黒谷古墳(黒谷暮坪古墳)

広島県三原市(旧大和町)1996年4月訪問、2022年11月再訪

 円墳、R9、7C初
 横穴式石室、全長6.85m,玄室幅1.6,高2.2m
 石槨 幅1.9、奥行き1.0、高さ0.3m
 位置:34°32′11″N,132°53′44″E (日本測地系)
    34.53962244,132.89299066(世界測地系)
(2022年)
県道に案内板、ここにも駐車可


墓地の奥に墳丘


墳丘が草刈りされてよく見えていた


石室正面、以前と比べて最前列の石が異なる、側壁も高くなっているようだ、補修したか


石室内部、多分全国唯一だろう空中石槨


下から見ると2枚の石材からなっている、天井石に穴が開いて石で塞いでいるような


石棚の下、1枚石の奥壁、左も1枚


奥壁上部、こちらは小型石材


石槨内部


石槨🔦


奥壁上部🔦


石槨左側🔦


石槨右側🔦


奥から左方向、ブロック状の石


〃右方向、こちらも同様、奥から外方向を撮るのを忘れた


2号
黒谷古墳西側、緩斜面に低い墳丘


正面から、天井石が並ぶ


最奥の天井に隙間


隙間から覗いた奥壁、左や上にやや大きな石材とちょっと変わっている


右側


左側


(1996年)
(プリントをスマホでデジタルスキャン)
石室正面、当時は墳丘草茫々


石室内部、なぜこのアングル


石室前部左側側壁


左側壁


右側壁


石槨の様子、右側壁が一部突き出ているが現在は直っているような


奥壁上部


奥から外、崩れそうな石があるがこれも直しているような


2号
低い墳丘が残る


露出した天井石


奥壁左側と側壁


奥壁右側と側壁


(見学記)
(2022年)
大和町下草井、ここも26年ぶりの訪問、フィルム時代はあまり撮ってなかったので再訪したかった。全国唯一であろう石棚と石梁を組み合わせた空中石槨とでも言えそうな特異な構造、なんでこんなとこにこんな特異な石室があるんだと思います。石棚の位置も結構高く天井との間はあまりなく遺体を納めるのも大変そうですけどね。保育社「日本の古代遺跡(広島)」だと黒谷暮坪古墳となっていますが側の説明板では黒谷古墳となっています。説明板はかなり古そうで前回来た時もこれだったんだろうか。”黒谷暮坪古墳”で検索するとマイブログ以外2件しか出てこない。広島大学のホームページに出てくるから間違ってはないんだろうけど。西側東西に伸びる尾根上の南側緩斜面に2号があります。低い墳丘が残り石室露出、状態はよくないです。県道に案内板あり、そこから脇道を登っていって上り詰めた辺りに古墳、舗装路が途切れる辺りに駐車スペースがあります。

(1996年)
県道脇に案内板がありそれに従っていくと横穴式石室が見えてきます。石室そのものは長さ6.85mとそれほど大きくありませんが奥壁の中断に石槨状の棚があるのが最大の特徴です。お隣の岡山県矢掛町の橋本荒神塚も同様の棚がありますがあちらが単純な棚なのに比べこちらはまさしく手すりの付いた2段ベッドの上段といった感じです(中で蛇が昼寝をしていた)。道路を隔てた西側の丘に2号墳が有ります。墳丘が良く残っていて小型の石室が開口しています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。
メール連絡が必要な方は↑からお願いします

ブログ内検索
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示