいせいかガラスが汚れてなかった


主体部説明板


左が鉾槍刀、中央鉄鏃


中央部礫槨、鏡や刀剣


工具類、右は甲冑


_8_9の中間辺り、左鏡右甲冑


刀類、_7を反対側から





墳頂から西側方向、中央左側丘陵背後に城ヤブ1号があるはず


見学記
朝来市和田山町筒江、高規格道路の国道483号沿いにある大型円墳です。国道建設の際発掘され現在墳丘復元、現在茶すり山古墳公園として公開されています。円墳なので面白味はないけど城ヤブ1号の近くなので序でに訪問、上に登って風景を眺めるのもいいかなと。墳頂に2基の主体部があり一つは写真展示、メインの竪穴石室は副葬品も含めてレプリカで展示されています、長さ8m程の長大なものです。登る途中に葺石の実物展示がありますが普通葺石と言えば丸みを帯びた河原石のようなのが多いですがここのはまるで石屑、色も茶色でこれでは見栄えが悪かったんじゃなかろうか。麓に無人の学習館あり。駐車スペースは少し離れた登り口辺りにあります。国史跡。
[ 2019年09月05日 18:56 ] カテゴリ:朝来市 | TB(-) | CM(0)

城ヤブ1号

兵庫県朝来市(旧和田山町)2018年3月訪問

円墳、R26,H8、6C末
横穴式石室、全長8.9m
位置:35°18′20″N 134°51′14″E

小さな谷状地形の奥の方に立地


背の高い墳丘が残るが藪に包まれ実感できない


大きな開口部、立ったまま余裕で入れる、兵庫県内でもベスト10に入る大きさ


長い羨道、まぐさ石が一段下がる


巨石を使った大型玄室、入り口が大きいので内部は明るい


〃縦位置、やや持ち送りがある側壁


奥壁は2段+平石、詰石も密に詰め隙間が殆どない


奥から外、両袖式、まぐさ石が巨石


〃縦位置


見学記
朝来市和田山町筒江、和田山IC南東400m、谷の中に立地する古墳です。集落入口辺りと途中に案内板がありますが最後でなかった。開口部がてっきり道路側に向いていると思ったので怪しい墳丘があるなと思ったけどつい通り過ぎてしまった。径26m高さ8mの大きな墳丘が残っていますが全体が密生した竹林になっているので規模が実感できないのが残念。巨石を使った石室は羨道玄室ともよく残っていて南南東に開口、立ったまま悠々と入れる大きさ、玄室に入るとその大きさに圧倒されます。奥壁は2段+平石、玄門は柱状袖石を立てた両袖式、まぐさ石も巨石です。因みに城とは筒江場のことのようで説明板には筒江城ヤブ1号となっています。50m程手前の御堂辺りに駐車可。市史跡。
[ 2019年09月05日 18:54 ] カテゴリ:朝来市 | TB(-) | CM(0)

船宮古墳

兵庫県朝来市(旧朝来町)2018年3月訪問

前方後円墳、TL86,R46,RH8,FW50、5C
位置:35°15′26″N 134°42′26″E

県道脇に墳丘、神社の杜となっている


バス停から登り口、正面建物が建っているのが前方部


後円部墳頂に神社


前方部側の周溝、左と比べて少し低くなっているのが分かる


西側にも周溝、盾形だそうです、東側周溝は県道で破壊


斜め後方から見た前方部


墳丘全体の残りはいいが石垣があるなどかなり改変されている


見学記
朝来市桑市、県道70号沿い桑市公民館南50m程、大きな墳丘が横たわっています。全長86mの前方後円墳で5Cの首長墓です。墳丘は割と良好ですが後円部に神社があり大きく変形されています。前方部にも古い建物があり上での見通しは良くない。盾形周溝が巡っていたそうで東側は県道の下になっていますが西側では少し窪地になっているのが分かります。バス停の所と西側くびれ部に説明板が立っていますが数値がちょっと違う。西側の方が新しいからそちらの方が正確かな。県史跡。
[ 2019年09月05日 18:53 ] カテゴリ:朝来市 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR