古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  広島県  >  三次市 >  鏡ヶ宿古墳

鏡ヶ宿古墳

広島県三次市(旧布野村)1998年4月訪問

墳形不明
横穴式石室、全長6.4m,玄室幅1.5,高1.7m
位置:34°52′47″N 132°47′19″E

墳丘流失、露出した石室


石室正面、小石を填めて天井石を水平にしている


玄室


(見学記)

村役場東方300m田圃の中に石室が完全にむき出しになっています。全長6.4m天井石は2枚残存,手前のは自然に近い岩ですが奥のは厚い板状に加工,奥壁左右の壁は板状に加工した岩をたてた1段積み,天井が水平になるように一部に小岩を咬ませています。無袖式ですが床面に仕切石があって玄室羨道を区別しています。この手の露出した石室によくありますが中にゴミが散乱しているのがちょっと残念。村史跡
[ 2013年02月23日 10:40 ] カテゴリ:三次市 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR