宮ヶ迫古墳

広島県東広島市(旧豊栄町)1996年4月訪問、2022年11月再訪

円墳、R14,H5
 横穴式石室、全長9m,玄室幅2.1,高2.1m
 位置:34°33′56″N,132°47′58″E (日本測地系)
    34.5687851,132.79688803(世界測地系)
(2022年)
獣避けフェンスができていた


説明板も立っていた


周りの林が成長してきている


墳丘上の灌木も成長しているが伐採


開口部は見やすくなっていた


石室内部はそれ程変わりなし


ストロボ撮影、手前のがまぐさ石のようだ


玄室後部は割りとスッキリしている


奥壁、ほぼ同大の鏡石を左右に並べる


奥壁、ストロボ無し、右側の石が96年当時より突き出ているか


奥から外、倒木や引っかかった泥がない分見やすくなっている


奥から外、ストロボ無し


奥から右側


奥から左側


奥から左側、ストロボ撮影、ギリギリもっているけどかなりやばい


玄門辺りから外


(1996年)
(プリントをスマホでデジタルスキャン)
灌木が生えていた墳丘、周りの林自体はここでは空いている


開口部


石室内部は側壁が一部崩れ、倒木が入ってくるなどかなり危ない状態


奥壁


奥から外、側壁が崩壊している様子がわかる


奥から右


奥から左、天井石がギリギリもっている


(見学記)
(2022年)
豊栄町乃美、これも26年ぶりの訪問、古墳自体は覚えているが周辺の状況は全く覚えておらず車で行くのはちと怖かった。溜池南側、県道342号沿いにありますがこの県道が古墳辺りでは杉の落ち葉が積もっているような細い林道でした。幸い古墳手前に駐車スペースがありそこから墳丘が見えていました。墳丘前に獣避け柵がありますが入るのに問題なし。尾根先端を整形して造った大きな墳丘、南側に開口していますが天井の一部が崩れ内部に土砂が流入しています、側壁の一部も崩壊してかなり危険な状態です。ただ26年前の写真と比べると石室自体は大きな変化はなく危険な状態のままそれなりに安定しているようです、お勧めしませんが開口部は大きいので入るのは容易です。

(1996年)
県道脇に案内板がありため池の南側に位置しています。墳丘,石室とも比較的良く残っていて石室長9m程あります。石室右側の壁は元々なのかどうかは判りませんが少し傾いていて今にも崩れそうで怖かった。事実一部崩壊している部分もあります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。
メール連絡が必要な方は↑からお願いします

ブログ内検索
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示