奥の院堂古墳

岡山県勝央町 2006年4月訪問

円墳、R20
横穴式石室、現存長4,幅1.7m
位置:35°00′47″N 134°05′59″E
道路脇の擁壁の上に保存された古墳


前部がかなり破壊されている


石室正面


玄室


奥壁


(見学記)
国道179号から県道52号を南下、1km程行って町道を左に入り曲がりくねった道を上っていくと宝池ため池辺りで道が二手に分かれているので左の農免道を300m程行くと擁壁の上にのっかるように古墳が保存されています。石室前面は破壊されていますが背の高い玄室が残っています。奥に石仏が祀られている。随分山の中、今でこそ前を道路が通っているが当時はどうたったんだろう。町史跡。
[ 2020年01月23日 17:45 ] カテゴリ:勝央町 | TB(-) | CM(0)

火の定古墳

岡山県勝央町 2006年4月訪問

横穴式石室、現存長6m
位置:35°00′47″N 134°06′01″E
石室正面


前部が少し破壊されている


玄室、奥の方が狭くなっている


奥壁


奥から外


(見学記)
奥の院堂東100m、林の中に入る道を覗くと石室が見えています。ここも石室前面が破壊、現存長6mほど、奥の方が少しずつ狭くなっています。
[ 2020年01月23日 17:45 ] カテゴリ:勝央町 | TB(-) | CM(1)

よつみだわ古墳群

岡山県勝央町 1995年4月訪問

前方後円墳1,円墳3

よつみ乢古墳
前方後円墳、TL23
位置:35°02′08″N 134°08′15″E
手前が前方部


後円部


周囲の円墳の1基


(見学記)
岡古墳群から更に下って行くとよつみだわ古墳群に至るはずだが途中で道が消えている(+。+)ガーン 。強行突破しようかと思ったが後どの位あるかも分からず、泣く泣くもと来た道を引き返す。まさしく禍福はあざなえる縄の如しだ(以前にも使ったことがあるなー(^^;)。こういうのは肉体的にも精神的にも疲れます。さて岡の集落に降りて東側の高速道に架かる陸橋を渡ると300m程登った丘の中腹に古墳群があります。前方後円墳1(全長23m )、
円墳3からなる古墳群です。最初に行った時は周りに何もなく古墳は疎林や藪の中でかわいらしい姿を見せていましたが2回目に行った時はすぐ近くで大規模な工事中でした。幸い古墳群はぎりぎりの処で破壊を免れていましたが現在はどうなっているでしょうか。
[ 2020年01月23日 17:44 ] カテゴリ:勝央町 | TB(-) | CM(0)

岡古墳群(仮称)

岡山県勝央町 1995年4月訪問

山の中に数基分布
位置:35°02′37″N 134°08′18″E
1号
墳丘


石室、小型ながら奥壁はほぼ1枚石


2号
墳丘


石室


奥から外


(見学記)
地図を見ると高塚から南に下る山道があってそのままよつみだわ古墳群に行けるようなので、下っていくと途中で思いがけず小古墳が4基あった。そのうち2基で石室が開口、ラッキー。共に奥壁に1枚岩を使っている他は小型の割石を使った無袖式。残り具合も良好で小型の割に立派な石室です。場所は隣の美作町との境界辺りか。
[ 2020年01月23日 17:44 ] カテゴリ:勝央町 | TB(-) | CM(0)

西宮古墳

岡山県勝央町 1995年4月訪問

前方後円墳、TL68
位置:35°03′59″N 134°08′58″E

後方部
[ 2020年01月23日 17:43 ] カテゴリ:勝央町 | TB(-) | CM(0)

美野高塚古墳

岡山県勝央町 1995年4月訪問

前方後方墳、TL45
位置:35°03′33″N 134°08′47″E

下の平野から80m程の高所にある


(見学記)
中塚から東に行くと林の中にある全長58mの前方後方墳です。前方部の細長い墳形で割と良好、ただ狸の巣穴が幾つも開いている。「前方後円墳集成」では後方部流失と書いているがあまりそんな感じはしませんね。前方後円墳の可能性もあるそうな。標柱では西宮古墳
[ 2020年01月23日 17:42 ] カテゴリ:勝央町 | TB(-) | CM(0)

美野中塚古墳

岡山県勝央町 1995年4月訪問

前方後方墳、TL45
位置:35°03′56″N 134°08′49″E
南からの遠望(左矢印)、盆地の中に突き出た低い丘陵上、右側の矢印が西宮古墳


後方部


陪墳


(見学記)
盆地南側、半独立丘陵の西端に位置する全長52mの前方後方墳です。墳丘良好、雑木林に覆われていますが前方部の低い墳形が割とよく観察できます。西側神社の側に小円墳あり。町史跡。
[ 2020年01月23日 17:42 ] カテゴリ:勝央町 | TB(-) | CM(0)

琴平山古墳

岡山県勝央町 1995年4月訪問

前方後円墳、TL48
位置:35°02′27″N 134°04′37″E

丘陵頂に立地


(見学記)
役場北東約1km、丘の頂にある全長48m の前方後円墳です。神社脇にそれらしき墳丘があったがはっきりわからず。下の国道から神社が見えているので楽勝と思って登っていったがくたびれもうけといった感じ。
[ 2020年01月23日 17:41 ] カテゴリ:勝央町 | TB(-) | CM(0)

観音寺古墳(植月寺山古墳)

岡山県勝央町 1995年4月訪問

前方後方墳、TL88、4C末
位置:35°04′19″N 134°08′03″E
南からの遠望


墳丘側面、非常に状態がよい


前方部側から後方部


前方部から後方部


周囲の古墳群中の1基


(見学記)
盆地北西丘陵上、観音寺本堂北側の杉林の中に堂々とした墳丘を横たえています。全長92m、高8.5mと大きな墳丘で前方部南側が少し削られている他は良好、前後の方形も大変よくわかり、北側から林越しに見ると美しいシルエットを見せています。標柱では観音寺古墳。周辺にも幾つか古墳があって古墳群を形成しています。県史跡。
[ 2020年01月23日 17:41 ] カテゴリ:勝央町 | TB(-) | CM(0)

愛宕山古墳

岡山県勝央町 1995年4月訪問

前方後円墳、TL28
位置:35°02′57″N 134°07′00″E

_1:丘陵上、低い墳丘が残る


(見学記)
役場北方の工業団地内、北側の削り残された丘の上にある全長28mの前方後円墳です。背の低い墳丘で何とか前方後円墳とわかる程度。ここも狸の巣穴だらけ。
[ 2020年01月23日 17:40 ] カテゴリ:勝央町 | TB(-) | CM(0)

久田和古墳群

兵庫県朝来市(旧和田山町)2018年3月訪問

2基

1号
横穴式石室
位置:35°20′34″N 134°53′31″E
水田段差部分に2基、右1号、左2号


藪に包まれた墳丘、説明板は文字が消えている、手前が奥壁側だが抜かれている


藪をかきわけ石室内に入ると内部は割と良好、やや埋まるが玄門が良好に残る


羨道の奥に見えているのは閉塞石でしょうか


すっかり抜かれた奥壁


巨石天井、平面に仕上げられている


南側側壁、こちらはまだしっかりしている


北側側壁はこれでよく崩れないな、な状態


2号
藪に包まれている、封土は残っていそう


(見学記)
朝来市和田山町久田和、2基からなる古墳群で田圃の中に残っています。南側のが1号、現地で見てみると藪に包まれてこりゃ駄目だと思いましたが近づいてみるとすっかり露出した石室が意外と残っている、奥壁が倒れて開口、意を決して突入してみると奥壁以外は意外と良好に残っていました。玄門は両袖式、羨道は殆ど埋まっていますが入口辺りまで残っているようです。天井は巨石2枚で構成されています。藪を刈り払えばさぞかし見事な石室なんでしょうけどね。隣の2号は墳丘残るが石室は露出してないかな。1号が市史跡。
[ 2020年01月23日 17:39 ] カテゴリ:朝来市 | TB(-) | CM(0)

白井塚本古墳群

兵庫県朝来市(旧和田山町)2018年3月訪問

現存3基
位置:35°20′47″N 134°54′17″E

畑の中に3基残存、どれも状態はわるい


その1
高さ2m程度の小さな墳丘


北側から、石材が一部露出


その2
藪に包まれた墳丘


その3
もう芯しか残っていない状態、石室材が露出している


手前の石材も石室石材のようだ


(見学記)
朝来市和田山町白井、畑の中に3基の古墳が残っています。どれも状態が悪く東側の1基はリンゴの芯状態です。どれも石材が見えていて横穴石室のようです。北側のは割と背が高く石室が比較的残っているかもしれない。
[ 2020年01月23日 17:39 ] カテゴリ:朝来市 | TB(-) | CM(0)

岡田古墳群

兵庫県朝来市(旧和田山町)2018年3月訪問

現状前方後円墳2,円墳3
(いつものアイウエオ順ではなく見学順)

小丸山古墳(小盛山古墳)
前方後円墳、TL59,R30,RH6.6,FW21,FH4.8
位置:35°20′54″N 134°52′08″E
小さな独立丘陵を目一杯使って構築、丘陵周囲は削られているが墳丘そのものは完存


西側から登っていけます


前方部から後円部、谷の交差点のような場所に立地


後円部から前方部


小丸山古墳から古墳群を望む、矢印左から長塚、冑塚、岡田1号、岡田2号


長塚拡大、多少前方後円墳らしく見える


県道脇に岡田2号、左竹林辺りが1号でしょうか


長塚古墳
前方後円墳、TL70,R40,RH7,FW40,RH9
位置:35°20′58″N 134°52′21″E
近寄ってみると2基の墳丘にしか見えない、前方後円墳のくびれ部辺りが大きく削平


後円部は比較的残る


前方部は大きく削られる


後円部上から見た前方部


冑塚古墳
径50mくらいの大型円墳


上が墓地で平らになっている、元々なのか墓地で削られたのか


岡田1号
これ全体が墳丘なのかそれとも自然地形の一部を利用しているのか


岡田2号
冑塚辺りから見た2号


県道で少し削られているが溝は曲がっている


(見学記)
朝来市和田山町弥生が丘、岡田、現存前方後円墳2、円墳3基からなる古墳群です。県道273、274号が交わる交差点西側に独立丘稜がありその頂部を目一杯利用して作られたのが小丸山古墳で全長60mの前方後円墳です。墳丘は裸の状態で観察容易ですが元々の形なのか修復したのか、と思うくらいよく残っています。独立丘陵と書きましたが西側が住宅開発されているので結果的に独立丘陵になった可能せいもあるかな。ここに登ると他の古墳もよく見えます。車で廻っていくには近すぎるので歩いていきました。北東にあるのが前方後円墳の長塚古墳、全長30m程ですがくびれ部が切断され2基の円墳のようになっています。東100mの所にあるのが円墳の冑塚古墳、大きな背の高い墳丘が残っていますが頂部が墓地になっています。ここから県道の方に行くと長塚冑塚の案内板がありました。そこを更に降りていくと県道手前に岡田1号がありますがこれは知ってないと古墳とは分かりづらい。県道脇に岡田2号がありいかにも残された古墳といった趣、県道で少し削られています。小丸山古墳が県史跡。
[ 2020年01月16日 18:54 ] カテゴリ:朝来市 | TB(-) | CM(0)

寺谷古墳

兵庫県朝来市(旧和田山町)2018年3月訪問

横穴式石室
位置:35°20′37″N 134°51′06″E
丘陵麓近くの緩斜面に立地、墳丘はかなり荒れている


上側から


石室露出、これは奥壁側


こちらが入口側


羨道はかなり埋まる


天井石が一段下がっていますがここが玄門でしょうか


玄室はそれ程埋まっておらずなんとか入れる


この状態でよく奥壁がずり落ちなかったものです


奥から外、右に多少袖があるかな


奥壁の隙間からでもこの程度撮れる


(見学記)
朝来市和田山町寺谷、寺谷公民館北東、山の中腹にある古い墓地の中にあります。かなり荒れ果てた墳丘で三角形をした奥壁が完全露出しています。反対側に行くと谷に向かう急斜面、羨道入口が開口していますが土砂が流入してかなり狭く無理して入れないこともないですが奥壁も何とか見えているし奥壁隙間から玄門も見えているので外からの撮影だけにすましました。内部の状況はよさそうです。公民館に車を停めさせてもらいました。
[ 2020年01月09日 18:54 ] カテゴリ:朝来市 | TB(-) | CM(0)

春日古墳

兵庫県朝来市(旧和田山町)2018年3月訪問

横穴式石室
位置:35°21′33″N 134°50′29″E
林の中に背の高い墳丘が残る、捜索に手間取ったのでこれを見つけた時はホッ


東向きに石室開口


石室正面、羨道天井石からして巨石、手前の石が羨門辺りでしょうか


羨道もよく残っている


まぐさ石が一段下がった玄門


巨石を使った玄室、持ち送りは殆どない


基本2段積みの奥壁、上下の形のせいで捻れて見える


玄室縦位置


奥から外、左片袖式


〃縦位置、天井石は2枚


羨道奥から


おまけ、捜索中に見つけた古墳
位置:35°21′39″N 134°50′45″E
資料館北側、丘陵裾の斜面を整形して構築、さすがにこれをとは思わなかった


そこそこの規模の横穴石室ですが完全埋没


(見学記)
朝来市和田山町林垣、資料館西方500m辺りに瑞泉寺がありその東側林の中にあります。背の高い墳丘が良好に残っていて東向きに開口、入口には羨道天井石巨石が露出、悠々と入れる規模です。巨石で作られた玄室は完存、側壁は略垂直に立ち上がり新しさを感じさせます。奥壁は巨石2段、その間に薄い平石をサンドイッチ、最上部にも平石があります。玄門は柱状袖石を立てた両袖式。
実はこの古墳、資料館裏山にあるということですぐ見つかるだろうと思って探してみました。資料館から背後の山に入るとすぐ石室墳が見つかったが石室は完全埋没、明らかにこれではない。周辺を探すも見つからず。人には出会わないし月曜日で資料館も休み。その内地区案内板を見てここは寺内、林垣はもっと西方にあることに気がつく(この時点で何故か春日古墳を林垣古墳と勘違いしている(汗))。寺の方に移動して一人二人聞いてみたが誰も知らない、寺北側で墳丘があるがこれも違う、東側林に行ってやっと見つけてホッ。結局2時間かかりましたがそれだけの価値はある古墳でした。道が割と広く車を止める場所があったから何とか探し続けたけど狭かったら諦めていたかもね。
[ 2020年01月09日 18:53 ] カテゴリ:朝来市 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR