古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  広島県 >  貞丸古墳群

貞丸古墳群

広島県三原市(旧本郷町)1988年4月訪問、2016年3月再訪

横穴石室墳2基

(2016年)
1号
墳形不明
横穴式石室、玄室長4.5,幅2.09,高2.15m
位置:34°23′33″N 132°56′48″E
お寺の前に大きな案内標柱、後方に復元墳丘が見えている


前とはすっかり様変わり、墳丘復元、説明板設置


特徴的な三角形の天井石の印象が薄れている、袖石は半分以上隠れている、これは改悪だな


玄室は変わりなしですが


石棺に水がたまりコケが生えている


奥壁は巨石2段積み、水が滲み出している


左側壁、面が整っている


右側壁、手前の石は奥壁より巨石


奥から外、両袖式


奥から左、天井から水が漏れているようには見えないけど何故水が溜まる


奥から右、逆光で見ると石を割った跡が分かる


2号
墳形不明
横穴式石室、玄室長5.1,幅2.12,高1.97m
1号後方にある、樹木伐採しただけかな


石室正面、こちらは特に変わりないかな


1号よりやや大きな玄室、奥壁は1枚石


奥から外、左のは袖石でしょうか


奥から左、画面右側で切石状石組み


奥から右、どちらも基本的に2段積み


天井石露出


寺境内、石碑土台石に石棺蓋石使用


縄掛突起のないシンプルな造り、1号の石棺身より小さく2号の石棺と推定されている


(1988年)
1号
墳丘、壁の一部となっている


石室開口部、羨道は消滅


玄室、刳抜式家形石棺、龍山石、蓋石は不明


奥から外


2号
墳丘、石室正面、羨道は壊失


玄室、ここにも家形石棺があったらしく近くに蓋石があるそうだ


(見学記)
(2016年)
三原市本郷町南方、国道2号上尾原交差点北北西50m、大きな案内表柱も見えています。1号の墳丘復元&石棺蓋石も未見だったので再訪してみました。2基からなる古墳群で1号はお寺の中、擁壁が取り払われ墳丘が復元され周囲に説明のパネルが設置されていますがもうかなり色褪せています。当然ながら石室内部は変わりないが石室前に石段が作られ左右の壁で玄室袖石が半分以上隠れています。石棺には水が溜まり苔が生えています。墳丘水漏れが無ければ溜まることは無いんでしょうけどね。2号は後方少し上にあり墳丘上の樹木が伐採された以外は特に変わりなし、墳丘ははっきりせず石室一部が露出しています。お寺の石碑の土台に使われているのが家形石棺蓋石、明らかに1号の石棺より小さく2号からの出土と言われています。それにしても前回も当然この側を通っているんだけど全く気がついていないな。お寺の中まで車で入っていけるようです。

(1988年)
御年代古墳から南西300m、山の斜面の大日堂脇に1号墳があります。階段状の斜面がブロックで保護され石室が開口,羨道は壊失していますが両袖式の玄室が残っています。正面に立つと両側の幅の広い袖石(奥から見ると袖はこの半分くらいしか突き出ていない)とその上の三角形をしたまぐさ石が印象的です。玄室は長4.5m、幅2.1m、高2.2mで奥壁,側壁とも割石積み2,3段に積まれています。龍山石製の刳抜式家形石棺が残存,蓋は行方不明。大日堂前の石碑の台石に家形石棺の蓋が利用されていますが,大きさが合いません。この蓋は6個の縄掛け突起が付いていましたが削り取られています。更に上に2号墳の石室が開口,こちらも羨道は壊失していますが1号とほぼ同規模の玄室が残存,こちらは奥壁は1枚,石棺は不明です。
[ 2017年08月31日 07:53 ] カテゴリ:広島県 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋ブログ館
へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です
プルダウンリスト
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります